勤怠状況の管理だけじゃない!「勤怠管理ツール」の活用法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


勤怠状況の管理だけじゃない!「勤怠管理ツール」の活用法

基幹系システム 2016/07/19

 勤怠管理ツール導入の大きな目的は、従業員の労働時間を把握しやすくし労務管理を適正に行うこと、業務部門の作業負担を軽くすることでしょう。ここでは更なる活用方法を考えてみます。

 勤怠管理ツールを活用すると、従業員の定着率アップ、営業活動の効率化など、会社が抱えている課題を改革する事が可能です。従業員が採用できない、従業員が定着しない、あるいは営業活動をもっと効率化できないかと悩む人はぜひお読み下さい。

子育てや介護…“個人に最適な働き方”を創造する

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

勤怠管理/勤怠状況の管理だけじゃない!「勤怠管理ツール」の活用法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】
勤怠管理システム 人事管理システム 人事管理システム
全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。

勤怠管理」関連の特集


2016年度の勤怠管理ソフトの市場規模は117億円だった。43.1%のシェアを持つベンダーは?



正確な勤怠管理を行うため、勤怠管理ツールを導入する会社が増えています。しかし「いきなり導入して本当に…



以前から利用されてきたシングルサインオンですが、クラウド時代に突入したことで企業内外をID連携するフ…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 勤怠状況の管理だけじゃない!「勤怠管理ツール」の活用法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 勤怠状況の管理だけじゃない!「勤怠管理ツール」の活用法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008902


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ