今こそ着手!労務管理の見直しに効く「勤怠管理ツール」とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今こそ着手!労務管理の見直しに効く「勤怠管理ツール」とは

基幹系システム 2016/06/14

 タイムカードや出勤表によって従業員が勤務時間を申告し、業務部門が手作業で集計するのが、これまでの勤怠管理のやり方でした。「勤怠管理ツール」とは、タイムカードの打刻をシステムによって自動集計し、従業員の勤務状況を的確に把握できるようにするものです。

 このようなツールが求められる背景には、近年労務管理が厳しく監督されるようになったことと、働き方のスタイルが多様化してきたことなどが挙げられます。こうした急激な環境変化に対応するには、経営陣はもちろん、人事部や総務部など“業務部門”の働きが重要になってきますが、とても手作業では追いつきません。そこで勤怠管理ツールを活用する会社が増えているのです。

 ここでは、労務管理をしっかり行い、業務部門の負担も軽くできる「勤怠管理ツール」の特長を説明します。

“怠慢な労務管理”が引き起こすリスクとは?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

勤怠管理/今こそ着手!労務管理の見直しに効く「勤怠管理ツール」とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 jinjer勤怠 【ネオキャリア】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 マルチデバイス対応で、どこでも打刻・勤怠管理が可能。打刻方法のフレキシブルさ、出勤/シフト/申請管理のユーザビリティの高さから勤怠関連のパフォーマンス向上を実現。

勤怠管理」関連の特集


 前回に続いて、クラウドストレージについてご説明します。 第7回でご紹介した、業務システムのバックア…



刻々と変わる企業人事。その影響を受け、人材を財産にするものへと進化する人事管理システム。今回はその最…



アプリケーションやデータのポータビリティ性能が飛躍的に向上する中、マルチクラウド環境でのシステム構築…


勤怠管理」関連のセミナー

【大阪】デスクネッツ ネオ & Major Flowクラウド体験セミナー 【主催:ネオジャパン 共催:パナソニック ネットソリューションズ】 締切間近 

開催日 2月3日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

本セミナーでは、デスクネッツ ネオならではの最新機能のほか、連携するワークフロー製品「MajorFlow」まで、実際のパソコン環境でご体験いただけます。前半では…

企業の情報活用を推進!クラウド活用フェア 【協立情報通信】  

開催日 2月9日(木)〜2月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

情報化社会におけるIoT、AIなどの進化はめざましく、まさにビジネス創造の好機といわれております。また、政府主導の「働き方改革」に伴い、働き方の多様化に対応する…

『大改正に「今」から備える、改正労働基準法対策セミナー』 【エイコー】  

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

▼概要 政府による「働き方改革」が進められる中、ある大手企業において過重労働による自殺が労災認定され、世間からの注目を集めました。長時間労働は、従業員の健康を害…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 今こそ着手!労務管理の見直しに効く「勤怠管理ツール」とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 今こそ着手!労務管理の見直しに効く「勤怠管理ツール」とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008896


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ