SFA導入前に絶対押さえておくべき4つのポイントとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SFA導入前に絶対押さえておくべき4つのポイントとは?

情報システム 2016/07/28

 SFA(営業支援)は、営業業務の無駄をなくし、個々の営業マンの勘や経験頼みのノウハウを、営業部全体で共有出来る数字に基づく”ベストプラクティス“へと発展させることが可能なシステムです。

 しかしせっかく導入しても、うまくデータを活用でき、結局営業の手間を増やすだけで、使われないまま放置されてしまうケースも少なくないようです。そこで今回は、SFAを有効に活用するため、導入前に確認しておきたいポイントを4つ紹介します。

SFA導入前に必ずチェックすべき4つのポイント

SFA導入の目的を明確にしておく

 SFAを定着させ、成果を上げるには、目的を明確にすることが大切です。導入目的がはっきりしていないと、あれもしたい、これもしたいと欲張って機能ばかりが増えてしまい、結局使いこなせない恐れがあります。

 こうした事態を避けるには、現状分析を行い、営業の抱える課題を洗い出します。そしてこれらの課題をリストアップし、どのように改善したいのか、具体的な目標を立てましょう。

営業担当の管理ではなく、売上アップを掲げた目標を立てる

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/SFA導入前に絶対押さえておくべき4つのポイントとは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【セゾン情報システムズ】 セキュリティと利便性を両立する、「デジタルワークスペース」とは 【ヴイエムウェア株式会社】 Microsoft Dynamics 365 【日本マイクロソフト】
グループウェア MDM CRM
複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 セキュリティと利便性を両立する、「デジタルワークスペース」とは CRMやERPを1つのシステムで実現――クラウド型統合パッケージ

SFA」関連の特集


SFAの導入状況調査、後編です。



2014年12月末時点で、前年比57%増の同市場。今後も市場拡大が予想される中、75.3%の占有率を…



営業日報を作成している企業は多くありますが、営業日報を営業に最大限活用できている企業はそう多くはない…


SFA」関連のセミナー

売上を増やしながら残業を減らす仕組みとは? 【NECネクサソリューションズ/ソフトブレーン】  

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

CRM/SFA使い勝手満足度調査で総合1位獲得の「eセールスマネージャー」を活用し営業生産性向上に取組む当社と開発・提供元のソフトブレーンが組み、3部構成で売上…

オープンソースCRM入門 【主催:シンキングリード/東京計器インフォーメーションシステム 協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 6月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・従業員数十名〜数百名程度の、中堅ユーザ企業。・CRMの導入やリプレースを検討している。・オープンソースのCRMに興味があるが、Salesforceや…

「戦える営業チーム」を作るためのセールスフォース活用セミナー 【アーティスティックス】 締切間近 

開催日 6月28日(水)   開催地 静岡県   参加費 無料

■「戦える営業チーム」を作るためのセールスフォース活用セミナー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━営業改革を実現する第一歩を踏み出すための、営業支…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ SFA導入前に絶対押さえておくべき4つのポイントとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ SFA導入前に絶対押さえておくべき4つのポイントとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008894


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ