ゼロから人工知能型ERPを開発できる組織

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リーダー決断の瞬間〜IT企業の変革〜 株式会社 ワークスアプリケーションズ 代表取締役 最高経営責任者(CEO) 牧野正幸氏
 欧米のITベンダが強い業務アプリケーションの世界で、数少ない国産ITベンダとしてシェアを伸ばし続けてきたのが株式会社ワークスアプリケーションズだ。同社の主力ERPパッケージ製品『COMPANY』は、今や大手企業の3割以上で導入されており、大手海外ベンダを凌ぐ実績を上げてきた。しかし、同社は決してそれに満足することなく、2015年12月に「世界初の人工知能型ERP」をうたう新製品『HUE』をリリース、新たなチャレンジへと乗り出した。こうしたビジネス戦略の背景には、一体どんな目的や狙いがあるのか。編集部では同社 代表取締役最高経営責任者(CEO)牧野正幸氏に『HUE』開発の狙いや戦略などについて話を聞いた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ERP/ゼロから人工知能型ERPを開発できる組織」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBA ITソリューション】 PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】
ワークフロー ERP PLM
パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。

ERP」関連の特集


 今回は、ビジネスモデル改革にITを有効に活用して事業拡大に成功したY社の事例を紹介します。トップが…



度重なる組織改変や人事異動にも対応できる製品は?内部統制など法対応も可能な製品は?全社規模での導入に…



本来ならばベストプラクティスのはずのERPですが、結局カスタマイズの繰り返し…なんて悲劇も。そこで、…


ERP」関連のセミナー

OSS x クラウド x IoTで実現する Industry4.0 【ローグウェーブ ソフトウェア ジャパン/オープンウェーブ/コンピエールジャパン】 締切間近 

開催日 4月7日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

もはや普遍的な存在となりつつあるオープンソースソフトウェア(OSS)とクラウド。今回は、安価で高品質な経営管理システムが実現できるオープンソースERPであるCo…

―隔週開催― SAP Business One 体験・相談会【東京開催】 【ソフテス/ソフテスBSS/ソフテスGT】  

開催日 4月13日(木),4月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

SAP Business Oneは、SAPが中堅・中小企業または大企業の子会社向けとして提供しているERP製品です。■最新で正確な情報を取得し、業務の効率化に …

スーパーカクテルイノーヴァ販売保守テンプレートご紹介セミナー 【内田洋行】  

開催日 2月17日(金),3月17日(金),4月19日(水),5月18日(木),6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

保守業務にも対応!機械製造/商社の企業様必見!!導入数4000本以上を誇る基幹業務パッケージ「スーパーカクテル」が、ワークフローシステム「intra-mart」…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ゼロから人工知能型ERPを開発できる組織」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ゼロから人工知能型ERPを開発できる組織」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008875


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ