企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編

2016/09/21


 キーマンズネットでは、2016年6月29日〜7月11日にかけて「企業における情報セキュリティ対策状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:321)。

 回答者の顔ぶれは、立場については「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が42.4%、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が57.6%という構成比、企業規模別では、従業員数1001人以上の大企業が36.1%、100〜1001人の中堅企業が39.6%、100人以下の中小企業が24.2%という構成比であった。  

 今回は、「企業における情報セキュリティ対策状況」について聞いた調査結果を前・後編に分けてお届けする。2015年との比較で、この1年間で企業の対策状況や意識にどのような変化が生じたかなどを明らかにしていく。  

 前編では主に「情報セキュリティ対策の運用方法」「発生した情報セキュリティ事件・事故」「実施しているセキュリティ対策」をレポート。自社のセキュリティ対応では、専門部署を設置し自社運用と外部委託を使い分ける傾向が強まっていること、情報セキュリティに関する事件・事故のなかでは、依然“紛失・盗難”が頭痛の種であること、対人対策の実施率上昇していることなどが明らかになった。
 今回の後編では、「IT製品・サービス全般の導入に関する2016年度の年間予算の規模」や「2016年度のIT投資額に占めるセキュリティ投資額の比率」「情報セキュリティのリスクとその対策」などを明らかにしていく。  

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「セキュリティ/企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ/企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IT製品・サービス全般の“導入”に関する2016年度予算は「増加」

 まず、「IT製品・サービス全般の導入に関する2016年度の年間予算の規模」を聞いたところ、全体では、「100万円未満(17.4%)」「100万円以上〜500万円未満(15.4%)」「1000万円以上〜5000万円未満(15.1%)」「500万円以上〜1000万円未満(14.8%)」がわずかな差で並んだ(図1)。なかでも従業員数100人以下の中小企業では「100万円未満」が48.6%と半数近くに上っている。一方、従業員数101〜1000人以下の中堅企業では、「100万円以上〜500万円未満」と「1000万円以上〜5000万円未満」が最も多く、数百万円と数千万円とに二極化する傾向にあり、従業員数1001人以上の大企業では、「1億円〜5億円未満(19.0%)」と「5億円以上(19.0%)」が最多となった。

 これらの結果を2015年の調査と比較すると、全体では、「100万円未満」と「100万円以上〜500万円未満」が減少し、「500万円以上〜1000万円未満」と「1000万円以上〜5000万円未満」が増加している。また、中堅企業では「5000万円未満」が減少し「5000万円以上〜1億万円未満」「1億円〜5億円未満」が増加している。更に大企業では、「500万円以上〜1000万円未満」「1000万円以上〜5000万円未満」「5000万円以上〜1億万円未満」の割合がほとんど変わらないなかで、「1億円〜5億円未満」が大きく伸びている。

 なお、同時に「IT製品・サービス全般の“導入”に関する2016年度予算の増減(2015年度との比較)」も聞いているが、全体では、「2015年度とほぼ同額」が71.4%、「2015年度より増加した」が18.2%、「2015年度より減少した」が10.2%となっており、「増加」が「減少」を8ポイント上回るという結果になっている。

図1 IT製品・サービス全般の導入に関する2016年度の年間予算の規模

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 IT製品・サービス全般の導入に関する2016年度の年間予算の規模

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティ/企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ」関連の製品

PacketiX Desktop VPN オンラインサービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 指ハイブリッド認証 【NEC】
リモートアクセス IT資産管理 認証
RSA 1024bitの暗号化によるSSL-VPNトンネリングを用い、簡単でセキュアなリモートアクセスを実現するオンラインサービス。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。

セキュリティ」関連の特集


企業のインフラを圧迫する“悪の権化”スパムメールを排除できるスパム対策ツール。スパム撲滅に立ち向かう…



 “エンジニア採用”をテーマにして3回くらいのシリーズで記事を書かせていただきます。今回はその第1回…



社会不安を煽るサイバー攻撃。被害が相次ぐ標的型攻撃には従来の入口対策が通用しない?進化する攻撃とその…


セキュリティ」関連のセミナー

【徹底解説】McAfeeの次世代エンドポイントセキュリティの全貌 【テクマトリックス/マカフィー】 注目 

開催日 4月18日(火),5月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー犯罪の市場規模は今や約100兆円とも言われており、世界中で1日に数十万個のマルウェアが新たに出現しているというデータもあります。このような状況の中、被害…

セキュリティのプロ、名和利男氏が語る 日常化するサイバー攻撃 【日立ソリューションズ】 注目 

開催日 5月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「秘文」の最新機能をご紹介する アップデート体験セミナーを開催いたします。企業を狙ったサイバー攻撃は、日本でも多くの被害が報告されるようになり、企業の規模や業種…

情報セキュリティセミナーin福岡 【九州通信ネットワーク】 注目 

開催日 5月19日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

最近では、過去のばらまき型の愉快犯的なものから、標的型攻撃など、特定の企業の個人を狙い、 営利を目的としたサイバー攻撃がみられるようになっています。本セミナーで…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ/ 企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ/ 企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008997


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ