VDIを導入すれば“標的型攻撃”も怖くないって本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/08/19
ウソ? ホント? みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #086

「VDIを使えば標的型攻撃に対抗できる」というのは本当?

巷の諸説は

 メールに添付されるなどして、企業にはウイルスだのマルウェアだのが、「それっぽい文面で、いかにもな感じ」で連日送られてくる。
 そんな「標的型攻撃」に対抗するには「VDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化基盤)」が有効だ! 仮想化環境だから攻撃プログラムも怖くないのだ! なんて言う人もいる。
 ……でもそれって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当だと思う!
標的型攻撃には強いと思う。
(50代・男性)

インターネットから分離されて安全性が高まるはずなので、そのためのVDIなんだと思いますが。
(40代・男性)

ウイルスによる動作を、1つの仮想環境内に閉じることができるとか?
(30代・男性)

(自宅で)怪しいサイトを見るときは、仮想マシンのUbuntuです。
(40代・男性)
ウソだと思う!
標的型攻撃は「ソーシャルハッキング」による攻撃だから、技術的な対策だけで防ぐことは難しいのでは?
(40代・男性)

そんなことを言っても(危険な)添付ファイルを開く人はいるし、標的型攻撃も形を変えてくるので、「いたちごっこ」になると思う。
(40代・男性)

仮想化環境下だとしても、絶対に何か莫大な影響が出るような悪さを仕掛けてきますよ。今どきのウイルスは怖い……。
(30代・女性)

VDIの環境が汚染され、乗っ取られて、それが悪さする場合もある。外部から見れば起動している以上、VDIだろうが実機だろうが変わらない。
(50代・男性)

仮想化基盤で業務アプリケーションを動かせる以上、攻撃プログラムだって動く。被害が出る場所が違うだけ。
(50代・男性)
セキュリティ対策は必要でしょ?
「サーバー側の集中管理でウイルス対策ができる」ってだけで「ノーガードで良い」ってわけではないのでは?
(20代・男性)

クラッシュしても、しょせんは「仮想上」。物理サーバのOSで実行しているわけではないから、仮想環境を初期化してしまえばなかったことに……、なんて簡単な話はなくて、ファイルに書き込むのは実体上だから、そこから本体への感染が……。
(50代・男性)

その慢心が被害を拡大します。セキュリティ対策は人間からです。
(40代・男性)

仮想化環境だろうが、ネットワークにつながっている限り、セキュリティ対策は物理環境と同じように必要だよね。
(50代・男性)

VDIを過大評価してはいけないのでは? やはり、使う人がセキュリティ意識を高く持って、常に対策を打ち続けないといけませんね。
(60代・男性)

仮想マシンが被害に遭うんじゃ?
仮想環境だって、つながっているのだから……。
(20代・男性)

どこかに環境はあるわけですから、物理だろうが仮想だろうが被害はありそうなもんです。
(30代・女性)

仮想マシンが乗っ取られてしまいそう!
(30代・男性)

攻撃と防御は、どこまで行っても永遠の「いたちごっこ」ですからねえ。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウドのようにストレージが進化、注目の自己管理型オールフラッシュの実力 【東京エレクトロン デバイス】 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 【東京エレクトロン デバイス】 リテールイノベーションとは何か 小売業界で進むデジタル改革の裏側 【エスキュービズム】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 EC
クラウドのようにストレージが進化、注目の自己管理型オールフラッシュの実力 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 小売業界を取り巻く環境は大きく変化している。「取りあえずデジタル化を」という企業も少なくないが、無計画なデジタル変革はかえって収益を圧迫することになる。

新着特集


標的型攻撃「もしかして受けたのかもしれないけれど、よく分からない」が7割という衝撃の結果。誰も真相を…



サプライチェーンの「発注課題」に着目した、自己競争により学習を行うビジネス向けAI技術「自己競争AI…



 第1回、第2回、第3回までは、システムテストのアウトラインについて解説しましたが、実際の開発プロジ…


新着セミナー

「メモって!ワトソン!!」-通話をAIで書き出し- 【AIT/日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 6月1日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「メモって!ワトソン!!」をテーマに、IBM Watson API(主にSpeech to Text)を体験いただけるハンズオンセミナーを開催いたします。電話で…

IoT × IIJモバイル 最新事例セミナー 【インターネットイニシアティブ】  

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、あらゆるモノをインターネットにつなぐIoTのビジネスへの活用が広がってきています。様々な企業でモノから収集したデータの分析・活用や業務改善への応用、新たな…

アンチパターンに見るID管理システム導入成功への鍵 【アイピーキューブ/協力:マジセミ/オープンソース活用研究所】  

開催日 6月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

★本セミナーは、ユーザー企業限定です★IT企業の方(システムインテグレータや製品ベンダの方)はお申込みできません。【ますます重要になる「ID管理」】Salesf…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ VDIを導入すれば“標的型攻撃”も怖くないって本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ VDIを導入すれば“標的型攻撃”も怖くないって本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009026



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ