営業数字にも影響が?部下のモチベーションを上げる方法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


営業数字にも影響が?部下のモチベーションを上げる方法

情報システム 2016/05/23

 チームが強い営業組織となり、企業の売上に責任をもって貢献するためには、営業担当者の成長は必須です。本連載では営業担当者が持つべきスキルや姿勢、テクニックなどを“営業力アップの極意”と称して紹介していきます。(本記事は株式会社システムズナカシマ「強い営業育成講座」に掲載された記事を一部転載したものです)

 部下のモチベーションを管理することは、上司にとって重要な仕事の1つです。部下のモチベーションは、上司のちょっとした言動によって下がったり上がったりしてしまうため、気持ちをコントロールすることに難しさを感じる人も多くいるはず。ここでは、部下のモチベーションを上げるための基本的な方法をご紹介します。

モチベーション維持がカギとなる「営業」の仕事

 数ある職種の中でも、特にモチベーションの影響度が高いのが「営業」であり、モチベーションが高いか低いかで、その月の受注数をも左右します。部下育てがうまいと言われているような人でも、部下のやる気を引き出すために日々奮闘していることでしょう。状況や環境、気分によって臨機応変にモチベーションを保たせる方法を変化させてあげなくてはなりません。また、相手によって厳しく接したり褒めてあげたりして、モチベーションを維持する方法を使い分ける必要があります。

モチベーションだけ高くても、結果が出なければ意味が無い

 部下のモチベーションが高ければ、アドバイスをした時の吸収率が上がったり、部下自身で考えて行動してくれたりする可能性も高くなります。

 しかしモチベーションをせっかく高くしても、結果がついてこなければ意味がありません。結果がついてこなければ、いずれモチベーションは下がってしまい、悪循環に陥ってしまいます。そのため、モチベーションを高く維持し、きちんと結果が出せるように導いてあげなければなりません。

 モチベーションが高くても結果がついてこない人の特徴には下記のような点が見られますので、注意して下さい。
 
●数値化された目標がない
●会社の方針や会社のことを分かっていない
●周りの同僚のモチベーションが低く、仕事に対する情熱がない

結果が出せるモチベーションの上げ方のポイント

 それでは、結果が出せるモチベーションの上げ方とはどのようなものなのでしょうか。成果が上がることで達成感を感じ、モチベーションが高まるという、良い循環を作り上げることが重要です。下記のような点に気をつけると、結果を出しながらモチベーションも維持できるはずです。
 
●部下の意見に耳を傾け、内容によってはきちんと取り入れる
●便利なツールなどを使い営業以外の仕事を簡素化させて、営業に集中できるようにする
●自社の業界に関する情報を共有して、刺激を与える

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

部下とコミュニケーションをとれる場を作ろう

 部下のモチベーションを上げるためには、コミュニケーションが取れる場を作ってあげることが非常に重要です。

 例えばランチに行ったり飲みに行ったりして、部下が抱えている悩みを聞き出してあげましょう。その際に部下の心に響くような言葉をかけてあげるのも効果的です。日ごろ頑張ってくれている姿勢を評価したりして、モチベーションを上げてあげるのも1つの手。また、部下がある程度経験を積んできたら、相手を信じて大きな仕事を任せてあげたり、部下が不注意でミスをしたとしても上司として責任をとるといった、上司としての背中を見せてあげるのも良いのではないでしょうか。

 上司にとって部下のモチベーション管理は大変ですが非常にやりがいのある仕事です。信頼される上司、モチベーションの高い上司になることが、部下のモチベーションを保つポイントでもありますので、自分自身も楽しみながら部下の気持ちを上げてみましょう。

筆者(企業)プロフィール

株式会社システムズナカシマ専務取締役 橋本 幸夫
主な経歴:昭和52年関西学院大学商学部卒業後、ナカシマプロペラへ入社。国内造船所向け営業を担当。昭和60年システムズナカシマ設立と同時に出向、創業メンバーとして自社開発のCADの販売に従事。平成10年NICE営業物語の外販を開始。平成16年には日本マイクロソフトと共同で、建築設備業を対象とした「全国設備業IT推進会」を設立し、理事に就任。現在4万8千社の会員を擁している。また、平成24年より「営業スタイル研究会」を立ち上げ、営業職の異業種交流を目的にセミナーを定期開催。平成20年より現職。昭和29年生まれ。
自社ホームページで連載中の「強い営業育成講座」でも、随時執筆を担当している。

提供製品・サービス

NICE営業物語
Webブラウザやスマートフォンへの対応により、営業日報の入力作業を容易にするとともに、蓄積された営業データをもとにした様々な集計機能を提供する営業支援システム。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

モチベーション/営業数字にも影響が?部下のモチベーションを上げる方法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モチベーション」関連情報をランダムに表示しています。

モチベーション」関連の特集


これまで専用機器が必要だった肌の状態測定をスマホで手軽に行えるようにする「お肌測定基盤サービス」を紹…



小学生向けのプログラミング教室を手がけるスタートアップ企業。3年間で生徒数が10倍にも増加したスピー…



就職情報などでの募集職種で、一番多いのは「営業職」ではないでしょうか。応募する絶対人数が多いのもあり…


「SFA」関連の製品

成長型営業支援クラウドサービスとは? 【ジャストシステム】 GEOCRM.com 【ナレッジスイート】 クラウド営業支援サービス 「JUST.SFA」 【ジャストシステム】
SFA SFA SFA
コストをかけることなく自由にカスタマイズでき、営業効率を上げるシステムを柔軟に作ることが可能な“営業のためのSFA”。 企業情報や訪問記録を地図に紐付けて見込み顧客を育成・管理・活用できるフィールドセールスに最適な顧客管理サービス。 営業も使いやすさに納得できるSFAが登場!その画期的な機能は…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モチベーション/ 営業数字にも影響が?部下のモチベーションを上げる方法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モチベーション/ 営業数字にも影響が?部下のモチベーションを上げる方法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008777


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ