どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方

情報システム 2016/03/31

 顧客と良好な関係を結ぶための考え方であり、それを実現するシステムであるCRM。しかしCRMの重要性が分かっても、今度は「どの企業の、どのシステムを選べばいいのか?」という悩みが浮上してくるのではないでしょうか。

 CRMとひと口にいっても、あなたの会社の業界や規模によってCRMを利用する目的や現在抱えている課題も随分変わってきますし、それにより自社に合った適切なシステムも異なります。またオンプレミス(自社設置)型にするかクラウド型にするか、そしてもちろんコストと機能のバランスも重要な検討事項です。

 今回は、CRMを選ぶ際に注意したいポイントをいくつか説明したいと思います。

従業員の声をよく聞き、CRM導入の“目的”をはっきりさせる

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

CRM/どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

CRM」関連の製品

「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーション Knowledge Suite 【ナレッジスイート】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
CRM SFA コールセンター/CTI
展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザー数無制限、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイス対応。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

CRM」関連の特集


最近よく目にする「リッチクライアント」技術。巷では第2次普及期などとも言われ、企業での導入が進んでい…



日本企業の海外シフトが進む中、基幹システムとなるERPも海外展開を意識した選択が必要に。そこで注意し…



IoTでビジネスをどう変えるか。現在のビジネス課題を解決するための方法や、まだ見えぬ本質的な課題を明…


CRM」関連のセミナー

Visual Mining Studio データマイニング入門セミナー in 大阪 【NTTデータ数理システム】  

開催日 12月6日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

今や顧客購買行動やCRMに欠かせなくなったデータマイニング。Visual Mining Studioの操作を通して、データマイニングの基本を体験していただきます…

CRM Insight体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 10月3日(火),12月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

CRM Insightは、ブラウザ上で動作する手軽なCRM分析システムです。POSデータや会員データをサーバー上においておけば、クライアント側ではブラウザを起動…

クラウドを活用したコンタクトセンター運営のポイント 【楽天コミュニケーションズ/ラクス】 締切間近 

開催日 10月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

コンタクトセンター/ヘルプデスクの顧客対応品質の向上や生産性の改善にあたり、様々なサービスが出回っています。自社にあったシステムを選ぶポイントや活用方法、実際の…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CRM/ どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CRM/ どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008798


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ