説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット

基幹系システム 2016/07/05

 勤務時間を管理するために、これまでは出社時と退社時に紙のタイムカードをタイムレコーダに挿入して、打刻した記録あるいは自己申告した勤務時間の記録を業務部門が手作業で集計をしてきました。しかし手作業が介在することで手間がかかるだけでなく、時間外や休日、深夜労働の実態が難しくなります。そして労働環境の悪化を招き、結果として過重労働や違法残業が当り前という、いわゆる“ブラック企業”を生み出す原因になってしまいます。

 そのような状況を解消するために役立つのが「勤怠管理ツール」です。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っているか、簡単にご紹介します。

勤怠管理ツールが提供してくれる基本機能は4つ

 主な勤怠管理ツールには、次の基本機能が備わっています。

(1)出退勤データの収集と管理機能

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

勤怠管理/説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

SaaS型 労務管理システム 「Daim(大夢)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
勤怠から給与振込までワンストップのオールインワン労務管理。さまざまな条件における給与計算機能を搭載。サーバも不要で、インターネット環境があればすぐに利用できる。 3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

勤怠管理」関連の特集


クラウド移行に着手しても、実際には限定的な範囲での利用にとどまっている企業は多い。しかし、日本ビュー…



毎日グループウェアを使う中で「こんなことができたらもっと便利なのに…」と思っていませんか?次は何がで…



目指すは「業務の効率化」?それとも「内部統制の強化」?せっかく導入しても、欲しい機能が用意されていな…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 説明できますか?勤怠管理ツールの基本機能と導入メリット」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008899


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ