SFAの導入で期待できる” 4つ“の業務課題とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SFAの導入で解決が期待できる4つの業務課題とは?

情報システム 2016/07/07

 企業が業績を拡大するには、営業部門の業務を効率化し、生産性を上げる必要があります。その実現を手助けするツールとして期待されているのがSFA(営業支援)システムです。

 SFAの考え方が知られるようになり、導入企業も増える一方で「導入によってどんな課題が解決できるのか、どのようなメリットがあるのか分からない」という声も、未だによく聞かれます。今回はSFAを導入することで解決できる課題の中で、特に多くの企業を悩ませているものを取り上げます。

SFAで解決できる”4つ”の主な業務課題

営業部門内で情報が共有できていない

 顧客情報や商談の進捗状況などを、各営業担当者が個人的に管理している状況では、担当営業が外出や転勤で不在だったり、あるいは退職していたりした場合、せっかく進んでいた商談や関係性もスタート地点に逆戻りしてしまいます。顧客側の担当者が異動、退職した場合にも、同様のことが起こりえます。

 そんな時、これらの情報をSFAで一元管理し、営業部門全体で共有しておくことで、営業担当や先方の窓口が変わっても商談を継続することができます。またSFAから得られるデータに基づいて営業戦略を立てたり、部門として予算達成の見込精度を上げたりすることも可能となります。

営業ノウハウや経験値を共有できていない

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/SFAの導入で期待できる” 4つ“の業務課題とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 【日本マイクロソフト】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 iPad向け手書き入力ツール 「7notes Pad+WC」 【ソフトバンク コマース&サービス】
CRM グループウェア その他スマートデバイス関連
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は? 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 業務で利用するiPad上のWebアプリケーションを一切変更することなく、手書き入力を可能にするツール。ストレスのない、手書きによる日本語入力を実現。

SFA」関連の特集


運用・保存システム1570本、パッケージ型設計・出力ツール4万9300本の数量であった「電子帳票関連…



名刺の整理・管理を便利にするだけではなく、会社の営業活動に活用できるのが「名刺管理ツール」。たくさん…



営業体質を変え、営業活動成果を上げる4つのプロセスについて最後の1つを解説します。 営業活動の側面か…


SFA」関連のセミナー

Salesforceからの帳票設計&出力体験SVF Cloud for Salesforce 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ご紹介製品:SVF Cloud for Salesforce世界10万社以上で導入されている「Salesforce」、SFA・CRMだけでなくForce.com…

名刺管理&活用『実践』セミナー 【ハンモック】 締切間近 

開催日 4月18日(火),4月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

売上を伸ばし続けている企業とそうでない企業では、顧客データの活用手法に違いがあります。会社の資産である名刺情報、顧客情報を集約し、それをいかに活用していくかは、…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ SFAの導入で期待できる” 4つ“の業務課題とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ SFAの導入で期待できる” 4つ“の業務課題とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008891


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ