企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編

2016/09/15


 キーマンズネットでは、2016年6月29日〜7月11日にかけて「企業における情報セキュリティ対策状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:321)。  

 回答者の顔ぶれは、立場については「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が42.4%、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が57.6%という構成比、企業規模別では、従業員数1001人以上の大企業が36.1%、101〜1000人の中堅企業が39.6%、100人以下の中小企業が24.2%という構成比であった。  

 今回は、「企業における情報セキュリティ対策状況」について聞いた調査結果を前・後編に分けてお届けする。2015年の調査との比較で、この1年間で企業の対策状況や意識にどのような変化が生じたかなどを明らかにしていく。  

 前編では主に、「情報セキュリティ対策の運用方法」「発生した情報セキュリティ事件・事故」「実施しているセキュリティ対策」にフォーカスする。  

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

専門部署を設置し自社運用と外部委託を使い分ける傾向が強まっている

 はじめに、「自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか」を聞いたところ、全体では「全て自社運用している」が48.9%、「自社運用するものと外部委託するものを区分し、両者を使い分けている」が31.5%、「全て外部委託している」が5.0%という結果となった(図1-1)。2015年調査との比較では、「自社運用」と「全て外部委託」が微増、「使い分けている」が6.5ポイント増加した。

 また、「自社での情報セキュリティ対策はどのような体制で実施しているか」について聞いたところ、「情報システム担当者が兼任している」が45.3%、「専門部署を設置して対応している」が34.7%、「専門部署は設置していないが、専従の担当者がいる」が13.9%、「特に決めていない」が4.5%、「全て従業員に任せている」が1.6%という結果となった(図1-2)。

 2015年調査との比較では、「専門部署を設置して対応している」が6ポイント以上伸び、「全て従業員に任せている」が3ポイント以上減っていることから、情報セキュリティに対する各社の意識・体制とも向上していることがうかがえる。また、体制の作り方としては、「専従の担当者を置く(専門部署はなし)」よりも「専門部署を設置して対応する」傾向にあることも分かった。

図1 自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか/どのような体制で実施しているか

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 自社では情報セキュリティ対策をどのように運用しているか/どのような体制で実施しているか

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティ/企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ」関連の製品

ITマネージドサービスで成功するプロバイダー選びの「10の条件」 【日本アイ・ビー・エム】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】
運用系業務アウトソーシング 暗号化 暗号化
IT部門がマネージド・サービスを採用すべき理由と具体的な選び方 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。

セキュリティ」関連の特集


「えっ?コピーしたら真っ黒に」…これは最近のデジタル複合機のセキュリティ機能。情報漏洩を防ぐためデー…



 製品開発にファジングを導入する場合、セキュリティテストが1つ増えるためテスト工数の増加につながる。…



昨今のユーザ企業では「どうしても自社でIT資産を保有しなければならない」という場面が減ってきている。…


セキュリティ」関連のセミナー

FinTech時代に求められるDB開発とセキュリティセミナー 【Delphix Software/インサイトテクノロジー】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

FinTechサービスを展開するためには、高度なセキュリティを保ちながら、開発速度・生産性を高めることが必須になります。また、サービス提供者にとっては、「差別化…

医療ICT カンファレンス 2016 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

より高品質な医療サービス実現のためのシステムとは?クラウド、セキュリティ、AI活用、ID管理などの課題解決方法を最新事例で解説!■キーノート■      ※敬称…

【東京】デスクネッツ ネオ & チャットラック体験セミナー 【ネオジャパン】 締切間近 

開催日 12月19日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、満足度No.1グループウェア(※)「desknet's NEO」とビジネスチャットシステム「Chat…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ/ 企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ/ 企業におけるセキュリティ対策状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008996


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ