あきみちが聞く!ヤマハのスイッチの見所

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/05/24

最新ルーター/スイッチ事情〜高機能・低価格〜

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

あきみちが聞く!ヤマハのスイッチの見所

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今回は番外編ということで、私が取材した対談コラムを紹介します。

インタビューワーはご存知の方も多いと思いますが、「Geekなぺーじ」を運営する「あきみち」さん(以下、あきみち氏)です。インタビューを受けるのは、ヤマハ株式会社 音響開発統括部 SN開発部 ネットワーク機器グループ 主任 新井田博之氏(以下、新井田氏)です。今回はヤマハスイッチ製品の見どころとそれを支える技術についてインタビューしていただきました。

あきみち氏プロフィール:インターネットインフラ系の話題を追うライター。サイト「Geekなぺーじ」を運営。著書「インターネットのカタチもろさが織り成す粘り強い世界」「マスタリングTCP/IP OpenFlow編」「アカマイ知られざるインターネットの巨人」など。アルファブロガーアワード2011受賞。


あきみち氏:
ヤマハさんといえばルータのイメージがありましたが、スイッチベンダのイメージはあまりありませんでした。  

新井田氏:
はい。弊社のルータはご好評いただいております。おかげさまで、日経BP社による「ネットワークの実態調査 2015」では、弊社ルータが1位になりました。


弊社ルータをご利用いただいている主なお客様は、SMB(Small and Medium Business)の方々です。専門のシステム管理者がいない、もしくは、そういった情報システム部門が存在しない100人以下の企業が多いです。ひとり情シスの場合もあります。また、1つの拠点は小さいものの、全国に拠点が多い、小規模多拠点で弊社ルータが導入されているケースも多いです。そういったお客様に対して、簡単にインターネットに接続したい、IPsecを使ってVPNを構築したい、といったWAN側の問題に関して、ヤマハルータは応え続けることができているという感触を持っています。

弊社ルータをご利用いただいているお客様への訪問や、展示会で開発者が直接ユーザ様の声を聞くことがあります。そういったユーザ様の声を聞いていると、WANの問題は解決したが、LAN側の問題が残っている方がとても多くいらっしゃいました。LANケーブルがごちゃごちゃになっていてどこに何がつながっているのか分からない、スイッチングハブの電源が抜けてしまった、間違ったケーブルを挿してしまったけどどのケーブルであったのか分からなくなってしまったので次から次へと抜いたり挿したりで半日以上を費やしてしまった……など、LAN側の問題が残っていることが分かりました。  

ただ、スイッチ市場には既に多くのプレイヤーがいるレッドオーシャンです。そういった中で、後発ベンダとなるヤマハがスイッチを出す時に、お客様が現在抱えている問題を解決できるようなスイッチにすることでアピールをしたいと考えました。

そこで開発したのが、2011年に発売開始されたSWX2200シリーズです。 SWX2200シリーズで実現したのが、SWX2200シリーズのスイッチがスレーブになり、ルータがネットワークトポロジーを自動的に把握して見える化する「スイッチ制御GUI」です。当時、この機能に対して、多くのお客様から好意的な評価をいただきました。そこで見える化を更に強化し、「LANマップ」と「LANマップLight」へと発展させました。また、2015年6月にSWX2100シリーズ、同9月にSWX2300シリーズをそれぞれ発売し、ラインナップを拡充しました。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ルーター/あきみちが聞く!ヤマハのスイッチの見所」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ルーター」関連情報をランダムに表示しています。

ルーター」関連の製品

検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 インターネットVPNルーター 「FutureNet NXR-G200シリーズ」 【センチュリー・システムズ】 NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】
ネットワーク管理 ルーター 検疫
iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 無線(LTE)回線やWiFii対応で通信を二重化。通信にかかる負荷とコストを低減できる高性能VPNルーター。独自のFQDNルーティング機能を搭載し、ゼロコンフィグも実現可能。 不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)

ルーター」関連の特集


中学校・高校などでパソコンを利用できる環境作りが進む一方、掲示板やブログへの書き込みによるトラブルも…



通信元と通信先の間に割って入り、どちらにも悟られないように悪事をはたらく中間者攻撃。具体的な手口と対…



堅牢性や耐震性への要求が増しているサーバラック。搭載するサーバの性能向上によって熱問題に悩まされてい…


ルーター」関連のセミナー

BGPインターネットルーティング 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●概要BGPルーティングに関する研修カリキュラムを提供します。 具体的には、ルーティングとは、インターネットへ参加するということ、 パケットが往復する仕組みを解…

エンジニア向けIPv6基礎技術解説 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: 国内では コンシューマー向けIPv6サービスが提供され始めてから既に数年が経過し、 いよいよこの夏頃から携帯電話の通信網でもIPv6が標準で提供されま…

IPv6ハンズオン〜ネットワーク編〜 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●概要IPv6の実践的な設定ができる技術者の育成を目的にした、 実機(仮想ルータ:NFVI)を利用した基礎的な内容の演習です。 IPv6の主な機能や特徴を説明し…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ルーター/ あきみちが聞く!ヤマハのスイッチの見所」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ルーター/ あきみちが聞く!ヤマハのスイッチの見所」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008929


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ