この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

Excelの利用状況(2016年)・前編

2016/09/01


 キーマンズネットでは、2016年6月22日〜29日にかけて「Excelの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:444)。回答者の顔ぶれは、立場として「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が50.9%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が25.5%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場」が11.9%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が11.7%となっている。企業規模別では、1001人以上の大企業が39.2%、101〜1000人以下の中堅企業が37.4%、100人以下の中小企業が23.4%という構成比であった。

 今回は、Excelの利用状況について聞いた調査結果を前・後編の2回にわたってお届けする。前編では主に「Excelの導入・活用状況」「導入済み及び予定のバージョン」「Excelの利用用途」「課題の有無」を取り上げる。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「Excel/Excelの利用状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Excel/Excelの利用状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

今後導入するExcelのバージョンとしては不人気な「Office 365(Excel Online)」

  最初に、「Excelの導入状況」を聞いた。全体では「既に導入済みである(かつ、バージョン更新の予定なし)」が82.7%、「既に導入済みである(かつ、バージョン更新の予定あり)」が16.2%、「新規で導入を検討している」が0.0%、「必要性を感じない」が1.1%であった。まとめると、導入済みは98.9%となり、ほぼ全ての企業でExcelが導入されているようだ。企業規模や業種による差はほとんど見られなかった。

 次に「導入済みのExcelを有効活用できているか」を聞いたところ、「有効活用している」の73.9%に対して「使ってはいるが有効活用できていない」が25.4%に上り、おおよそ4分の1の回答者が「有効活用できていない」と感じていることが分かった。この割合を企業規模別に見てみると、大企業では6分の1未満に収まっているのに対して、中堅企業、中小企業では3分の1近くに上っている。

 さらに、導入済みの方に「導入済みのバージョン」を、バージョン更新の予定ありとした回答者に「導入予定のバージョン」を聞いてみたところ、前者は「Excel 2010(47.4%)」「Excel 2013(37.1%)」「Excel 2007(8.0%)」「Office 365(Excel Online)(4.3%)」の順となり、後者は「Excel 2016(53.1%)」「Office 365(Excel Online)(21.9%)」「Excel 2013(15.6%)」の順となった。導入予定のバージョンでは、マイクロソフトがクラウドファーストを掲げ市場への浸透を進める「Office 365(Excel Online)」が「Excel 2016」に31.2ポイントも差をつけられる結果となった。後にフリーコメントで紹介するが、ファイル共有/共同作業時の動作の不安定さなどが背景にありそうだ。

図1 Microsoft Excelのバージョン(導入済み・導入予定)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 Microsoft Excelのバージョン(導入済み・導入予定)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Excel/Excelの利用状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Excel」関連情報をランダムに表示しています。

Excel」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】
BI プロジェクト管理 BI
集計作業が2週間→2日に短縮 話題の"超エクセル"、その活用事例 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、要員、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●8年で140社以上の導入実績。
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。

Excel」関連の特集


“次世代BI”とも言われるデータディスカバリツール。しかし、正直なところ「BIとの違いって何?」とい…



顔認証、人体検知、紙文書の電子化…次々と進化する複合機の最新事情を特集しました!実際に編集部でも実験…



業務と業務の間をスムーズにつなぐ「ワークフローツール」。基本機能からメリット、最新動向まで、まとめて…


Excel」関連のセミナー

Webアプリを簡単作成【X・Cute】紹介セミナー 【メディアウェア】  

開催日 5月18日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

X・Cuteはデータベース連動型のWebアプリケーション開発・実行システムです。ブラウザの画面作成にExcelを使うことで、プログラミングの知識がなくてもOra…

ビッグデータソリューションセミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 5月30日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

このようなお悩みを抱えている方、是非ともご参加下さい!・自社のデータでビッグデータ分析ができるのか?とお悩みの方・既にExcelやデータベースでは、集計や簡単な…

統計解析ツール体験セミナー in 大阪 【NTTデータ数理システム】  

開催日 6月21日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

Visual R Platform(略称 VRP) は、世界中で利用されている R 言語が持つ多くの統計手法を、簡単なマウス操作で実行できる汎用の統計解析ツール…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Excel/ Excelの利用状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Excel/ Excelの利用状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008994


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ