人事・総務部門の悩みとは?勤怠管理ツールが解決する7つの課題

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


人事・総務部門の悩みとは?勤怠管理ツールが解決する7つの課題

基幹系システム 2016/07/12

 本来、企業にとって「勤怠管理」とは非常に重要な業務であるはずなのに、人事や総務などの業務部門で月に1度タイムカードを集計するだけの仕事と考えられがちです。業務部門が従業員個別に計算する複雑な処理があってこそ、人件費の適正化、また過重労働をなくし従業員の健康を守ること、更には仕事へのモチベーションを上げていくための労務改善が可能になるのです。

 昨今、様々な「勤怠管理ツール」が提供されていますが、その導入を経営トップに進言する時には「結局そのツールで何が解決できるのか?」ということを明確にしなくてはなりません。それでは勤怠管理ツールはいったい何を解決するのでしょうか?勤怠管理に関わることについては、業務部門のスタッフ以外はその大変さをあまり理解していないかも知れません。

 ここでは、勤怠管理業務の課題を取り上げながら「勤怠管理ツール」が解決することを7つのポイントで説明します。

(1)就業時間の確実な入手

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

勤怠管理/人事・総務部門の悩みとは?勤怠管理ツールが解決する7つの課題」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

ジョブカンワークフロー 【Donuts】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 AsReader 【アスタリスク】
ワークフロー 勤怠管理システム ハンディターミナル
誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持ったクラウド型ワークフローツール。申請・承認情報は、全てWebブラウザ上で確認できる。 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 iPhone/ iPod touchに装着して活用できる、ケース型のバーコードスキャナ及びRFIDリーダー/ライター(UHF帯)。

勤怠管理」関連の特集


働き方の選択肢が増えた一方で、管理側からすると多様な雇用形態の従業員管理で負荷が増し、計算などが複雑…



注目を集めるRFID(ICタグ)。JRの「Suica」や「ICOCA」は、このRFIDを使った乗車券…



BCP(事業継続計画)では様々な対策があるが最優先されるのは、人的資源である“社員の保護対策”だろう…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 人事・総務部門の悩みとは?勤怠管理ツールが解決する7つの課題」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 人事・総務部門の悩みとは?勤怠管理ツールが解決する7つの課題」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008901


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ