SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SFAシステムを使い倒す! 3つの賢い活用法とは?

情報システム 2016/07/14

 SFA(セールス・フォース・オートメーション=営業支援)は営業の効率を上げ、営業力を大幅に強化できる優れたツールです。特にB to Bの法人営業においては、大きな力を発揮します。

 しかしせっかくSFAを導入したものの、現場の営業担当者からは「どう使っていいか分からない」「言われた通りデータは入力しているけれど、何のメリットがあるの?」という声があがることも少なくありません。今回はSFAの具体的な活用法をいくつか見ていきましょう。

SFAを"使い倒す”ための3つの活用法

見込み案件の管理に活用

 営業部門の管理職や営業リーダーにとって、営業担当者がアタックしている案件を受注する可能性は、その案件をもつ営業担当者の報告からしか判断することができませんでした。しかしSFAを活用することによって、顧客の反応や進捗状況などがひと目で分かるため、その案件が本当に受注できるのかどうかが、客観的に判断できるようになります。

 また期末などで目標数字の達成が厳しいと、営業担当者は見込みが低い案件でも”受注の見込みが高い“と報告しがちです。SFAでは見込みの高さや低さも視覚化できるので、より確実な案件にリソースを集中させることが可能となり、結果として成約率の高さにつながるのです。

人脈管理に活用

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】 セキュリティと利便性を両立する、「デジタルワークスペース」とは 【ヴイエムウェア株式会社】
CRM その他基幹系システム関連 MDM
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。 セキュリティと利便性を両立する、「デジタルワークスペース」とは

SFA」関連の特集


「売れる営業」と「売れない営業」は、どこが違うのか?営業第一線で戦う営業マンが行っている「目標達成の…



あの有名なIT企業でも、経営会議に向けたデータ分析に2週間も掛かっていた……。セゾン情報システムズが…



IT担当543人対象に「RIA(リッチインターネットアプリケーション)の導入状況」を調査。利用目的や…


SFA」関連のセミナー

名刺管理&活用『実践』セミナー 【ハンモック】 締切間近 

開催日 4月18日(火),4月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

売上を伸ばし続けている企業とそうでない企業では、顧客データの活用手法に違いがあります。会社の資産である名刺情報、顧客情報を集約し、それをいかに活用していくかは、…

Salesforceからの帳票設計&出力体験SVF Cloud for Salesforce 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ご紹介製品:SVF Cloud for Salesforce世界10万社以上で導入されている「Salesforce」、SFA・CRMだけでなくForce.com…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008892


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ