どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう

基幹系システム 2016/06/28

 勤怠管理ツールを導入し、労務管理をしっかり行うとともに業務部門の作業負担も軽くしたい、しかしそのためのコストは極力抑えなければならない…。そういった会社は多いでしょう。自社のシステムに導入するオンプレミスタイプの勤怠管理ツールは多機能で、自社の制度に合わせて様々なカスタマイズが可能ですが、それなりの導入費用と運用費用などがかかります。対してクラウドタイプの勤怠管理ツールであれば、機能は制限されますがすぐ導入を決断できそうなコスト感であることが多いです。

 ここでは、多種多様な勤怠管理ツールの「コスト感」をお伝えします。

クラウドタイプの勤怠管理ツールは“1人当たり数百円”から!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

勤怠管理/どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 SaaS型 労務管理システム 「Daim(大夢)」 【ソフトバンク コマース&サービス】
勤怠管理システム ワークフロー 勤怠管理システム
2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 勤怠から給与振込までワンストップのオールインワン労務管理。さまざまな条件における給与計算機能を搭載。サーバも不要で、インターネット環境があればすぐに利用できる。

勤怠管理」関連の特集


「え、残業代払ったのに書類送検されるの?」そんな考えの人は、監督強化が進む勤怠事情を要確認!“ブラッ…



雇用形態が多様化している昨今、従来のタイムカード方式の勤怠管理では集計が大変…という方も多いのでは?…



2014年には1兆5550億円市場と予測されるデータセンタビジネス市場。そのカギを握る「クラウドサー…


勤怠管理」関連のセミナー

デスクネッツ ネオ & MajorFlowクラウド体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:パナソニック ネットソリューションズ】 注目 

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

概要本セミナーでは、デスクネッツ ネオならではの最新機能のほか、連携するワークフロー製品「MajorFlow」まで、実際のパソコン環境でご体験いただけます。前半…

IT業界における長時間労働抑止対策について 【富士通】  

開催日 3月21日(火)〜4月4日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

昨今、労働基準監督署の抜き打ち検査によりサービス残業が発覚、不払残業代の是正指導が行われるケースが年1000件以上、支払総額は100億以上となっています。 また…

「働き方改革」を推進する人事戦略 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 4月21日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

少子高齢化、労働人口減少などの課題を背景に、企業成長のための生産性向上の必要性や、働き方を見直す動きが急速に広がっています。しかし、実際にワークスタイル変革を推…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008898


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ