どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方

情報システム 2016/03/31

 顧客と良好な関係を結ぶための考え方であり、それを実現するシステムであるCRM。しかしCRMの重要性が分かっても、今度は「どの企業の、どのシステムを選べばいいのか?」という悩みが浮上してくるのではないでしょうか。

 CRMとひと口にいっても、あなたの会社の業界や規模によってCRMを利用する目的や現在抱えている課題も随分変わってきますし、それにより自社に合った適切なシステムも異なります。またオンプレミス(自社設置)型にするかクラウド型にするか、そしてもちろんコストと機能のバランスも重要な検討事項です。

 今回は、CRMを選ぶ際に注意したいポイントをいくつか説明したいと思います。

従業員の声をよく聞き、CRM導入の“目的”をはっきりさせる

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

CRM/どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 eセールスマネージャーRemix Cloud 【ソフトブレーン】 MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】
CRM SFA BI
セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 営業現場での使いやすさを一番に考えて設計された国産CRM/SFA。柔軟な設定変更が可能なため、常に自社の営業プロセスにフィットした環境を構築できる。 強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション

CRM」関連の特集


2014年12月末時点で、前年比57%増の同市場。今後も市場拡大が予想される中、75.3%の占有率を…



最近よく目にする「リッチクライアント」技術。巷では第2次普及期などとも言われ、企業での導入が進んでい…



今後多様なアプリケーションと連携することで市場が拡大していくと見込まれている「電子帳票(SaaS)」…


CRM」関連のセミナー

業界でみるマーケティングオートメーション活用セミナー 【toBeマーケティング】 締切間近 

開催日 6月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

マーケティングオートメーションとは、「マーケティングの各プロセス」におけるアクションを的確に自動化・仕組み化するためのプラットフォームです。自社のWebサイトを…

EC/通販の未来を考える:通販700憶円までの成功の軌跡 【DMGコンサルティング】  

開催日 6月26日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 1万円(税込)

通販700億円までの軌跡をみなさまへおとどけします。2月よりスタートした柿尾正之DMG顧問の新シリーズ「EC/通販の未来を考える」 は、毎回ゲスト講師をお招きし…

Visual Mining Studioデータマイニング体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 6月13日(水),7月12日(木),8月24日(金),9月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

今や顧客購買行動やCRMに欠かせなくなったデータマイニング。Visual Mining Studioの操作を通して、データマイニングの基本を体験していただきます…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CRM/ どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CRM/ どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008798


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ