水田?トマト?自然と共生するオフィス

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


内山信二のオフィス訪問記
CROOZ

東京駅八重洲北口からすぐ。呉服橋交差点。裏手には日本橋川が流れている。ガラス張りの高層ビルが続々と誕生する大オフィス街の真ん中に、緑に覆われた一風変わったビルがある。それが「パソナグループ本部」ビルだ。総合人材サービスの大手、株式会社パソナグループの拠点である。

 オフィスのテーマは「アーバンファーム」。2010年、「自然との共生」をコンセプトに農業支援、従業員の健康増進、環境/エコをキーワードに誕生した。壁面緑化だけなら見かけるが、同社はそれだけにとどまらないのが特徴だ。何しろビル内に水田や畑まで持っているのである。前編は驚くほど緑あふれるオフィスの見どころを紹介していこう。

9階建てのパソナグループ本部。壁面にはバラが多く配されており、5月にはバラの花が咲いて多くの人が足を止めてくれるという。ビル自体は築50年ほどのものをリノベーション。緑のカーテンで年間約7トンのCO2を削減するなど環境に気を配っている。

メインエントランスにも緑が溢れ、裏手の川から鳥が飛んできて実をついばんでいた。

エントランスを入ると…いきなり水田!?もう1度確認するが、ここは東京駅前のオフィスビルだ。ここはパソナグループの「パソナ農援隊」によって管理されている。パソナグループが行う“農業に携わりたい方”の支援のひとつだ。農援隊はチャレンジファームや農業ビジネススクールなど農業に挑戦するプログラムを提供している。

この角度から見ると本当にエントランスに水田があり、その脇で打ち合わせが行われているのが分かる。実った稲穂をみながらの打ち合わせだ。1階、2階の打ち合わせスペースは、一般見学も可能だ。

いい感じに実った稲穂。来週収穫するそうだ。東北復興支援ということで、青森の「青天の霹靂」という新ブランド米を育てている。この場所を農業についての人材育成や、植物工場について発信していく中心地としても位置づけているそうだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

内山信二/水田?トマト?自然と共生するオフィス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「内山信二」関連情報をランダムに表示しています。

内山信二」関連の特集


社長と直接対面! そしてITmedia ニュース太田智美さんが「内山くんとなんかやりたい!」と企画を…



会社の経営理念や価値観を社員が身近に感じられるよう、あらゆる側面で世界観を統一しているVOYAGE …



日本を代表するネット関連会社、GMOインターネット。今回はそのGMO Yoursを中心に同社の働き方…


このページの先頭へ

内山信二/水田?トマト?自然と共生するオフィス」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内山信二/水田?トマト?自然と共生するオフィス」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008790



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ