どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方

情報システム 2016/03/31

 顧客と良好な関係を結ぶための考え方であり、それを実現するシステムであるCRM。しかしCRMの重要性が分かっても、今度は「どの企業の、どのシステムを選べばいいのか?」という悩みが浮上してくるのではないでしょうか。

 CRMとひと口にいっても、あなたの会社の業界や規模によってCRMを利用する目的や現在抱えている課題も随分変わってきますし、それにより自社に合った適切なシステムも異なります。またオンプレミス(自社設置)型にするかクラウド型にするか、そしてもちろんコストと機能のバランスも重要な検討事項です。

 今回は、CRMを選ぶ際に注意したいポイントをいくつか説明したいと思います。

従業員の声をよく聞き、CRM導入の“目的”をはっきりさせる

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

CRM/どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

CRM」関連の製品

SNS統合型サイネージソリューション BILLBOARD 【テックリンク】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 中堅・中小企業向けERP SAP Business One 【SAPジャパン】
社内SNS CRM ERP
SNSと連動したディスプレイ表示が行えるデジタルサイネージソリューション。ソーシャルメディアを通じた口コミ戦略やイベントの企画が容易に行える。 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 会計管理から、顧客管理、購買管理、サービス、生産管理、プロジェクト管理まで、主要な業務プロセスの合理化・効率化を低価格かつ簡単な操作で実現できるクラウド型ERP。

CRM」関連の特集


444人のオフィスワーカーを対象にExcelへの不満点や置き換えたツールに関して調査した結果をお知ら…



1台で、メールも電話もネットもできる!?マルチなツールとしても、業務端末にも使える最新PDA/スマー…



ビジネスチャットツールは外部アプリケーションと連携できるものとそうでないものの2つに分けられます。こ…


CRM」関連のセミナー

現場のデータに活力を!簡単・手軽連携でオシゴトをパワーアップ 【インフォテリア】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

【東京・大阪で好評のセミナーを名古屋で追加開催!】Excel、SharePoint、Dynamics CRM、Google Apps、Salesforce・・・…

販売在庫管理システム「楽商」定期導入相談会(毎週木曜日開催) 【日本システムテクノロジー】  

開催日 2月9日(木),2月16日(木),2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー 概要】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−中堅中小企業の方向け個別無料相談会です。お客様の疑問や要件をじっくりお伺いし、お客様…

CRMだけじゃない、「Salesforce」による開発とは? 【主催:オープンソース活用研究所/協力:日本システムデザイン/ムロドー/ヴァイタル・インフォメーション】  

開催日 3月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【CRMだけじゃない、Salesforceの機能】Salesforceは、クラウド型ビジネスアプリケーション・プラットフォームです。「Sales Cloud」と…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CRM/ どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CRM/ どの製品を“どんな視点で”選べばいい?「CRM」の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008798


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ