SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SFAシステムを使い倒す! 3つの賢い活用法とは?

情報システム 2016/07/14

 SFA(セールス・フォース・オートメーション=営業支援)は営業の効率を上げ、営業力を大幅に強化できる優れたツールです。特にB to Bの法人営業においては、大きな力を発揮します。

 しかしせっかくSFAを導入したものの、現場の営業担当者からは「どう使っていいか分からない」「言われた通りデータは入力しているけれど、何のメリットがあるの?」という声があがることも少なくありません。今回はSFAの具体的な活用法をいくつか見ていきましょう。

SFAを"使い倒す”ための3つの活用法

見込み案件の管理に活用

 営業部門の管理職や営業リーダーにとって、営業担当者がアタックしている案件を受注する可能性は、その案件をもつ営業担当者の報告からしか判断することができませんでした。しかしSFAを活用することによって、顧客の反応や進捗状況などがひと目で分かるため、その案件が本当に受注できるのかどうかが、客観的に判断できるようになります。

 また期末などで目標数字の達成が厳しいと、営業担当者は見込みが低い案件でも”受注の見込みが高い“と報告しがちです。SFAでは見込みの高さや低さも視覚化できるので、より確実な案件にリソースを集中させることが可能となり、結果として成約率の高さにつながるのです。

人脈管理に活用

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 eセールスマネージャーRemix Cloud 【ソフトブレーン】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア SFA グループウェア
社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 受注につながるプロセスの改善に効果的なSFA。豊富な実績でSFA定着・効果的な活用に貢献。スマホ、タブレット対応。クラウド/オンプレミス対応。他システムとも連携可能。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。

SFA」関連の特集


営業マネジメントについての極意を4回に分けて解説する本企画。第3回目の今回は、営業マンが商談を実施し…



人手の限られている中堅・中小企業では、顧客対応に頭を悩ませている企業も少なくないはず。今回は、少ない…



 情報理論で最も大事な考え方の1つが「Integrity:1つの情報の整合性が取れていること」。個人…


SFA」関連のセミナー

【名古屋開催】営業改革セミナー 【富士通/日本マイクロソフト】 締切間近 

開催日 12月16日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┗■ 【名古屋開催】マイクロソフト社内の営業改革・AIを活用した業績予測と 富士通…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008892


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ