GrowthMindを醸成する環境づくりに邁進する

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リーダー決断の瞬間〜IT企業の変革〜 日本マイクロソフト株式会社 平野 拓也氏
 誰もが知っているWindows やOfficeなどのソフトウェアをはじめ、世界中で利用者が拡大しているクラウドサービスMicrosoft AzureやOffice 365、ノートPCとタブレット双方の利点を取り入れた2-in-1デバイスSurfaceなど、コンシューマからビジネスまでICTに関連した様々なソリューションを提供しているマイクロソフト。そんなマイクロソフトも、従来型のビジネスから脱却し、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるビジネスへと変革を遂げている。今回は、2015年7月に代表執行役 社長に就任して以来、日本マイクロソフトを率いている平野 拓也氏に、その変革の背景や現在の状況、組織作りで気を付けていることなどについて伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マイクロソフト/GrowthMindを醸成する環境づくりに邁進する」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マイクロソフト」関連情報をランダムに表示しています。

マイクロソフト」関連の製品

モバイルコンテンツ管理システム「Handbook」 【インフォテリア】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 統合型セキュリティ対策ソリューション iSHERIFF CLOUD SECURITY 【ソフトバンク コマース&サービス】
ファイル共有 バックアップツール アンチウイルス
商品カタログや会議資料、マニュアルなどの各種コンテンツをクラウド・サーバで中央管理して一括配布し、デバイス上の閲覧専用アプリで閲覧できるようにするサービス。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 エンドポイント、Web、メールセキュリティを単一の管理コンソールで提供し、一元化されたポリシーをクラウドで管理、展開できる統合型セキュリティ対策ソリューション。

マイクロソフト」関連の特集


64ビット環境を必要とする高度なアプリケーションが増えてきました。今回は、64ビットCPUと対応ソフ…



「日本版SOX法」に備える特集の2回目。今回はSOX法対応に有効なツールとそれらを導入する際に注意す…



デスクトップ仮想化市場は高い成長率が見込まれているが、実際に導入する際には障壁も少なくない。どのよう…


マイクロソフト」関連のセミナー

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月14日(金)   開催地 北海道   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月18日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月12日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マイクロソフト/GrowthMindを醸成する環境づくりに邁進する」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マイクロソフト/GrowthMindを醸成する環境づくりに邁進する」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008859


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ