GrowthMindを醸成する環境づくりに邁進する

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リーダー決断の瞬間〜IT企業の変革〜 日本マイクロソフト株式会社 平野 拓也氏
 誰もが知っているWindows やOfficeなどのソフトウェアをはじめ、世界中で利用者が拡大しているクラウドサービスMicrosoft AzureやOffice 365、ノートPCとタブレット双方の利点を取り入れた2-in-1デバイスSurfaceなど、コンシューマからビジネスまでICTに関連した様々なソリューションを提供しているマイクロソフト。そんなマイクロソフトも、従来型のビジネスから脱却し、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるビジネスへと変革を遂げている。今回は、2015年7月に代表執行役 社長に就任して以来、日本マイクロソフトを率いている平野 拓也氏に、その変革の背景や現在の状況、組織作りで気を付けていることなどについて伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マイクロソフト/GrowthMindを醸成する環境づくりに邁進する」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マイクロソフト」関連情報をランダムに表示しています。

マイクロソフト」関連の製品

Microsoft Dynamics AX 【日立ソリューションズ】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】
ERP ワークフロー CRM
生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。

マイクロソフト」関連の特集


ソフトウェアが社会生活の中に奥深く入り込むようになり、重要視されるようになった“テスト”。今、開発プ…



ヘルメットに装着!かなりタフなつくりのウェアラブル端末に、ギーク女優が興味津々!現場作業を支えるコマ…



 連日と言っていいほどサイバー犯罪のニュースを耳にするようになったと思うが、この増加傾向は何を表して…


マイクロソフト」関連のセミナー

今これキテる!バックアップ提案の最前線 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★≪ネットワールドイチオシ≫ 市場でも大注目のバックアップアプライアンスの魅力とは?≪情報盛りだくさん≫ Cisco、Microsoft、…

Skype for Business との連携で挑む、効率的な会議への改革 【主催:ソフトバンク 共催:日本マイクロソフト、ポリコムジャパン】 注目 

開催日 2月20日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

企業での「働き方改革」が求められている昨今、それを実現するために「会議の改革」は必要不可欠なテーマです。本セミナーでは、日本マイクロソフトの現役社員が語る、Of…

Skype for Business との連携で挑む、効率的な会議への改革 【主催:ソフトバンク 共催:日本マイクロソフト、ポリコムジャパン】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

企業での「働き方改革」が求められている昨今、それを実現するために「会議の改革」は必要不可欠なテーマです。本セミナーでは、日本マイクロソフトの現役社員が語る、O…

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マイクロソフト/GrowthMindを醸成する環境づくりに邁進する」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マイクロソフト/GrowthMindを醸成する環境づくりに邁進する」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008859


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ