説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット

基幹系システム 2016/07/05

 勤務時間を管理するために、これまでは出社時と退社時に紙のタイムカードをタイムレコーダに挿入して、打刻した記録あるいは自己申告した勤務時間の記録を業務部門が手作業で集計をしてきました。しかし手作業が介在することで手間がかかるだけでなく、時間外や休日、深夜労働の実態が難しくなります。そして労働環境の悪化を招き、結果として過重労働や違法残業が当り前という、いわゆる“ブラック企業”を生み出す原因になってしまいます。

 そのような状況を解消するために役立つのが「勤怠管理ツール」です。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っているか、簡単にご紹介します。

勤怠管理ツールが提供してくれる基本機能は4つ

 主な勤怠管理ツールには、次の基本機能が備わっています。

(1)出退勤データの収集と管理機能

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

勤怠管理/説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

AsReader 【アスタリスク】 AsReaderApps 【アスタリスク】 クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】
ハンディターミナル その他基幹系システム関連 勤怠管理システム
iPhone/ iPod touchに装着して活用できる、ケース型のバーコードスキャナ及びRFIDリーダー/ライター(UHF帯)。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。

勤怠管理」関連の特集


多様な労働形態に対応し、勤務状況をリアルタイムに把握する勤怠管理ツールも種類豊富。導入済みの勤怠管理…



情報漏洩は、内部の人間による持ち出しが大半。いつ、誰が、どこに出入りしたかをしっかり記録し、確認でき…



創業当時の“らしさ”を残したい!情報共有システム導入に取り組んだ、飲食業界の事例。“あえて”自動化し…


勤怠管理」関連のセミナー

【大阪】デスクネッツ ネオ & Major Flowクラウド体験セミナー 【主催:ネオジャパン 共催:パナソニック ネットソリューションズ】 注目 

開催日 2月3日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

本セミナーでは、デスクネッツ ネオならではの最新機能のほか、連携するワークフロー製品「MajorFlow」まで、実際のパソコン環境でご体験いただけます。前半では…

経営システムご紹介セミナー 【パナソニック ネットソリューションズ/あさかわシステムズ】  

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

パナソニック ネットソリューションズ株式会社様主催、弊社協賛で開催いたします経営システムご紹介セミナーをご紹介いたします。 低コストで原価管理と財務会計をリアル…

経営システムご紹介セミナー 【パナソニック ネットソリューションズ/あさかわシステムズ】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

パナソニック ネットソリューションズ株式会社様主催、弊社協賛で開催いたします経営システムご紹介セミナーをご紹介いたします。 低コストで原価管理と財務会計をリアル…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008899


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ