過剰な期待は禁物。来るべきAI戦争に向けて知力を備えよ!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

過剰な期待は禁物。来るべきAI戦争に向けて知力を備えよ!

2016/09/14


 人工知能、機械学習、ディープラーニングという言葉を耳目にしない日はないほど、メディアも世間も人工知能の話題を賑わせており、「AI搭載/利用」をうたう製品やオンラインサービスも次々に登場するようになった。確かにコンピュータは囲碁や将棋のプロに勝ち、普通の言葉で会話らしきものが成り立つようにはなっているが、新しいビジネス価値を生み出すには至っていない。果たして現在の人工知能にはSF的な夢を育む以上の利用価値があるのだろうか? 今回は喧伝されるAIの虚像をアナリストが斬る。

AI

※「AI/過剰な期待は禁物。来るべきAI戦争に向けて知力を備えよ!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「AI/過剰な期待は禁物。来るべきAI戦争に向けて知力を備えよ!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

亦賀 忠明

ガートナー リサーチ部門 バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト 亦賀 忠明(Tadaaki Mataga)

ガートナー ジャパン株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #087

 1985年、大手ベンダー入社。メインフレーム、ネットワーク、オープン・システムに至る各種システム開発業務に従事。米国製品の受け入れと導入、顧客へのシステム提案、設計、開発、運用といった開発工程全般を手掛ける。1997年にガートナー ジャパン入社。ITインフラストラクチャ全般を中心とする調査分析を担当。国内外の主要なベンダー、インテグレーターや一般企業ユーザーに対して、さまざまな戦略的アドバイスを行っている。



1

振りまかれるAIの虚像

 「人工知能」「AI」を冠した製品やサービスが身の回りに次々に登場している。「AI搭載ロボット」「AI搭載情報共有システム」「人工知能による広告配信サービス」「人工知能利用のコールセンター自動化」などなど、枚挙にいとまがないが、これらの全ては「言い過ぎ」だ。なぜなら現時点で本物の人工知能と呼べる技術はまだ存在していないからである。

 人工知能やAIという言葉は1956年に計算機科学者のJohn McCarthy氏が初めて使ったとされている。それが意味するところは「テクノロジーが人間の知能を超える」ことと解釈できよう。人間にはできないことを技術の力で実現している例は至るところに見られるが、「知能」の面で人間を超えるような技術はまだない。例えばGoogleの技術は確かに人間の能力をはるかに超えているとはいえる。しかしそれは検索などの特定の目的に絞った場合のことで、人間のようにさまざまな問題を自分で解決していく能力は備えていない。

 人工知能技術の代表例としてメディアに採り上げられる筆頭はIBMのWatsonだが、IBM自身はこれを人工知能だとは言っていない。「コグニティブコンピューティング」というのが彼らの呼び方だ。

 人工知能に関する書籍も豊富に出版されていて、すでに一般的な用語になっているようだが、言葉の使い方は曖昧で、未来のSF的な話と、現在のコンピュータサイエンスの話や機械学習技術を取り入れた製品/サービスの話がないまぜになり、非常に混乱した状況にある。

■「AI的なもの」に惑わされるな

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

AI/過剰な期待は禁物。来るべきAI戦争に向けて知力を備えよ!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「AI」関連情報をランダムに表示しています。

AI」関連の製品

「探偵さんってどんなアプリを使ってるの?」――“絶対失敗できない”尾行に必須のアプリを聞いてみた 【KDDI株式会社】 販売管理システム EXPLANNER/Ai 【NEC】 数理計画モデリングツール 「Xpress」 【MSI】
タブレット 販売管理システム BPM
「探偵さんってどんなアプリを使ってるの?」――“絶対失敗できない”尾行に必須のアプリを聞いてみた 40年の経験を持つNECが開発した、日本の商習慣・法制度にマッチした販売管理システム。企業・業種固有の機能の追加も専用ツールで簡単に行える。 数理計画・最適化ソフトウェアの分野に強みを持つモデリングソルバー。強力なソルバーとその実行環境を提供、最適化アプリケーションモデリングと意思決定の迅速化を支援。

AI」関連の特集


  2016年12月1日、製造業においてCAD(コンピュータ支援設計)、製品ライフサイクル管理 (P…



NTTソフトウェア、NTTアイティが合併し、NTTアドバンステクノロジーの音響・映像事業を統合した新…



受付にある海や公園でキャッキャッできちゃう会社で内山信二が一目ぼれ?2トンのサンゴ砂を運んで作った海…


AI」関連のセミナー

データの価値を引き出すヒントがここに、Pure Live 2017 東京 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 注目 

開催日 7月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ピュア・ストレージはオールフラッシュベースのテクノロジーと、顧客中心のビジネスモデルの組み合わせによって、使いやすく、効率的で、いつまでも新しさを失わないスマー…

第4回 営業支援EXPO 特別講演 【リード エグジビション ジャパン】 注目 

開催日 7月6日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

<日本マイクロソフト株式会社/執行役員 専務 エンタープライズビジネス担当 福島 徹 氏> 顧客とベンダーとの会話が始まるタイミングは、購買活動全体の中で既に5…

オープンソースデータ分析ソフト無料紹介セミナー 【KSKアナリティクス】  

開催日 7月11日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

 IoTの普及により、収集・蓄積したデータを人工知能(AI)・機械学習の手法やソフトウェアを使って分析・活用し、ビジネス価値を創出したいとお考えの企業さまが増え…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

AI/ 過剰な期待は禁物。来るべきAI戦争に向けて知力を備えよ!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「AI/ 過剰な期待は禁物。来るべきAI戦争に向けて知力を備えよ!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30008984


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ