この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

Excelの利用状況(2016年)・後編

2016/09/08


 キーマンズネットでは、2016年6月22〜29日にかけて「Excelの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:444)。回答者の顔ぶれは「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が50.9%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が25.5%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場」が11.9%「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が11.7%となっている。企業規模別では、1001人以上の大企業が39.2%、101〜1000人以下の中堅企業が37.4%、100人以下の中小企業が23.4%という構成比であった。

 「Excelの利用状況」について聞いた調査結果の前・後編の2回に分けてお届けする。前編では主に「Excelの導入・活用状況」や、「導入済み及び予定のバージョン」「課題の有無」をレポート。Office 365(Excel Online)は今後導入するExcelのバージョンとして支持を集めきれていないことや、4割の企業がExcelに課題を抱えていること、その課題は「バージョン間の互換性」「大量データの扱い」「共同編集時の不具合」がトップ3であることなどが明らかになった。

 今回の後編では、Excelに課題感を抱えている企業の「Excelから業務を置き換えたツール」や「他のツールに置き換えていない(置き換えない)理由」などを明らかにしていく。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「Excel/Excelの利用状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Excel/Excelの利用状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

Excelには約2割が不満を表明――マクロと印刷機能に関する不満が多い

 前編で98.9%と、ほとんどの企業で導入されていることが明らかとなったExcelだが、満足度はどの程度だろうか? 「導入済みのExcelに満足しているかどうか」を聞いたところ、全体では「とても満足している」と「まあ満足している」を合わせた「満足」が80.2%、「やや不満がある」と「とても不満がある」を合わせた「不満」が19.9%という結果になっている。企業規模別に見ると、中小企業は「不満」が10.6%であるのに対し、中堅企業では23.2%、大企業では22.2%と約10ポイントの差が開く結果となった。

図1 導入済みのExcelの満足度

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入済みのExcelの満足度

 Excelユーザーが具体的にどこに課題・不満を感じているのかについては、前編で紹介した通り「バージョンが異なると同じデータの編集がしづらい(互換モードなど)(44.3%)」「データ量が大きすぎる際、処理速度が遅い(41.6%)」といった回答が上位を占めた。

 アンケートではさらに「Excelに関する課題や悩み、またはツールに対する要望」について自由記述で詳細を聞いた。まず、マクロに関する要望が多かった。例えば「バージョンが変わる度にマクロが影響を受ける」「バージョンアップ時に旧バージョンのマクロの再利用が簡単にできるようにしてほしい」「マクロによるプログラミングがもっと簡単になってほしい」「マクロのデバッグがしにくい」といった声である。
 
 次に目立ったのは「印刷」に関する不満である。例えば「印刷イメージと画面イメージが異なる。印刷プレビューは過去のバージョンのほうが見やすかった」「見た目通りに印刷されない」「印刷時、けい線が出なかったりオブジェクトがずれたりすることがある」「印刷プレビューの画面が拡大できず、ディテールをチェックできない」などである。

 それ以外では、少数ではあるが「セキュリティパッチの適用管理に終わりがない」といった声も挙がっていた。また、「バージョンアップの費用が高い」との声も散見された。古くから利用されているExcelだからこそ、何度もバージョンアップの機会を迎えており、コストに対する不満が絶えないのではないだろうか。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Excel/Excelの利用状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Excel」関連情報をランダムに表示しています。

Excel」関連の製品

人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 低コストで脱Excel化、帳票発行から入出金管理まで対応の業務改善ツールとは? 【スプレッドオフィス】
人事管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム
社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 低コストで脱Excel化、帳票発行から入出金管理まで対応の業務改善ツールとは?

Excel」関連の特集


UML準拠は当たり前、今やBPMNやSysMLなどの周辺規格サポート状況が大きなウエイトを占めるよう…



顧客ごとの商況は、営業担当者だけでなく、部門全体で共有しておきたいもの。担当者が外出中に緊急の問い合…



全国出張が多い中、2kgのPCを持ち歩き、営業資料などの大容量データの通信には時間がかかる…。今回は…


Excel」関連のセミナー

ゼロから100分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 11月8日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

本セミナーでは、SVFをはじめてご覧になられる方や既にSVFをご利用中のお客様へ製品概要をわかりやすくお伝えいたします。ご参加の方へノートPCをお配りし、実機に…

触って体感できる!SuperStream-NX Ver.2.0 ハンズオンセミナー 【スーパーストリーム】  

開催日 10月23日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」の最新バージョンとなる「SuperStream-NX Ver.2.0」では、これまで培われてきた現場の知見…

予算管理ハンズオンセミナー(10月)Excelメタボを解消! 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 10月23日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Excel/ Excelの利用状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Excel/ Excelの利用状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008995


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ