「導入したのに定着しない…」SFA失敗例に学ぶ成功のポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


「導入したのに定着しない…」SFA失敗例に学ぶ成功のポイント

情報システム 2016/07/21

 営業力の強化はどの企業にとっても重要な課題であり、それを支援するツールであるSFA(営業支援)には高い関心が寄せられています。

 実際、導入によって大きな成果を上げている企業がある一方で、高額な費用と時間をかけてSFAを導入したにも関わらず「期待していたような効果が出ない」「現場に定着しない」「使いこなせない」といった声もしばしば聞こえてきます。

 今回はありがちな失敗事例をいくつか紹介しながら、失敗しないためにはどうすればよいかを見ていきましょう。

SFAの失敗事例

管理部門の都合しか考えていない

 SFAの本来の目的は営業活動の標準化、可視化、共有により、業務を改善し、各営業担当者を支援することにあります。しかし管理部門の要望ばかりを重視して、営業担当者に大きな負担がかかるデータ入力を強いるようでは、結局「面倒くさい」と思われ、放置されてしまいます。入力を強制すればやる気が低下し、何のためにSFAを導入したのか分からなくなってしまうでしょう。

 現場の要望と管理者側の要望のバランスを取りつつ、本当に必要な機能だけを揃え、操作も運用もシンプルで負担の少ないシステムを導入すべきです。

SFAって管理ツールじゃないの?「管理されたくない」営業担当者

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/「導入したのに定着しない…」SFA失敗例に学ぶ成功のポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】
SFA BI SFA
SFAで営業効率を高めるには? レポーティングだけではないSFA使いこなし術 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 SFAならば一瞬の作業、知るほど後悔する「Excel日報」のムダ

SFA」関連の特集


企業のマーケティング活動を支援する「MA」。米国では10年以上前から普及しており、その実績を引っ提げ…



 前回ご紹介したように、顧客が集まる販促をしていくためには、あなたのお客様を絞り込みます。その人がど…



 はじめまして、株式会社プロジェクトプロデュースの亀田と申します。私は仕事上、好業績を維持し続けてい…


SFA」関連のセミナー

中小企業のSFA/CRM活用ノウハウ (福岡開催) 【ゾーホージャパン】 締切間近 

開催日 12月21日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

<中小企業の初めてのCRMに> Zohoをオススメする理由をセミナーで丁寧にご説明します!紙やエクセルで、顧客や商談のデータを管理している企業は多くいます。ツー…

「マーケティング×営業」の 仕組み構築セミナー 【プロフェッサ/マツリカ】  

開催日 1月17日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

▼下記課題を1つでもお持ちの方、必見のセミナーです!▼・リード(見込み顧客)の母数が不足している・リードからの成約率をあげたい・顧客リードの育成ができていない・…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ 「導入したのに定着しない…」SFA失敗例に学ぶ成功のポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ 「導入したのに定着しない…」SFA失敗例に学ぶ成功のポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008893


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ