企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編

2016/09/21


 キーマンズネットでは、2016年6月29日〜7月11日にかけて「企業における情報セキュリティ対策状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:321)。

 回答者の顔ぶれは、立場については「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が42.4%、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が57.6%という構成比、企業規模別では、従業員数1001人以上の大企業が36.1%、100〜1001人の中堅企業が39.6%、100人以下の中小企業が24.2%という構成比であった。  

 今回は、「企業における情報セキュリティ対策状況」について聞いた調査結果を前・後編に分けてお届けする。2015年との比較で、この1年間で企業の対策状況や意識にどのような変化が生じたかなどを明らかにしていく。  

 前編では主に「情報セキュリティ対策の運用方法」「発生した情報セキュリティ事件・事故」「実施しているセキュリティ対策」をレポート。自社のセキュリティ対応では、専門部署を設置し自社運用と外部委託を使い分ける傾向が強まっていること、情報セキュリティに関する事件・事故のなかでは、依然“紛失・盗難”が頭痛の種であること、対人対策の実施率上昇していることなどが明らかになった。
 今回の後編では、「IT製品・サービス全般の導入に関する2016年度の年間予算の規模」や「2016年度のIT投資額に占めるセキュリティ投資額の比率」「情報セキュリティのリスクとその対策」などを明らかにしていく。  

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「セキュリティ/企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ/企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IT製品・サービス全般の“導入”に関する2016年度予算は「増加」

 まず、「IT製品・サービス全般の導入に関する2016年度の年間予算の規模」を聞いたところ、全体では、「100万円未満(17.4%)」「100万円以上〜500万円未満(15.4%)」「1000万円以上〜5000万円未満(15.1%)」「500万円以上〜1000万円未満(14.8%)」がわずかな差で並んだ(図1)。なかでも従業員数100人以下の中小企業では「100万円未満」が48.6%と半数近くに上っている。一方、従業員数101〜1000人以下の中堅企業では、「100万円以上〜500万円未満」と「1000万円以上〜5000万円未満」が最も多く、数百万円と数千万円とに二極化する傾向にあり、従業員数1001人以上の大企業では、「1億円〜5億円未満(19.0%)」と「5億円以上(19.0%)」が最多となった。

 これらの結果を2015年の調査と比較すると、全体では、「100万円未満」と「100万円以上〜500万円未満」が減少し、「500万円以上〜1000万円未満」と「1000万円以上〜5000万円未満」が増加している。また、中堅企業では「5000万円未満」が減少し「5000万円以上〜1億万円未満」「1億円〜5億円未満」が増加している。更に大企業では、「500万円以上〜1000万円未満」「1000万円以上〜5000万円未満」「5000万円以上〜1億万円未満」の割合がほとんど変わらないなかで、「1億円〜5億円未満」が大きく伸びている。

 なお、同時に「IT製品・サービス全般の“導入”に関する2016年度予算の増減(2015年度との比較)」も聞いているが、全体では、「2015年度とほぼ同額」が71.4%、「2015年度より増加した」が18.2%、「2015年度より減少した」が10.2%となっており、「増加」が「減少」を8ポイント上回るという結果になっている。

図1 IT製品・サービス全般の導入に関する2016年度の年間予算の規模

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 IT製品・サービス全般の導入に関する2016年度の年間予算の規模

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティ/企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ」関連の製品

サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】
UTM メールセキュリティ 文書管理
サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。

セキュリティ」関連の特集


 多くの企業が年度末の決算を迎えるこの3月、IT管理者の皆様も多忙な毎日を過ごしているのではないだろ…



 前回はIDS/IPSによる検出技術と、その運用上の課題や不正プログラム検出の限界について解説した。…



 過去に発生した情報漏えい事件の要因を探っていくと、大きく分けて2つのグループに分類されます。1つ…


セキュリティ」関連のセミナー

はじめてでも大丈夫!AWSが選ばれてきた理由と導入不安の対処法 【共催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 4月14日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

■本当にコストは安くなる? 可用性は高いの? セキュリティは大丈夫? 数あるクラウドサービスからどういう基準で選べばいい?導入時や移行時の注意点は? 技術力のな…

CASB検証レポート発表会/評価ライセンス発券会 【日商エレクトロニクス/シマンテック】 締切間近 

開催日 3月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

SaaSを使用する企業が急速に増加しています。これに伴い、SaaSをセキュアに利用するための対策としてCASB(Cloud Access Security Br…

はじめてでも大丈夫!AWSが選ばれてきた理由と導入不安の対処法 【共催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

■本当にコストは安くなる? 可用性は高いの? セキュリティは大丈夫? 数あるクラウドサービスからどういう基準で選べばいい?導入時や移行時の注意点は? 技術力のな…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ/ 企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ/ 企業における情報セキュリティ対策状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008997


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ