天気予報革命「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

天気予報革命「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」

2016/08/24


 最新技術を5分で理解するこのコーナー、今回のテーマは「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」です。1時間に100ミリ以上といった量の局地的大雨や集中豪雨のことを俗に「ゲリラ豪雨」と言います。このほど、雨雲の情報を100メートルごとに30秒という早さでレーダ監視し、スーパーコンピュータ「京」のシミュレーションに直ちに組み込むことで、従来よりも早く、正確な降雨予測が可能になりました。「ゲリラ」とは予測がつかないところから名付けられた形容ですが、局地的大雨はもう「ゲリラ」ではありえないものになりそうです。

超高解像度ゲリラ豪雨予測システム

※「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム/天気予報革命「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム/天気予報革命「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」とは?

 半径60キロ以内の地域の雨雲の状態を解像度100メートルで30秒ごとに観測し、そのデータをスーパーコンピュータ「京」による世界最高レベルのシミュレーションに取り込むことで、ごく限られた地域の降雨であっても事前(30分前)に正確に予測できるシステム。気象データの観測には情報通信研究機構(NICT)、大阪大学、東芝が共同開発した「フェーズドアレイ気象レーダ」(大阪大学・吹田キャンパス、NICT・未来ICT研究所(神戸)などに設置)が利用される。「京」のシミュレーションには観測データを組み込む部分は理化学研究所計算科学研究機構データ同化研究チームの三好建正氏らのチームが取り組んでいる。

1-1

「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」の仕組みとは?

 現在、気象庁の気象予報に使われているのは、パラボラアンテナを使った従来型のレーダなどの観測結果を基にスーパーコンピュータでシミュレーションした結果である。その観測結果は通常2キロより粗い解像度で、1時間ごとに新しい観測データが更新される。ところが、ゲリラ豪雨では数分のうちに積乱雲が発生・発達するため、予測することができなかった。そこで気象庁では「高解像度降水ナウキャスト」という仕組みを作り、従来型レーダのほかXRAINと呼ばれる国土交通省が設置したXバンドMPレーダネットワーク(「関連するキーワード」の項参照)で250メートル四方の雨の分布を観測、それに雨量計や地上高層観測の結果などを加えて予測の初期値として、予測を行っている。しかしそれでも予測結果の精度はまだまだだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で2名様
 ASUS タブレット「ZenPad 10 Z301M-WH16」  
●A賞:抽選で1名様
 ダイソン 空気清浄機能付ヒーター 「HP 00 WS」 
●C賞:抽選で1名様
 Google Home 
●D賞:抽選で1名様
 酒グラスコレクション 冷酒セット(金箔)  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

超高解像度ゲリラ豪雨予測システム/天気予報革命「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」関連情報をランダムに表示しています。

「その他データ分析関連」関連の製品

ハイブリッド環境の複雑性を制御、生産性を向上させるデータ管理方法とは? 【インフォマティカ・ジャパン】 大規模組合せ最適化ソルバー LocalSolver 【MSI】
その他データ分析関連 その他データ分析関連
ハイブリッド環境の複雑性を制御、生産性を向上させるデータ管理方法とは? メタヒューリステイック・アプローチによって、大規模組み合わせ最適化問題に対して高品質な解を短時間で導き出す、本格的オールインワン数理計画汎用ソルバー。

「その他データ分析関連」関連の特集


移動体の状況が把握できるオープンな地理空間情報記述とアクセス方法を定めた国際標準仕様「OGC Mov…



2018年、注目のキーワードの1つとされている「デジタルツイン」。製造業に関連するキーワードと思いき…



新たなユーザーインタフェースとしてクローズアップされているAI技術。音声アシスタントやチャットボット…


「その他データ分析関連」関連のセミナー

Watsonって、何ができて、どうやって使うの? 【トレノケート】 締切間近 

開催日 5月28日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

AI技術の活用はすでに実用フェーズに入っています。ウェブやテレビ・新聞などのニュースでも、毎日のようにAIや人工知能の話題が頻繁に取り上げられ、現在は第三次AI…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

超高解像度ゲリラ豪雨予測システム/ 天気予報革命「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム/ 天気予報革命「超高解像度ゲリラ豪雨予測システム」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008965


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ