企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編

2016/09/15


 キーマンズネットでは、2016年6月29日〜7月11日にかけて「企業における情報セキュリティ対策状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:321)。  

 回答者の顔ぶれは、立場については「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が42.4%、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が57.6%という構成比、企業規模別では、従業員数1001人以上の大企業が36.1%、101〜1000人の中堅企業が39.6%、100人以下の中小企業が24.2%という構成比であった。  

 今回は、「企業における情報セキュリティ対策状況」について聞いた調査結果を前・後編に分けてお届けする。2015年の調査との比較で、この1年間で企業の対策状況や意識にどのような変化が生じたかなどを明らかにしていく。  

 前編では主に、「情報セキュリティ対策の運用方法」「発生した情報セキュリティ事件・事故」「実施しているセキュリティ対策」にフォーカスする。  

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

専門部署を設置し自社運用と外部委託を使い分ける傾向が強まっている

 はじめに、「自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか」を聞いたところ、全体では「全て自社運用している」が48.9%、「自社運用するものと外部委託するものを区分し、両者を使い分けている」が31.5%、「全て外部委託している」が5.0%という結果となった(図1-1)。2015年調査との比較では、「自社運用」と「全て外部委託」が微増、「使い分けている」が6.5ポイント増加した。

 また、「自社での情報セキュリティ対策はどのような体制で実施しているか」について聞いたところ、「情報システム担当者が兼任している」が45.3%、「専門部署を設置して対応している」が34.7%、「専門部署は設置していないが、専従の担当者がいる」が13.9%、「特に決めていない」が4.5%、「全て従業員に任せている」が1.6%という結果となった(図1-2)。

 2015年調査との比較では、「専門部署を設置して対応している」が6ポイント以上伸び、「全て従業員に任せている」が3ポイント以上減っていることから、情報セキュリティに対する各社の意識・体制とも向上していることがうかがえる。また、体制の作り方としては、「専従の担当者を置く(専門部署はなし)」よりも「専門部署を設置して対応する」傾向にあることも分かった。

図1 自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか/どのような体制で実施しているか

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか/どのような体制で実施しているか

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ」関連の製品

DVI小型遠隔ユニット FE-3500CX 【富士通コンポーネント】 FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム 【富士通マーケティング】 TiFRONT‐セキュリティスイッチ 【パイオリンク】
KVMスイッチ 人事管理システム ネットワークスイッチ
コンソール(キーボード、マウス、ビデオ)のビデオ信号をそのままLANケーブル(Cat6、Cat5E UTP)で延長するための装置。延長ケーブル感覚で簡単に設置可能。 マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。 脅威や拡散を防止し、社内ネットワークの”見える化”を実現できるセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチやフロアスイッチを置き換えるだけで導入が可能。

セキュリティ」関連の特集


高度化するウイルスや外部からのアタックに対抗するための、統合されたセキュリティ対策「UTMアプライア…



社員のセキュリティ意識とリテラシの不足をどう埋めていけるのか?セキュリティリテラシを向上させる様々な…



目に見えないからこそ慎重に選びたい「無線LAN」。オフィスでは多人数で使用されるためセキュリティやス…


セキュリティ」関連のセミナー

【大阪開催】ほぼ実録!標的型攻撃の実態と対策 【主催:オージス総研/協賛:ソフトバンク/協力:オープンソース活用研究所】 注目 

開催日 6月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【企業や組織として押さえておきたい大事な2つのポイント】昨今、特定の組織や個人を狙って情報窃取等を行う標的型攻撃による被害が増えています。その攻撃手法は巧妙でセ…

リアルに考える、サイバーセキュリティーでいまやるべきこと 【NANAROQ/テクマトリックス/EMCジャパン】 注目 

開催日 6月2日(金),6月7日(水),6月9日(金),6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

最新のテクノロジーを使って攻撃の検知や防御を行うことは重要です。しかし、そのセキュリティをすり抜けて、検知すらできない攻撃は後を絶ちません。1通のメールから重大…

実感、ウェブをとりまくサイバー攻撃とその対策最前線-名古屋 【ラック / アカマイ・テクノロジーズ:共同主催】 締切間近 

開催日 5月30日(火)   開催地 愛知県   参加費 無料

「企業の顔」であるウェブサイトを狙った攻撃は一層深刻さを増しています。WordPressの脆弱性を利用する攻撃が多数報告されたり、IoTを利用した超大規模DDo…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ/ 企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ/ 企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008996


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ