デキる営業マンはここが違う!“スケジュール管理”のポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デキる営業マンはここが違う!“スケジュール管理”のポイント

情報システム 2016/04/04

 チームが強い営業組織となり、企業の売上に責任をもって貢献するためには、営業担当者の成長は必須です。本連載では営業担当者が持つべきスキルや姿勢、テクニックなどを“営業力アップの極意”と称して紹介していきます。(本記事は株式会社システムズナカシマ「強い営業育成講座」に掲載された記事を一部転載したものです)

 営業マンは基本的に1人で行動するため、一旦外に出てしまうと上司や同僚には何をしているのかが分からないということが少なくないでしょう。

 しかし、スケジュール管理がうまくできれば、業績アップも期待できます。今回は営業マン1人ひとりのスケジュール管理をしっかりすることでどのように業績アップにつながっていくのか、またどのようなスケジュール管理がベストなのかを説明していきます。

把握しにくい営業のスケジュール

 営業には成績の上がる営業マンと上がらない営業マンがいますが、業績を上げるためには、各営業マンのスキルを底上げすることが必要になってきます。そして、そのために上司は、営業マンが今何をしているのかを把握しなければなりません。

 成績の上がる営業は動きに無駄のない場合が多く、効率的な仕事をしているので、成績の上がらない営業に成績の上がる営業のスケジューリングを真似させます。把握しにくい営業の行動、軌道修正がしにくい営業のスキルを、スケジュールを管理することで、ある程度コントロールできるのです。

スケジュール管理が下手な人が陥りやすい間違い

 スケジュールの管理が下手な営業の特徴があります。
●時間に余裕のないスケジュールを組む
●役割分担ができていないスケジュールを組む(何でも自分独りでやろうとしている)
●スケジュールに細かいことを記入しない、または細かすぎて書いた内容を忘れる
●スケジュール帳が汚い 

 このようなスケジュール管理をしていると、どんどん負のスパイラルにハマっていきやすいので、早い段階での軌道修正が求められます。

スケジュール管理は営業の大切な仕事の1つ

 営業マンはお客様や社内の人とのやりとりが必要な仕事なので、自分だけではなく他の人 と予定を合わせなければならないシーンが多くあります。そのような中でも、打ち合わせなどの日程を決める際には「○日なら大丈夫です」とすぐに答えられるようにしておきたいもの。そのため、営業マンにとってスケジュール管理はとても重要なのです。
 
 また、営業活動においてやらなければならない仕事はたくさんあります。1人で全部をやろうとするとスケジュールに余裕がなくなってしまいますし、何よりも非効率的です。何でも自分で考えてやらなくてはいけないと思わずに、周りに助けを求めることが大切です。営業マンは外出が多いため、他の社員から見ると、いつ何をしているのか、忙しいのかどうかなどが分からないということがあります。しかしスケジュールを周知することで、どんな状況にあるかを知ってもらうことができ、業務連携もスムーズに進むことでしょう。
 
 スケジュール管理は話術や交渉術などと違って、比較的簡単に変えられるものです。もし、成績が伸び悩んでいる営業マンがいたら、スケジュール管理の仕方を変えるように指示するのもひとつの方法です。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

短期間でデキる営業マンへの道が開くには……

 どのように営業マンにスケジュール管理を徹底させるかという問題があります。スケジュール管理にもいろいろな方法がありますが、全営業マン共通で使えるシステムを導入するのがベストでしょう。

 自分たちの会社で仕組みやシステムを作るのも良いですが、技術や営業について分かっている人がいないと、効果の出るスケジュール管理システムにはならないでしょう。そこでおすすめしたいのが、営業支援システム「NICE営業物語」の導入です。
 
 NICE営業物語にはメリットがいくつかあります。
●日報の入力は項目を選択するだけなので、簡単に入力できる
●案件の状態をタイムリーに共有できる
●商談レポートを外出先でも作成できる
●操作が簡単
 
 ほかにも、検索をかけて過去の営業履歴を探したり、Googleカレンダーと同期したりなど、営業マンの立場で開発されています。

 手前味噌ですがNICE営業物語を使えば、営業マンのスケジュール管理ができるようになるので、短期間での営業活動を効率化することが期待できます。つまり、短期間でデキる営業マンを育成することができるということです。

 スケジュール管理は営業マンにとって大切な仕事なので、上司もスケジュールについて指導していく必要があります。営業支援システムを導入することで部下の営業活動を可視化し、的確にアドバイスをするようにしましょう。また、営業支援システムは効率的な営業のための仕組みやノウハウ作りにも役立ちますので、「営業の成績にばらつきがある」「スキルの底上げをしたい」「営業のスケジュールを把握したい」などの要望がある場合には、導入を検討してみることをお薦めします。

筆者(企業)プロフィール

株式会社システムズナカシマ専務取締役 橋本 幸夫
主な経歴:昭和52年関西学院大学商学部卒業後、ナカシマプロペラへ入社。国内造船所向け営業を担当。昭和60年システムズナカシマ設立と同時に出向、創業メンバーとして自社開発のCADの販売に従事。平成10年NICE営業物語の外販を開始。平成16年には日本マイクロソフトと共同で、建築設備業を対象とした「全国設備業IT推進会」を設立し、理事に就任。現在4万8千社の会員を擁している。また、平成24年より「営業スタイル研究会」を立ち上げ、営業職の異業種交流を目的にセミナーを定期開催。平成20年より現職。昭和29年生まれ。
自社ホームページで連載中の「強い営業育成講座」でも、随時執筆を担当している。

提供製品・サービス

NICE営業物語
Webブラウザやスマートフォンへの対応により、営業日報の入力作業を容易にするとともに、蓄積された営業データをもとにした様々な集計機能を提供する営業支援システム。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

スケジュール管理/デキる営業マンはここが違う!“スケジュール管理”のポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スケジュール管理」関連情報をランダムに表示しています。

スケジュール管理」関連の製品

サポート終了!desknet's NEOへの乗り換えも新規導入もお得に 【リスモン・ビジネス・ポータル】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 NICE営業物語 【システムズナカシマ】
グループウェア CRM SFA
332万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 Webブラウザやスマートフォンへの対応により、営業日報の入力作業を容易にするとともに、蓄積された営業データをもとにした様々な集計機能を提供する営業支援システム。

スケジュール管理」関連の特集


「売れる営業マンのナレッジ」といっても、その共有は実は困難。今回は、優れた営業マンが日々培っている豊…



情報共有や業務効率化を促進する「グループウェア」。その概要をアニメでサクッと解説します!どれだけ便利…



仮想化環境やクラウド環境など、ますます複雑化する企業システム。情報システム部門の人員削減も受け、簡単…


スケジュール管理」関連のセミナー

Microsoft Project無料セミナー 【主催:ウッドロー・ビジネス・コンサルティング 共催:ソフトバンク コマース&サービス】 締切間近 

開催日 11月8日(火),12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Microsoft Projectを知ろう!Projectを使って効率的にスケジュール作成〜 Microsoft Project の概要と可能性について、デモを…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スケジュール管理/ デキる営業マンはここが違う!“スケジュール管理”のポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スケジュール管理/ デキる営業マンはここが違う!“スケジュール管理”のポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008771


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ