名刺管理ツール活用を阻む“2つの関門”を突破する運用方法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


名刺管理ツール活用を阻む“2つの関門”を突破する運用方法

情報システム 2016/05/31

 名刺管理ツールは、名刺の束を“人脈の宝庫”に変えて事業活動に活用するためのものです。しかし理屈では分かっていても、上手に運用するイメージがうまくつかめないという人もいるでしょう。名刺をため込んでしまい、うまく営業活動に活用できていない会社においては、2つの関門があります。

 1つ目は「各担当が溜め込んだ名刺の束のデータ化」。2つ目は「データ化した名刺情報の日常業務での活用」です。この2つの関門をクリアすることで名刺管理ツールは最大活用できるはずです。今回はこれらの関門をクリアするための上手な運用方法を紹介します。

名刺の束を2系統で処理していくフロー

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

名刺管理/名刺管理ツール活用を阻む“2つの関門”を突破する運用方法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「名刺管理」関連情報をランダムに表示しています。

名刺管理」関連の特集


ビジネスパーソンに必須の名刺。その保管や活用方法は昔から悩みの種…。重い名刺ファイルを営業に持参して…



 皆さん、ビジネスにスマホを使われていますか? 今後、企業はスマホやタブレットを社員に積極活用させて…



「営業支援システム(SFA)は、営業支援の機能だけを比較して選定すると失敗しやすい」という。では、何…


「CRM」関連の製品

コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】 サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? 【日本ライフレイ】
CRM CRM CRM
電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには?

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

名刺管理/ 名刺管理ツール活用を阻む“2つの関門”を突破する運用方法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「名刺管理/ 名刺管理ツール活用を阻む“2つの関門”を突破する運用方法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008814


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ