この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


池澤あやかと“ミライ”を試そう

 三浦半島の先端近く、緑豊かな丘の上にある巨大なNTT横須賀研究開発センタ──長い伝統を持つ、日本でも有数の大規模研究施設だ。今回は、ギークタレントの池澤あやかさんとNTT横須賀研究開発センタを拠点とする研究所のひとつ「NTTサービスエボリューション研究所」に“ミライ”を覗きにお邪魔した!
 この大きな研究開発センタに約2000名の方が勤務されているとのこと。自然豊かな環境の中にテニスコートや野球場なども備えており、ストレスなく研究できる環境が整えられている。

 取材陣が通された部屋には、舞台や音響設備などと一緒に、ある「仕掛け」が仕込まれている。「イマーシブテレプレゼンス技術 Kirari!」の研究成果をデモンストレーションするためのものだ。

 まず、そのビジュアルを見ていただきたい(音量の大きさにご注意下さい)。
映像提供:日本電信電話株式会社
 これはNTT研究開発センタ内において、プレゼンテーションをリアルタイム中継した時のもの。今回見せていただいたのは録画されたものだが、当日は会場外にいるプレゼンターの映像と音声を切り出し、リアルタイムに会場に届けられ、さもその場で挨拶しているかのように見せ、会場を沸かせた。

 普通の動画像だと、テレビや映画の延長のような印象を受けるが、背景から人物が切り出されて等身大で映し出されることで、印象がぐっと変わる。イマーシブ(没入型)という名前の通り、そこに本当に人がいるかのような臨場感を与えることが「Kirari!」の目標だ。「全ての人にリアルタイムに感動を届けたい」というコンセプトのもと、臨場感が高いパブリックビューイング、スポーツ中継、舞台芸術などへの活用を想定し研究が進められている。
■注目する人物だけを浮かび上がらせ、臨場感ある映像を再現する
 この日、見せてもらったコンテンツの1つが、全日本空手道の協力による空手の演武だった。体育館で演武をしている空手家の映像が背景から切り抜かれて、虚像として浮かんで見える。鍛え上げた選手の素早い動き、鋭い気合いの発声、足音などの気配が舞台上の映像から伝わってくる。このプロジェクトを主導するNTTサービスエボリューション研究所 ナチュラルコミュニケーションプロジェクト主任研究員 木下康儀さんにお話を伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

池澤あやか/NTTの研究開発センタに潜入!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「池澤あやか」関連情報をランダムに表示しています。

池澤あやか」関連の特集


IT業界の現場を「池澤あやか」が突撃取材し、最新動向をレポート!その技術やソリューションのミライの可…



NTTの巨大研究開発センタに侵入し見せてもらった最新研究は、紙でできた箱…?池澤あやかが理解に苦しん…



“紙”でできた新デバイスで手軽にできてしまうなんて…!池澤あやかも思わず興奮!一体どんなデバイスか、…


このページの先頭へ

池澤あやか/NTTの研究開発センタに潜入!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「池澤あやか/NTTの研究開発センタに潜入!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008885



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ