企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編

2016/09/15


 キーマンズネットでは、2016年6月29日〜7月11日にかけて「企業における情報セキュリティ対策状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:321)。  

 回答者の顔ぶれは、立場については「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が42.4%、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が57.6%という構成比、企業規模別では、従業員数1001人以上の大企業が36.1%、101〜1000人の中堅企業が39.6%、100人以下の中小企業が24.2%という構成比であった。  

 今回は、「企業における情報セキュリティ対策状況」について聞いた調査結果を前・後編に分けてお届けする。2015年の調査との比較で、この1年間で企業の対策状況や意識にどのような変化が生じたかなどを明らかにしていく。  

 前編では主に、「情報セキュリティ対策の運用方法」「発生した情報セキュリティ事件・事故」「実施しているセキュリティ対策」にフォーカスする。  

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

専門部署を設置し自社運用と外部委託を使い分ける傾向が強まっている

 はじめに、「自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか」を聞いたところ、全体では「全て自社運用している」が48.9%、「自社運用するものと外部委託するものを区分し、両者を使い分けている」が31.5%、「全て外部委託している」が5.0%という結果となった(図1-1)。2015年調査との比較では、「自社運用」と「全て外部委託」が微増、「使い分けている」が6.5ポイント増加した。

 また、「自社での情報セキュリティ対策はどのような体制で実施しているか」について聞いたところ、「情報システム担当者が兼任している」が45.3%、「専門部署を設置して対応している」が34.7%、「専門部署は設置していないが、専従の担当者がいる」が13.9%、「特に決めていない」が4.5%、「全て従業員に任せている」が1.6%という結果となった(図1-2)。

 2015年調査との比較では、「専門部署を設置して対応している」が6ポイント以上伸び、「全て従業員に任せている」が3ポイント以上減っていることから、情報セキュリティに対する各社の意識・体制とも向上していることがうかがえる。また、体制の作り方としては、「専従の担当者を置く(専門部署はなし)」よりも「専門部署を設置して対応する」傾向にあることも分かった。

図1 自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか/どのような体制で実施しているか

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか/どのような体制で実施しているか

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ」関連の製品

Webメール搭載メールサーバソリューション DEEPMail 【クオリティア】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 プロビジョニング管理システム「D-PLAMS」 【ディライトテクノロジー】
電子メール アンチウイルス ID管理
高速メールエンジンと多彩なWebメール機能を搭載したシンプルメッセージングソリューション。メーリングリスト機能も標準搭載し、柔軟なカスタマイズ要望にも対応。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 アカウント管理のニーズに柔軟に応えるID管理パッケージ。データのコード体系を選ばず、ほぼすべてのシステムと連携できる。オンプレミスまたはクラウドサービスで提供。

セキュリティ」関連の特集


ウイルス・スパム・内部からの情報漏洩・・・。メールにまつわる課題を一気に解決できるメールフィルタリン…



世界中で感染拡大が続く新型インフルエンザ。企業に求められる対策や、ITシステムの運用で検討すべきこと…



コスト削減の視点だけじゃもう選べない!東北関東大震災で浮き彫りになった電源確保の重要性。どこまでデー…


セキュリティ」関連のセミナー

【福岡】デスクネッツ ネオ & チャットラック体験セミナー 【ネオジャパン/九州日立システムズ】 注目 

開催日 2月7日(火),2月7日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、満足度No.1グループウェア(※)「desknet's NEO」とビジネスチャットシステム「Chat…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月3日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ/ 企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ/ 企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008996


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ