労務管理の現場を楽にする!勤怠管理ツール導入の運用ポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


労務管理の現場を楽にする!勤怠管理ツール導入の運用ポイント

基幹系システム 2016/08/09

 労務管理をしっかり行うために、勤怠管理ツール導入を検討している会社は多いでしょう。検討自体はもちろん大変いいことなのですが、勤怠管理ツールを導入するだけで、労務管理の何もかもがうまくいくと言うものではありません。事前に行うべきこともあります。

 今回は、勤怠管理ツールの導入効果をより高めるために考えるべき“運用のポイント”を説明します。

そもそも「就業規則」は整備されていますか?

 まず、勤怠管理ツール導入の前に整備しておきたいポイントがあります。それは「就業規則の整備」です。勤怠管理ツールを導入する目的は“労働時間を正確に管理すること”にほかなりません。

 それでは、貴社において労働時間とはどう定義されているのでしょうか?また、どんな場合に時間外労働と見なすのでしょうか?

 他にも多々ある就業規則を見直して取り決めを明文化しておかないと、勤怠管理ツール導入だけでは解決できません。必要に応じて労務管理の専門家の知識を借りる必要もありますので、導入前に整備しておくことがポイントです。

すぐ「紙」に出力できますか?

 次は「帳票出力機能」の使い勝手をチェックします。就業制度の整備を経て、勤怠管理ツールにより「正確な勤怠時間データ」を得られるようになりますが、いつでも帳票として簡単に印刷できるかどうかが、現場で求められる運用のポイントです。印刷に手間がかかる、操作がややこしいなどでは業務に支障が生じる場合があります。なぜなら、勤怠時間データは労働基準監督署の検査に提出する客観的資料として使用するものだからです。

 またそれら「帳票」は、従業員の労働時間を正確に把握し、法に従った賃金を適切に支払っていることを証明するためにも必要です。残業代の未払いについて、当局から指摘されたり、元従業員から訴訟を起こされたりした結果、一時期に多額の残業代を支払う羽目になってしまい経営が傾いた会社の事例もあります。きちんと労務管理を行っている会社だとしても、勤怠時間データを即座に「帳票」で出す必要が生じる時があります。「帳票出力」機能をチェックして、現場が対応しやすいかどうか確認しておくことがポイントです。

「打刻方法」は何がふさわしいですか?

 在宅のテレワークや直行直帰による勤務スタイルなど、多様な働き方に対応するため導入する会社もあるでしょう。そうすると会社以外の場所で働く従業員や契約スタッフなどの労働時間を正確に把握することが必要です。従って、打刻を行うデバイスにスマートフォンやタブレット、PCなどが使えることが前提になりますので、導入前に「打刻方法」を検討しておくことがうまく運用するためのポイントです。

サポートの充実や現場の使い勝手は?

 また勤怠管理業務に関しては、法改正にその都度対応しなくてはいけません。専門家の支援も必要ですが、勤怠管理ツール提供事業者のサポートの充実度を確認して導入を決め、運用することがポイントです。クラウド型の勤怠管理ツールは、法改正に合せて自動的にアップデートされるので、専任スタッフが少ない会社においてはクラウド型の選択がより現実的かも知れません。

 さらに、せっかく業務部門の負担を減らそうと思って導入したのに、今まで慣れ親しんだ操作画面と導入ツールの操作画面が違いすぎて、うまくなじめず、かえって負担が増してしまったと言うこともあるようです。Excelでこれまで管理していたのなら、Excelに近い操作感の勤怠管理ツールを選ぶなど、お試しサービスで使い勝手を確認すればスムーズに移行できるでしょう。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

勤怠管理/労務管理の現場を楽にする!勤怠管理ツール導入の運用ポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】
特定業種向けシステム 勤怠管理システム ワークフロー
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。

勤怠管理」関連の特集


事業拡大や業務効率化を考えたとき、クラウド型で提供されるERPの利用は、検討したい選択肢の1つだ。と…



紙に手書きで記入、休暇申請時は申請書を郵送するなど、現場・管理側共に大きな負担になっていた勤怠管理業…



勤怠管理ツールはいったい何を解決するのでしょうか?今回は勤怠管理業務の課題を取り上げながら「勤怠管理…


勤怠管理」関連のセミナー

誰でもわかる 働き方改革セミナー 【ディーアイエスソリューション/オービックビジネスコンサルタント/エイトレッド】  

開催日 11月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革を実現させたいが、具体的な取り組みに向けての一歩が踏み出せないという企業も多いかと思います。本セミナーでは事例を交えて全ての企業が実践でき、業務にかか…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 労務管理の現場を楽にする!勤怠管理ツール導入の運用ポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 労務管理の現場を楽にする!勤怠管理ツール導入の運用ポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008905


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ