必ずチェックしよう!失敗しない「SFA」の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


必ずチェックしよう! 失敗しないSFAの選び方

情報システム 2016/06/16

 SFA(営業支援)システムは、商談の進捗状況など営業活動の可視化、営業部門内での情報共有、営業活動の効率化や支援など、数多くのメリットをもたらします。実際、導入によって業績が伸びたという報告も少なくありません。
(参考:CRMとの違いはどこに?今さら聞けない「SFA」の基本)

 一方でせっかく導入したものの「定着しない」「活用できない」「運用できない」という声が聞かれるのも事実です。成功する企業と失敗する企業は、何が違うのでしょうか? せっかく導入するのであれば失敗に陥らないために、まずはどのようにSFAを選んだらいいのか、選択時のポイントを紹介しましょう。

導入目的を整理するために“自社の営業スタイル”を把握しよう

 自社に合ったSFAを導入するには、まず自社の営業スタイルを把握する必要があります。営業スタイルは業種が違えば異なるのはもちろん、問い合わせ主体のインバウンド営業に、テレアポや飛び込みが主体のアウトバウンド営業など、事業形態によっても大きく異なります。

 こうした自社の現状をきちんと理解した上で、営業プロセスの中で特に改善したい点や達成したい目標を具体的に挙げましょう。SFAを比較・検討する際には、こうした目標を実現してくれる機能を備えているかどうかを確認することが重要です。

「カスタマイズ性」をとるか「導入のしやすさ」をとるか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/必ずチェックしよう!失敗しない「SFA」の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 【日本オラクル株式会社】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 マンガで学ぶ営業データ活用、SFA導入後も売り上げがアップしない原因は?_JUST.SFA 【ジャストシステム】
ERP BI SFA
成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 マンガで学ぶ営業データ活用、SFA導入後も売り上げがアップしない原因は?

SFA」関連の特集


ビジネスチャットツールは外部アプリケーションと連携できるものとそうでないものの2つに分けられます。こ…



シンクライアントとしても使える“プチ”PC「スマートフォン」。PCと同じセキュリティレベルの確保と共…



企業では新卒・中途など人材を採用する機会がありますが、そのための採用計画は立てられていますか?採用計…


SFA」関連のセミナー

Salesforceからの帳票設計&出力体験SVF Cloud for Salesforce 【ウイングアーク1st】  

開催日 3月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

ご紹介製品:SVF Cloud for Salesforce世界10万社以上で導入されている「Salesforce」、SFA・CRMだけでなくForce.com…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ 必ずチェックしよう!失敗しない「SFA」の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ 必ずチェックしよう!失敗しない「SFA」の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008888


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ