SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・後編

2016/07/14


キーマンズネットでは、2016年5月12日〜同年5月30日にかけて「SCMの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:368)。回答者の顔ぶれは、業種別では「IT製品関連・ITサービス業」が38.9%、「電気・電子・OA」が10.3%、それら以外の業種が50.8%を占め、企業規模別では大企業が39.9%、中堅企業が38.3%、中・小企業が21.7%という構成比であった。SCMの導入状況について聞いた調査結果を前編・後編(本稿)の2回にわたってお届けする。

※「SCM/SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SCM/SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


 前編では、SCMの導入状況について、「所属する組織はサプライチェーンの中でどの位置にあるか」「サプライチェーン情報と財務情報はどの程度連携しているか」「サプライチェーン管理部門とほかの部門とはどのくらいの頻度で数量や財務情報を報告・共有しているか」などをレポート。SCMの基盤を有している企業は少数派だったが、SCMを持つ回答者では、財務情報とサプライチェーン情報をつなぎ合わせるための「基盤を有している」「一定の整合性がある」が3分の2近くを占めていることが分かった。にもかかわらず、「数量や財務情報を見直す頻度」については、「見直していない」が27.4%に上り、「月に一度」以上の頻度で見直しを行っているのは24.0%に留まっていることも明らかになった。

 今回の後編では、より具体的に「サプライチェーン管理における問題点」「導入済みのSCMの満足度」「SCMで採用したい機能」などを明らかにしていく。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることを事前にご了承いただきたい。


1

SCMの導入に当たっては在庫・仕入れのコントロールが第一義

 まず、「SCMを導入する際に重視したポイント」について、1位から3位までを選んでもらったところ、全体(1位から3位までの合計)では「生産計画の精度が向上(56.9%)」「製造・販売・在庫情報の連携(56.9%)」「在庫管理の品質向上(50.8%)」の3項目が5割を超え、以下「予算と実績のギャップ把握(36.9%)」「経営に影響する情報把握の効率化(32.3%)」「納期回答の精度が向上(27.7%)」の順となった。一方で、1位のみに着目すると、全体では1番が「在庫管理の品質向上」(29.2%)、2番が「製造・販売・在庫情報の連携」(26.2%)となっており、SCMの導入に当たっては在庫・仕入れのコントロールが第一義的な目的となっていることが分かる(図1)。

図1 「SCM」を導入する際に重視したポイント(1位から3位までを選択)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 「SCM」を導入する際に重視したポイント(1位から3位までを選択)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SCM/SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

SCM」関連の製品

在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】 日配食品業向け販売管理システム SkynetDish 【東計電算】
SCM ワークフロー 販売管理システム
多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。 日配食品業の業務や商慣習に対応した「販売管理」「購買管理」「製造管理」「在庫管理」を1システムで提供。情報の見える化、合理的かつ効率的な情報管理を実現する。

SCM」関連の特集


標準化の進展、ミドルウェアの充実などで一部領域では身近になりつつあるRFID。今後の導入検討に役立つ…



すべての業種が注目している、非接触型「ICタグ」。実用化に向けてあらゆる業界で実証実験が行われていま…



統合的なCRMソリューションを提供しているtopベンダ3社に、現在のCRMトレンドや自社の強み、これ…


SCM」関連のセミナー

生産管理・原価管理事例セミナー 【電通国際情報サービス】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

■タイトル『エスビー食品様の事例に学ぶ!  〜変化する市場の動きに素早く対応する生産管理システムとは?〜』■日程、会場2016年 12月 13日(火)15:00…

AsprovaSCM無料紹介セミナー 【アスプローバ】  

開催日 12月20日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

・利益増大するためのサプライチェーンの課題と解決策・SCP(Supply Chain Planning)・Asrpova SCM とは

第26回 製造業様向けグローバル競争力強化セミナー 【主催:キヤノンITソリューションズ/共済:東洋ビジネスエンジニアリング】 締切間近 

開催日 12月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

変動する市場動向を素早くとらえ、需給計画を適正化するとともに、ムダな生産・在庫をなくし、コスト削減、キャッシュフロー改善による競争力強化、強い収益体質の確立が求…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SCM/ SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SCM/ SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008987


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ