どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう

基幹系システム 2016/06/28

 勤怠管理ツールを導入し、労務管理をしっかり行うとともに業務部門の作業負担も軽くしたい、しかしそのためのコストは極力抑えなければならない…。そういった会社は多いでしょう。自社のシステムに導入するオンプレミスタイプの勤怠管理ツールは多機能で、自社の制度に合わせて様々なカスタマイズが可能ですが、それなりの導入費用と運用費用などがかかります。対してクラウドタイプの勤怠管理ツールであれば、機能は制限されますがすぐ導入を決断できそうなコスト感であることが多いです。

 ここでは、多種多様な勤怠管理ツールの「コスト感」をお伝えします。

クラウドタイプの勤怠管理ツールは“1人当たり数百円”から!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

勤怠管理/どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

SaaS型 労務管理システム 「Daim(大夢)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 中堅・中小企業の「働き方改革」に勤怠管理システムのクラウド化が必須の理由 【ビッグローブ】
勤怠管理システム 人事管理システム IaaS/PaaS
勤怠から給与振込までワンストップのオールインワン労務管理。さまざまな条件における給与計算機能を搭載。サーバも不要で、インターネット環境があればすぐに利用できる。 2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 中堅・中小企業ではなかなか進まなかった人事関連システムのクラウド化。その機運が、ここに来て急速に高まっている。その理由とメリットを探る。

勤怠管理」関連の特集


「え、残業代払ったのに書類送検されるの?」そんな考えの人は、監督強化が進む勤怠事情を要確認!“ブラッ…



生体認証の導入目的は「個人情報・機密情報漏洩防止」が圧倒的。他、ID・PW管理、なりすまし防止の声も…



430人を対象に、自社の働き方改革と勤怠管理の連動性について聞いた結果をレポート。働き方変革に乗り出…


勤怠管理」関連のセミナー

<名古屋開催>物流業務における「働き方改革」のヒント 【日本電気/共催:NECネクサソリューションズ/アビームコンサルティング】 締切間近 

開催日 7月6日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨今物流現場では「人不足」、「長時間労働」といった作業員の働き方や管理が課題となっており、見直しが迫られています。NECはこれまでの事例、ご提供するサービスの紹…

働き方改革セミナー 【三信電気/アマノ/Sky/ネオジャパン】 締切間近 

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは『働き方改革』をテーマに、2017年1月厚生労働省より発表された「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」で求められ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ どれくらいで利用できるの?勤怠管理ツールのコスト感を知ろう」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008898


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ