この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

Excelの利用状況(2016年)・前編

2016/09/01


 キーマンズネットでは、2016年6月22日〜29日にかけて「Excelの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:444)。回答者の顔ぶれは、立場として「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が50.9%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が25.5%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場」が11.9%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が11.7%となっている。企業規模別では、1001人以上の大企業が39.2%、101〜1000人以下の中堅企業が37.4%、100人以下の中小企業が23.4%という構成比であった。

 今回は、Excelの利用状況について聞いた調査結果を前・後編の2回にわたってお届けする。前編では主に「Excelの導入・活用状況」「導入済み及び予定のバージョン」「Excelの利用用途」「課題の有無」を取り上げる。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「Excel/Excelの利用状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Excel/Excelの利用状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

今後導入するExcelのバージョンとしては不人気な「Office 365(Excel Online)」

  最初に、「Excelの導入状況」を聞いた。全体では「既に導入済みである(かつ、バージョン更新の予定なし)」が82.7%、「既に導入済みである(かつ、バージョン更新の予定あり)」が16.2%、「新規で導入を検討している」が0.0%、「必要性を感じない」が1.1%であった。まとめると、導入済みは98.9%となり、ほぼ全ての企業でExcelが導入されているようだ。企業規模や業種による差はほとんど見られなかった。

 次に「導入済みのExcelを有効活用できているか」を聞いたところ、「有効活用している」の73.9%に対して「使ってはいるが有効活用できていない」が25.4%に上り、おおよそ4分の1の回答者が「有効活用できていない」と感じていることが分かった。この割合を企業規模別に見てみると、大企業では6分の1未満に収まっているのに対して、中堅企業、中小企業では3分の1近くに上っている。

 さらに、導入済みの方に「導入済みのバージョン」を、バージョン更新の予定ありとした回答者に「導入予定のバージョン」を聞いてみたところ、前者は「Excel 2010(47.4%)」「Excel 2013(37.1%)」「Excel 2007(8.0%)」「Office 365(Excel Online)(4.3%)」の順となり、後者は「Excel 2016(53.1%)」「Office 365(Excel Online)(21.9%)」「Excel 2013(15.6%)」の順となった。導入予定のバージョンでは、マイクロソフトがクラウドファーストを掲げ市場への浸透を進める「Office 365(Excel Online)」が「Excel 2016」に31.2ポイントも差をつけられる結果となった。後にフリーコメントで紹介するが、ファイル共有/共同作業時の動作の不安定さなどが背景にありそうだ。

図1 Microsoft Excelのバージョン(導入済み・導入予定)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 Microsoft Excelのバージョン(導入済み・導入予定)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Excel/Excelの利用状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Excel」関連情報をランダムに表示しています。

Excel」関連の製品

人事給与トータルアウトソーシングサービス 「Bulas」 【BBSアウトソーシングサービス】 受注額と完成工事高など建築業界特有の数字を見える化した、柔軟なSFAとは? 【ジャストシステム】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】
人事管理システム SFA 文書管理
毎月の給与計算から年末調整業務まで、人事給与に関するあらゆる業務を総合的にサポートするペイロールサービス。ニーズに適した範囲からスタートアップできる。 受注額と完成工事高など建築業界特有の数字を見える化した、柔軟なSFAとは? ペーパーレス化を促進し、働き方改革を強力サポート。
スピーディな全文検索&ワークフロー機能も搭載。
契約書・ISO文書管理の支援機能も豊富。
導入実績450社超え。

Excel」関連の特集


紙に手書きで記入、休暇申請時は申請書を郵送するなど、現場・管理側共に大きな負担になっていた勤怠管理業…



 勤怠管理はすでにクラウドシステム利用の会社も多くなり、大手企業ではビルへの入館許可もかねて利用のと…



既に半数以上の企業が導入している「eラーニング」。古くなったシステムは使いにくい…もっと費用を抑えた…


Excel」関連のセミナー

dbSheetClient プレゼンセミナー 大阪 Excel/Access+DBのWeb化 【ニューコム】  

開催日 6月13日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

 多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求に対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

【福岡】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:九州日立システムズ/共催:ネオジャパン】  

開催日 6月22日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

Webセミナー『使い慣れたExcelでSAPへ簡単データ入力』 【クライム】 締切間近 

開催日 5月24日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

SAPにアップロードしたいデータの大半は、Microsoft ExcelスプレッドシートやMicrosoft Accessデータベースにすでに存在することが多い…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Excel/ Excelの利用状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Excel/ Excelの利用状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008994


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ