必要なのは優秀さよりも相性 中小の人材採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

必要なのは優秀さよりも相性の良さ 中小企業の人材採用

2016/07/28


 中堅・中小企業にとって、人材の採用は重要な問題だ。優秀な従業員を採用できれば、業績アップに直結する。逆に、社風や求める人材像に合わない従業員を採用すると、短期間で退職されてしまう危険性もある。すると、余計な手間や費用がかかってしまうだろう。

 今回ご紹介するのは、Web上で適性テストを受けられる人材適性診断サービス。既に社内で働いている従業員にテストを受けさせることで、「自社で活躍しやすいタイプ」をあらかじめ確認できる。その上で応募者にテストを受験してもらえば、その人が自社に合う人かどうか見分けやすくなるのだ。

※「人事管理システム/必要なのは優秀さよりも相性 中小の人材採用」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人事管理システム/必要なのは優秀さよりも相性 中小の人材採用」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社blue
従業員数/14人(2016年4月現在)
売上高/非公開
事業内容/Webサイト・モバイルサイトの企画・デザイン、記事や広告などの企画・デザインなど
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

Web人材適性診断サービス「mitsucari(ミツカリ)」
株式会社ミライセルフ
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

「能力が高く、社風に合う人材」を採用するため、手間と費用を抑えながら面接の精度を高めたかった。

Web人材診断サービス「mitsucari」(株式会社ミライセルフ)を導入。

応募者の志向性や能力が面接前にある程度確認できるようになり、自社に合った人材を見極めやすくなった。


1

「社風と合わない」を理由に退職してしまう従業員を防ぐには?

■入社後に伸びる人材を見極められるツールを探していた

 株式会社blueは、Webサイトなどのデジタルメディアの企画・デザイン・コーディングや、雑誌・書籍・DMなど紙媒体の企画・デザインを行う企業。テレビアニメや子ども向け通信講座の公式サイトなど、多くの人が利用するコンテンツも手掛けている。  

 blueの創業は1993年。当初は、代表取締役を務める中村治氏がメインデザイナーとして陣頭指揮を執り、数名のアシスタントが支えるという仕組みの企業だった。しかし、2013年前後からWebサイト関連の案件を手掛けるようになり、会社全体の業務量が増加。中村氏以外のメンバーがディレクターを務めるケースが多くなりはじめた。そこで、中村氏は現場から離れて経営に専念するようになり、同時に、従業員の採用数も増やすようになったのだという。  

 最初のうちは、デザインや企画の経験者を中途採用することが多かった。しかし、自社のカルチャーに合わず、入社してしばらくすると退社してしまうケースが珍しくなかったという。そこで近年では、「潜在能力」と「自社の社風に合うか」という点を重視し、新卒採用を増やす方針を立てている。応募者の面接は基本的に、中村氏が一人で担当する。これまで20年以上にわたって採用を行ってきた中で、中村氏の中にはさまざまな経験・ノウハウが蓄積されてきた。しかし、入社後に伸びる人材を見極めるために役立つツールがないか、自分とは別の視点で応募者を分析することができないかと、常に探していたそうだ。

担当者のナマ声:顧客に対し、全社が一丸となって役立とうとする会社

 「デザイン事務所の中には、個人事業主の寄せ集めのようなスタイルのところもあります。しかし当社は、お客さまに対し『チーム』として提案することを大事にしているんです。メンバーがバラバラに働くのではなく、全社が一体になってお客さまのニーズを満たす。それが、会社として仕事をする最大の意義だと思うのです。  

 ですから従業員には、チームワークや、お客さまのために役立とうとする気持ちを求めています。また、小さい企業なので、仕事が与えられるのを受け身で待っている人より、主体的に動ける人の方がいい。そして、デザインの世界では良いものをつくるために議論する必要性もありますから、自分をさらけ出したり意見をはっきり言ったりできる能力も必要です。もちろん、デザインの能力や実務経験もあるに超したことはない。なかなかわがままですよね(笑)。  

 しかし、当社は中小企業です。経験や能力が十分で、かつ、当社の社風にも合うような人は、待遇の良い大手企業にとられてしまいがちです。また、社風には合わないが能力は十分だった人を採用しても、短期間で退職されてしまうケースが目立ちました。そこで最近では、チームや顧客に貢献しようとする気持ちがあり、かつ、将来伸びそうな新卒者を採用することが増えています」(株式会社blue 代表取締役・中村 治氏)

採用に役立つツールを探していた中村氏
採用に役立つツールを探していた中村氏
「デザイン事務所は少人数の職場で、しかも、同じチームで働く人々との距離が近いものです。ですから、会社のカルチャーと合わない人は活躍できるまでかなりの期間がかかってしまいます。ただ、1時間ほどの面接でそれを見抜くのは、なかなか難しいのですよね」(中村氏)

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

人事管理システム/必要なのは優秀さよりも相性 中小の人材採用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

人事管理システム」関連の製品

タレントマネジメントサービス 「CYDAS HR Platform」 【ソフトバンク コマース&サービス】 ITエンジニアスキル可視化システム HackerEarth Recruit 【ウェブスタッフ】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
人材の才能を引き出す、最先端のタレントマネジメント機能を搭載したクラウドベースの人材プラットフォーム。人材や組織のデータを蓄積・分析・予測し、人事戦略へ活かす。 企業のITエンジニア採用を支援するサービス。ITエンジニアのスキルを可視化し、採用担当者の負担軽減、ミスのない採用を支援する。選考にかかるコストの削減にも貢献。 社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。

人事管理システム」関連の特集


制度対応にかかる人的・時間的負荷が重荷に…。そんな時に検討したいのが社外のソリューション利用。今回は…



タレント管理システムの導入拡大に伴う連携ニーズなどで来年度以降拡大が見込まれる同市場。拮抗する上位3…



タレントマネジメントをすでに自社の人材マネジメントの中に採り入れ、個人のタレントを活かそうとしている…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人事管理システム/ 必要なのは優秀さよりも相性 中小の人材採用」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人事管理システム/ 必要なのは優秀さよりも相性 中小の人材採用」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008998


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ