【第10回】日本本社と海外拠点の要件ギャップ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/05/23

海外拠点のあるべき姿とは

自己紹介
太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社 今井 武
主な経歴
上場一部SIベンダーにて日本国内を中心に基幹業務システムのマーケティング・販売に従事。その後、太陽グラントソントンにて海外進出企業、外資系企業を中心にグローバル対応の基幹業務システムの企画・立案・実行…

【第10回】日本本社と海外拠点の要件ギャップ

前回までのコラムでは、「要件定義前の準備」「要件定義の進め方」「要件確定条件」の順に要件を固めていく手順をご紹介しました。

■「要件定義前の準備」
スムーズなヒアリングをするために「誰に」「何を聞くのか」を分類化し、参加者のグルーピングや役割、また要件定義を実施する際に準備しておくと参考となる資料などを説明しました。

■「要件定義の進め方」
プロジェクトメンバーへのヒアリング方法、現状の業務フロー図の作成方法、課題や要件を整理して新業務フロー図(あるべき姿)をどのように作成するか。そして最後にそれらをRFP(提案依頼書)としてまとめる流れをお話しました。

■「要件確定終了条件」
要件を確定する際に立ちふさがる4つの壁(組織の壁・経験の壁・予算の壁・決断の壁)を「利害関係者」と「経営者」が協力して乗り越えていくことが重要であるという説明をしました。一連の流れを通じて、スムーズに要件を確認し、まとめる方法を理解していただけたと思います。

今回は、海外拠点の情報システムに関わる要件を満たすために作成するRFP(提案依頼書)の作成ポイントを説明します。

日本本社と海外拠点の要件ギャップ

まず、新しく海外拠点に情報システムを導入する場合に、日本本社と海外拠点の双方からヒアリング時によく聞かれる内容を確認します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

要件定義/【第10回】日本本社と海外拠点の要件ギャップ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「要件定義」関連情報をランダムに表示しています。

要件定義」関連の製品

ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 UnitBase 【ジャストシステム】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】
BI データベースソフト CRM
予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 ふるさと納税の爆発的な増加でExcel処理が追い付かない――飯山市が取った策は データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。

要件定義」関連の特集


ビジネスロジック内のルールを体系的に管理することで開発工数削減を実現するBRMS。誕生から15年、改…



“次世代BI”とも言われるデータディスカバリツール。しかし、正直なところ「BIとの違いって何?」とい…



顧客情報の管理はしているけど“活用”までは…、そんな会社も多いはず。不況…だからこそ「統合CRM」を…


「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

要件定義/ 【第10回】日本本社と海外拠点の要件ギャップ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「要件定義/ 【第10回】日本本社と海外拠点の要件ギャップ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008883


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ