SFAを定着させよう!失敗しないための運用“4つ”のコツ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SFAを定着させよう!失敗しないための運用“4つ”のコツ

情報システム 2016/08/04

 SFA(営業支援)を開発、提供する企業のWebサイトには、SFA導入の成功事例が数多く紹介されていますが、一方で失敗事例の報告も後を絶ちません。SFAがどんなに優れたシステムであっても、うまく運用しなければその機能を発揮できないからです。

 それではSFAの運用を定着させ、営業活動の効率化を実現するためにはどうすればよいのでしょうか。今回は失敗しないための運用のポイントを確認します。

SFAを上手に運用するポイントとは

入力が簡単に行えるようにする

 管理者側は「せっかくSFAを導入するのだから、できるだけ多くのデータを集めて分析したい」と考えがちです。しかし求めるデータの種類が増えれば増えるほど入力項目が多くなり、営業担当者の負担と手間が大きくなります。そうなるとデータ入力が疎かになったり、あるいは本業である営業活動の時間を侵食してしまったりということになりかねません。

 こうした事態を防ぐためには、まず入力項目を必要最低限に絞り込んだ状態からスタートし、徐々に増やしていくようにします。またプルダウンやチェックボックス方式を使う、テンプレートが使えるようにするといった、入力作業の負担を軽減する工夫も大切です。

毎日の情報入力の習慣化

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/SFAを定着させよう!失敗しないための運用“4つ”のコツ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

Enterprise Imaging Platform 【キヤノンITソリューションズ】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 SNS統合型サイネージソリューション BILLBOARD 【テックリンク】
SOA CRM 社内SNS
社内で利用されている基幹系・情報系等の各種システムとMFPやスキャナなどのイメージデバイスを連携し、複雑な業務プロセスを効率化するSOAベースの開発プラットフォーム。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 SNSと連動したディスプレイ表示が行えるデジタルサイネージソリューション。ソーシャルメディアを通じた口コミ戦略やイベントの企画が容易に行える。

SFA」関連の特集


ホントに営業のために役立つの!?“やらされ感”満載で現場から忘れ去られた営業支援ツール「SFA」は、…



全社の営業力UPのためには、優秀な営業マンのナレッジを、他の営業マン達に伝授することが必須となってく…



売れる営業はみんなやっている!?様々な顧客に対応し売れるパターンを掴む「営業ロープレ」の効果的な方法…


SFA」関連のセミナー

成功事例に学ぶ!営業力強化セミナー 【NECソリューションイノベータ】  

開催日 2月9日(木)   開催地 福島県   参加費 無料

成長戦略に向けた取り組みは、営業力の強化から!数々の事例を通じて成功の秘訣をご紹介します−16年間、年次成長率30%を実現した企業が自ら語る成功事例のポイントと…

SFA・マーケティングオートメーション戦略的活用セミナー 【ランドスケイプ/セゾン情報システムズ/日本オラクル】  

開催日 2月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

顧客データの「2次活用」。すなわち、SFAやマーケティングオートメーション(MA)内部の顧客データを利用して、どのように戦略を実現し、そして業績につなげていくの…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ SFAを定着させよう!失敗しないための運用“4つ”のコツ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ SFAを定着させよう!失敗しないための運用“4つ”のコツ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008895


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ