ビジネスでのモバイル活用と管理状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ビジネスでのモバイル活用と管理状況(2016年)・後編

2016/08/10


 キーマンズネットでは、2016年6月3日〜17日にかけて「ビジネスでのモバイル活用と管理状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:568)。回答者の顔ぶれは、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が36.5%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場」が11.1%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が19.9%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が32.4%という構成比であった。

 前編では、「モバイル活用と管理状況」について「スマートデバイスの導入状況」「スマホ/タブレットの導入理由、導入規模」「トラブルの有無、内容」「セキュリティ対策」などをレポート。スマートフォンの導入率が2年前に比べて10ポイント以上伸びていることや、スマートフォンの導入率が大幅に伸びた背景には、中小企業を中心に、あるいは全社規模で、携帯電話(ガラケー)からのリプレースが進んだことが起因していることなどが明らかになった。  

 今回の後編では、より具体的な「MDM(モバイルデバイス管理)、MAM(モバイルアプリケーション管理)、MCM(モバイルコンテンツ管理)」や「EMM(エンタープライズモバイル管理)」の認知度及び導入状況などを明らかにしていく。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることを事前にご了承いただきたい。

※「モバイル/ビジネスでのモバイル活用と管理状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「モバイル/ビジネスでのモバイル活用と管理状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

情報漏えい・盗難を防ぐための機能の必要性が年々高まっている

 まず、「MDM(モバイルデバイス管理)、MAM(モバイルアプリケーション管理)、MCM(モバイルコンテンツ管理)のそれぞれについてどの程度知っているか」を聞いた(図1)。MDMについては、全体では「詳しく知っている」が11.6%、「大体知っている」が48.9%、「知らない」が39.4%であった。業種別で見ると、IT関連外の製造業で半数以上(53.6%)が「知らない」と回答し、他の業種と比べ15ポイントほど多かった。  

 MAMは、全体では「詳しく知っている」が4.6%、「大体知っている」が41.9%、「知らない」が53.5%となっており、MDMと同様にIT関連外の製造業で69.6%は知らないと回答した。  

 MCMは、全体では「詳しく知っている」が3.5%、「大体知っている」が36.6%、「知らない」が59.9%となっており、IT関連外の製造業では80.4%が知らないと回答した。MDM、MAM、MCMのいずれも、全体の約4割から6割が「知らない」状況であり、認知度はまだまだのようだ。

図1 MDM・MAM・MCMの認知率/導入率

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 MDM・MAM・MCMの認知率/導入率

 さらに、「MDM、MAM、MCMそれぞれの導入状況」を聞いてみた。MDMは「導入済み」が31.3%、「導入を検討している」が19.4%、「必要性を感じない」が49.3%、MAMは「導入済み」が12.3%、「導入を検討している」が21.1%、「必要性を感じない」が66.5%、MCMは「導入済み」が8.5%、「導入を検討している」が20.8%、「必要性を感じない」が70.8%であった。  

 先ほどの認知状況にも関わらず、「必要性を感じない」が全体の約5〜7割となり、いずれも「知らない」を10ポイント程度上回っている。検討はされているが(自分は)必要性を感じていない、知らないので必要性を感じられない(必要性があれば知っているはず)といった層が一定割合存在しているようだ。  

 次に、「MDMを導入済み」に対して「MDMの利用において必要な機能(複数回答)」を選んでもらったところ、「リモートロック(87.2%)」「リモートワイプ(データ消去)(84.9%)」「アクセス制御(40.7%)」「GPS位置情報の取得(38.4%)」「アプリケーションのリモート配布(34.9%)」「アプリケーションのリモート制限(32.6%)」「禁止アプリケーションの強制削除(32.6%)」という順になった(図2)。  

 2013年8月の調査と比較すると、「リモートロック」が14.1ポイント増、「リモートワイプ」が9.9ポイント増、「アクセス制御」が3.5ポイント減、「GPS位置情報の取得」が13.4ポイント増、「アプリケーションのリモート配布」が6.1ポイント増、「アプリケーションのリモート制限」が11.6ポイント増、「禁止アプリケーションの強制削除」が9.5ポイント増となっている。必要性が大きく伸びている機能は情報漏えい・盗難を防ぐものや、紛失や不正なアプリケーションに対処するためのものであることから、情報漏えいに対する意識が年々高まっているといえそうだ。

図2 MDMの利用において必要な機能(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 MDMの利用において必要な機能(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

モバイル/ビジネスでのモバイル活用と管理状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル」関連情報をランダムに表示しています。

モバイル」関連の製品

ネット・電話・Wi-Fi「オフィス三種の神器」調達の秘技 【シスコシステムズ】 オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】
無線LAN EIP グループウェア
「ネット回線、電話、Wi-Fi」はあって当たり前なのに、契約や設置工事、メンテナンスには一定の人員と工数が必要。どうすれば楽に安定した環境を手に入れられるのか。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。

モバイル」関連の特集


 自動車セキュリティ技術の研究開発中にあったことである。「この技術を何と定義したら良いか」 論争にな…



タイムカードはあるけど、毎月の集計作業に数日かかる。従業員を増やしたいけど管理負荷が重くなりそう。店…



IP-PBX導入の最大ネック「コスト」ハードルが下がった今、機動力を生かして音声/データ統合による業…


モバイル」関連のセミナー

リモートワークでのセキュリティ対策の実態と、ガイドライン解説 【オープンソース活用研究所】  

開催日 11月6日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

※本セミナーは、お客様のお申し込み後、Doorkeeperからの「お申し込み完了」メール、及びセミナー事務局(株式会社オープンソース活用研究所)からの「事前アン…

ゼロからはじめるプライベートクラウド 【主催:KCCSモバイルエンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 10月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

※当セミナーは、定員に達した場合、増席の予定です。まずは、お申込をお願いします。【三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)もAWSを利用、勘定系も】企業に…

ITで実現する働き方改革&セキュリティ対策セミナー 【主催:日本電通/シネックスインフォテック/共催:NDIソリューションズ】  

開催日 11月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

働き方改革に興味・関心をお持ちの企業様/テレワーク(在宅勤務、モバイルワーク)導入ご検討の企業様/テレワーク導入に際しセキュリティ対策に不安がある企業様、向けに…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイル/ ビジネスでのモバイル活用と管理状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイル/ ビジネスでのモバイル活用と管理状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008991


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ