SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SFAシステムを使い倒す! 3つの賢い活用法とは?

情報システム 2016/07/14

 SFA(セールス・フォース・オートメーション=営業支援)は営業の効率を上げ、営業力を大幅に強化できる優れたツールです。特にB to Bの法人営業においては、大きな力を発揮します。

 しかしせっかくSFAを導入したものの、現場の営業担当者からは「どう使っていいか分からない」「言われた通りデータは入力しているけれど、何のメリットがあるの?」という声があがることも少なくありません。今回はSFAの具体的な活用法をいくつか見ていきましょう。

SFAを"使い倒す”ための3つの活用法

見込み案件の管理に活用

 営業部門の管理職や営業リーダーにとって、営業担当者がアタックしている案件を受注する可能性は、その案件をもつ営業担当者の報告からしか判断することができませんでした。しかしSFAを活用することによって、顧客の反応や進捗状況などがひと目で分かるため、その案件が本当に受注できるのかどうかが、客観的に判断できるようになります。

 また期末などで目標数字の達成が厳しいと、営業担当者は見込みが低い案件でも”受注の見込みが高い“と報告しがちです。SFAでは見込みの高さや低さも視覚化できるので、より確実な案件にリソースを集中させることが可能となり、結果として成約率の高さにつながるのです。

人脈管理に活用

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーション Knowledge Suite 【ナレッジスイート】 新規事業を軌道に乗せたい──アイ・エス・エスが選んだ営業支援ツールとは?_JUST.SFA 【ジャストシステム】
BI SFA SFA
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザー数無制限、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイス対応。 新規事業を軌道に乗せたい──アイ・エス・エスが選んだ営業支援ツールとは?

SFA」関連の特集


今、急速に注目を集めているMAとは何か。主にマーケティング部門で使われるITツールだが、今後、業務部…



会社の規模や業種に関わらず、ビジネス現場で必ず使われるものと言えば「名刺」がその代表格です。机に密か…



名刺の整理・管理を便利にするだけではなく、会社の営業活動に活用できるのが「名刺管理ツール」。たくさん…


SFA」関連のセミナー

Tableau japan社の「Tableau」の使い方とは? 【ランドスケイプ/タブロージャパン】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

営業現場が受注につながりやすい商談を積み重ねること。 なぜ、実現が難しいのでしょうか?今回のセミナーの目的は、この解決につながる「糸口」を見つけることです。1)…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ SFAシステムを使い倒す!3つの賢い活用法とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008892


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ