第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/04/01

『AWSパターン別構築・運用ガイド』学ぶ

自己紹介
吉政創成株式会社 加賀 結衣
主な経歴
金融系システムの運用業務を経て、現在はヘルプデスク系業務の修業中。AWSについて、自ら学び、実践しながら、皆さんのためになるお話しを掲載して参ります。自分の話をするより人の話を聞くのが好きです お仕事…

第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-

こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。このコラムでは、NRIネットコム株式会社の「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」をもとに、私が実際にPCに触りながら学んだことをまとめていきます。
コラム内のページ表記は、この書籍のページを示します(Chはチャプター、Pはページです)。
AWSをこれから触ってみたいと思われている初心者の方に、このコラムが少しでもお役に立てば嬉しいです。

今回は、前回の続きで、EC2を利用した動的サイトの構築を続けます。
「EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)」以降に進む前に、前回行った作業の注意ポイント3点をおさらいしておきましょう。前回は、以下の1から7までの手順を実施しました。
WordPressを使ったブログサイトの構築(Ch.3 P.178)

1 ネットワークの構築(Ch.3 P.179)
2 サブネットの作成(Ch.3 P.181)
3 インターネットゲートウェイの作成(Ch.3 P.183)
4 ルートテーブルの作成(Ch.3 P.185)
5 セキュリティグループの作成(Ch.3 P.187)
6 DBサブネットグループの作成(Ch.3 P.190)
7 RDSインスタンスの作成(Ch.3 P.192)
8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)
9 ミドルウェアのインストールとセットアップ(Ch.3 P.199)

☆ポイント1
5の「セキュリティグループの作成(Ch.3 P.187)」では、WordPress用のセキュリティグループとDB用のセキュリティグループを作成し、
インバウンド(内部通信)をそれぞれ以下のように作成しました。

--------------------------------------------------------------------------------
セキュリティグループ名、タイプ、プロトコル、ポート範囲、送信先の順に提示します。
WP-Web-DMZ、SSH、TCP、22、自分のグローバルIP/32
WP-Web-DMZ、HTTP、TCP、80、0.0.0.0/0
WP-DB、MySQL、TCP、3306、WP-Web-DMZのグループID
--------------------------------------------------------------------------------
このWP-DBの内部通信の設定を適切に行うことで、「8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)」でのMySQLでの設定が行えるようになります。
設定値に誤りがないか、しっかり見直しておきましょう。

☆ポイント2
7では「RDSインスタンスの作成(Ch.3 P.192)」を行いました。「RDSインスタンスの作成」の「・本番稼働用?(Ch.3 P.193)」にて「はい」を選択すると、高可用性のマルチAZ配置とプロビジョンドIOPSストレージが使用され、RDS料金表のテーブルをもとに課金が発生しますのでご注意下さい。なお、RDS(Relational Database Service)を使用すると、クラウドで簡単にリレーショナルデータベースを設定、運用、スケールできます。

Amazonの RDS では、データベースエンジンを、Amazon Aurora、Oracle、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MySQL、MariaDB という6つから選択できますが、今回はMySQLを指定しています。

☆ポイント3
「7 RDSインスタンスの作成」の「・DB詳細の指定(Ch.3 P.194)」内にある「表3-1-13 詳細設定(設定)」で入力したマスターユーザのパスワード(MySQLのルートユーザのパスワード)は「8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)」以降で使用します。
事前に心づもりしておきましょう。

ポイントは以上です。それでは、今回は、「8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)」から作業を進めてまいりましょう。

■WordPressを使ったブログサイトの構築(Ch.3 P.178)

8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)
9 ミドルウェアのインストールとセットアップ(Ch.3 P.199)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

AWS/第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「AWS」関連情報をランダムに表示しています。

AWS」関連の製品

Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 【日本オラクル株式会社】 Arcserveのクラウドバックアップ、6つの条件下で徹底検証 【arcserve Japan】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】
IaaS/PaaS バックアップツール WAF
Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた Arcserveのクラウドバックアップ、6つの条件下で徹底検証 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止

AWS」関連の特集


サーバの負荷分散やオフロード処理など様々な機能によってアプリケーションを最適な形で送り届けることが可…



自社独自のダイレクトチャネル確立の要望増加などに伴い、年々拡大しているEC市場。話題のO2O対策にも…



昨今のユーザ企業では「どうしても自社でIT資産を保有しなければならない」という場面が減ってきている。…


AWS」関連のセミナー

はじめてのAWSを失敗させない、移行/運用/監視のポイントとは? 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン/サイオステクノロジー】 注目 

開催日 3月1日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

移行から運用そして監視まで、AWSを確実に軌道にのせるまでのポイントを分かりやすく解説するセミナーです。AWS導入にあたり誰もが抱える不安や疑問、「自分達だけで…

はじめてのAWSを失敗させない、移行/運用/監視のポイントとは? 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン/サイオステクノロジー】 注目 

開催日 2月22日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

移行から運用そして監視まで、AWSを確実に軌道にのせるまでのポイントを分かりやすく解説するセミナーです。AWS導入にあたり誰もが抱える不安や疑問、「自分達だけで…

Google Cloud Platform セミナー 【クラウドエース】 締切間近 

開催日 2月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

 2016年11月8日、Google Cloud Platformの東京リージョンの開設が発表されました!東京リージョンの開設により、GCPはさらに進化を遂げま…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

AWS/ 第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「AWS/ 第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008830


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ