第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/04/01

『AWSパターン別構築・運用ガイド』学ぶ

自己紹介
吉政創成株式会社 加賀 結衣
主な経歴
金融系システムの運用業務を経て、現在はヘルプデスク系業務の修業中。AWSについて、自ら学び、実践しながら、皆さんのためになるお話しを掲載して参ります。自分の話をするより人の話を聞くのが好きです お仕事…

第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-

こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。このコラムでは、NRIネットコム株式会社の「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」をもとに、私が実際にPCに触りながら学んだことをまとめていきます。
コラム内のページ表記は、この書籍のページを示します(Chはチャプター、Pはページです)。
AWSをこれから触ってみたいと思われている初心者の方に、このコラムが少しでもお役に立てば嬉しいです。

今回は、前回の続きで、EC2を利用した動的サイトの構築を続けます。
「EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)」以降に進む前に、前回行った作業の注意ポイント3点をおさらいしておきましょう。前回は、以下の1から7までの手順を実施しました。
WordPressを使ったブログサイトの構築(Ch.3 P.178)

1 ネットワークの構築(Ch.3 P.179)
2 サブネットの作成(Ch.3 P.181)
3 インターネットゲートウェイの作成(Ch.3 P.183)
4 ルートテーブルの作成(Ch.3 P.185)
5 セキュリティグループの作成(Ch.3 P.187)
6 DBサブネットグループの作成(Ch.3 P.190)
7 RDSインスタンスの作成(Ch.3 P.192)
8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)
9 ミドルウェアのインストールとセットアップ(Ch.3 P.199)

☆ポイント1
5の「セキュリティグループの作成(Ch.3 P.187)」では、WordPress用のセキュリティグループとDB用のセキュリティグループを作成し、
インバウンド(内部通信)をそれぞれ以下のように作成しました。

--------------------------------------------------------------------------------
セキュリティグループ名、タイプ、プロトコル、ポート範囲、送信先の順に提示します。
WP-Web-DMZ、SSH、TCP、22、自分のグローバルIP/32
WP-Web-DMZ、HTTP、TCP、80、0.0.0.0/0
WP-DB、MySQL、TCP、3306、WP-Web-DMZのグループID
--------------------------------------------------------------------------------
このWP-DBの内部通信の設定を適切に行うことで、「8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)」でのMySQLでの設定が行えるようになります。
設定値に誤りがないか、しっかり見直しておきましょう。

☆ポイント2
7では「RDSインスタンスの作成(Ch.3 P.192)」を行いました。「RDSインスタンスの作成」の「・本番稼働用?(Ch.3 P.193)」にて「はい」を選択すると、高可用性のマルチAZ配置とプロビジョンドIOPSストレージが使用され、RDS料金表のテーブルをもとに課金が発生しますのでご注意下さい。なお、RDS(Relational Database Service)を使用すると、クラウドで簡単にリレーショナルデータベースを設定、運用、スケールできます。

Amazonの RDS では、データベースエンジンを、Amazon Aurora、Oracle、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MySQL、MariaDB という6つから選択できますが、今回はMySQLを指定しています。

☆ポイント3
「7 RDSインスタンスの作成」の「・DB詳細の指定(Ch.3 P.194)」内にある「表3-1-13 詳細設定(設定)」で入力したマスターユーザのパスワード(MySQLのルートユーザのパスワード)は「8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)」以降で使用します。
事前に心づもりしておきましょう。

ポイントは以上です。それでは、今回は、「8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)」から作業を進めてまいりましょう。

■WordPressを使ったブログサイトの構築(Ch.3 P.178)

8 EC2インスタンスの起動(Ch.3 P.197)
9 ミドルウェアのインストールとセットアップ(Ch.3 P.199)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

AWS/第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「AWS」関連情報をランダムに表示しています。

AWS」関連の製品

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
統合ログ管理 バックアップツール IP-VPN
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

AWS」関連の特集


 ヴイエムウェアの進藤資訓氏は「VMware NSXと仮想ネットワークの未来」と題する講演を通じて、…



NASやSANストレージどちらのプロトコルにも対応できる「ユニファイドストレージ」。様々な場面で利用…



クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス」を本格活用するのはハードルが高いと考えている企業も少な…


AWS」関連のセミナー

デュプロセキュリティセミナー 【デュプロ販売】  

開催日 3月15日(水)   開催地 静岡県   参加費 無料

第1部(14:00〜14:50) 年末度に増加するセキュリティの事故。その対策には多層防御が必須です。「セキュリティ対策のベストプラン」 ■近年の標的型攻撃の動…

AWSから始める「Linux入門」 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 3月21日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Amazon Web Services(AWS)をはじめとしたパブリッククラウドサービスは、ハードウェア導入、サーバやストレージ、ネットワークの仮想化基盤構築、…

実演!Amazon Web Services 活用による企業情報基盤の構築 【NECネクサソリューションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 締切間近 

開催日 2月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

IT基盤のクラウド化をご検討の皆さまへ!Amazon Web Services(AWS)で構築する企業情報基盤をデモでご紹介。具体的な活用イメージがつかめる、情…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

AWS/ 第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「AWS/ 第5回 EC2を利用した動的サイトを構築しよう!-2-」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008830


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ