勤怠管理ツール導入成功のために“導入前”に気をつけるべき点

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


勤怠管理ツール導入成功のために“導入前”に気をつけるべき点

基幹系システム 2016/08/02

 正確な勤怠管理を行うために「勤怠管理ツール」の導入を検討する会社が増えています。クラウドサービス型の勤怠管理ツールであれば初期費用は抑えられますし、導入スピードも速いです。様々な製品・サービスをインターネットで比較し、申し込むのもとても簡単になりました。

 しかし、全社員が毎日使う新しいシステムです。「いきなり導入して本当に大丈夫なのか…?」不安に思われる方も少なく無いでしょう。ここでは、勤怠管理ツール導入で抑えておくべきポイントを説明します。

実際に使う“現場の状況”をしっかり確認しよう

打刻方法が自社環境とマッチしているか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

勤怠管理/勤怠管理ツール導入成功のために“導入前”に気をつけるべき点」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
ワークフロー 勤怠管理システム 勤怠管理システム
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

勤怠管理」関連の特集


勤怠管理システムの導入実態を調査!大企業と中小企業では導入率に3倍以上の開きも…。その他、導入目的や…



働き方の選択肢が増えた一方で、管理側からすると多様な雇用形態の従業員管理で負荷が増し、計算などが複雑…



紙での勤怠管理では集計業務に大きな負担が…。そこで勤怠管理のWeb化を検討!安価かつ早期に利用するた…


勤怠管理」関連のセミナー

デスクネッツ ネオ & MajorFlowクラウド体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:パナソニック ネットソリューションズ】 注目 

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

概要本セミナーでは、デスクネッツ ネオならではの最新機能のほか、連携するワークフロー製品「MajorFlow」まで、実際のパソコン環境でご体験いただけます。前半…

「働き方改革」を推進する人事戦略 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 4月21日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

少子高齢化、労働人口減少などの課題を背景に、企業成長のための生産性向上の必要性や、働き方を見直す動きが急速に広がっています。しかし、実際にワークスタイル変革を推…

IT業界における長時間労働抑止対策について 【富士通】  

開催日 3月21日(火)〜4月4日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

昨今、労働基準監督署の抜き打ち検査によりサービス残業が発覚、不払残業代の是正指導が行われるケースが年1000件以上、支払総額は100億以上となっています。 また…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 勤怠管理ツール導入成功のために“導入前”に気をつけるべき点」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 勤怠管理ツール導入成功のために“導入前”に気をつけるべき点」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008904


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ