“人脈の管理”で何をする?名刺管理ツールで解決できる課題とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


“人脈の管理”で何をする?名刺管理ツールで解決できる課題とは

情報システム 2016/04/26

 テレビCMにあったようなシーンですが、商談にこぎ着けたい見込客にアプローチできずに悩んでいたら、実は部下の知り合いだったという“情報共有”ができていない状況。このような企業を、笑うことができるでしょうか?

 人脈の情報共有ができていない企業はたくさんあります。部下が見込客と名刺交換をしても、そのまま名刺ホルダーにしまわれてしまうでしょう。上司は部下の名刺ホルダーの中を知りませんし、部下も上司の知りたい人脈情報が分からない。実は、会社のどこかに“人脈の宝物”が眠っているかもしれないのに、「アプローチできなかった。あーあ…」で終っていませんか?

 名刺管理ツールはそのような課題を解決します。

より商談確度の高い顧客に絞ってアプローチも!「売上アップ」に活用できる

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

名刺管理/“人脈の管理”で何をする?名刺管理ツールで解決できる課題とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「名刺管理」関連情報をランダムに表示しています。

名刺管理」関連の製品

大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術 【サンブリッジ】 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る? 【サンブリッジ】 SaaS型 労務管理システム 「Daim(大夢)」 【ソフトバンク コマース&サービス】
SFA SFA 勤怠管理システム
大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る? 勤怠から給与振込までワンストップのオールインワン労務管理。さまざまな条件における給与計算機能を搭載。サーバも不要で、インターネット環境があればすぐに利用できる。

名刺管理」関連の特集


iPadやAndroid搭載端末など、続々と新機種が投入されているメディアタブレット。新たにWind…



名刺管理ツールも多種多様、どのツールが自社に最適なのか。そんな悩みに、ツール選定時に注目したい細かな…



 2004年に弊社の統合システムを導入したC社は、導入以前は、システムやフォーマットが分散しており、…


名刺管理」関連のセミナー

名刺管理、チャット、CTI導入で変わる「働き方改革」セミナー 【主催:ハンモック/四電ビジネス 共催:ChatWork/シンカ】 締切間近 

開催日 8月25日(金)   開催地 香川県   参加費 無料

営業支援ツールを導入したけどもコストに対して成果が出ていない・・。と感じられたことはございませんか?名刺管理、営業支援ツール「HotProfile」の開発元ハン…

名刺管理、チャット、CTI導入で変わる「働き方改革」セミナー 【主催:ハンモック/四電ビジネス 共催:ChatWork/シンカ】 締切間近 

開催日 8月24日(木)   開催地 愛媛県   参加費 無料

営業支援ツールを導入したけどもコストに対して成果が出ていない・・。と感じられたことはございませんか?名刺管理、営業支援ツール「HotProfile」の開発元ハン…

名刺管理、チャット、CTI導入で変わる「働き方改革」セミナー 【主催:ハンモック/四電ビジネス/共催:ChatWork/シンカ】 締切間近 

開催日 8月23日(水)   開催地 広島県   参加費 無料

営業支援ツールを導入したけどもコストに対して成果が出ていない・・。と感じられたことはございませんか?名刺管理、営業支援ツール「HotProfile」の開発元ハン…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

名刺管理/ “人脈の管理”で何をする?名刺管理ツールで解決できる課題とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「名刺管理/ “人脈の管理”で何をする?名刺管理ツールで解決できる課題とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008806


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ