【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/03/11

年金機構の事件に学ぶ効果的なインシデント対応

自己紹介
シーティーシー・テクノロジー株式会社 川崎 一人
主な経歴
SIベンダーにて、インフラ設計・構築や新規ネットワークソリューション開発に従事。その後、CTCテクノロジーにてITエンジニア向け研修サービスのインストラクターを担当。PaloAlto Networks…

【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応

2015年5月、日本年金機構において大規模な情報流出事件が発生しました。この事件では約125万件(対象者は約101万人)という大量の個人情報が流出しましたが、その理由の1つとして、年金機構が実施したインシデント対応の不備が指摘されています。

今回のコラムでは、この事件におけるインシデント対応の問題点や被害が拡大した要因について紹介します。


1

年金機構のインシデント対応の問題点

本事件の経緯と年金機構が実施したインシデント対応の内容は次の通りです。(図2参照)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

標的型攻撃対策/【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃対策」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃対策」関連の製品

標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは? 【クオリティア】 標的型攻撃対策・メール無害化ソリューション 【サイバーソリューションズ】
ID管理 メールセキュリティ メールセキュリティ
標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは? 標的型攻撃を阻止する新たな手法「インターネット分離」と「メールの無害化」。
セキュリティリスクを最小限に抑え、業務効率を損なわないメール無害化ソリューション。

標的型攻撃対策」関連の特集


多岐にわたるネットワークセキュリティ機能を1台に集約したUTM。今回はキーマンズネット会員様を対象に…



標的型攻撃の対策には多層防御と言われるが、限りある予算に悩むセキュリティ担当者は多い。有効な手段とは…



頑張れ情シス! 4割の企業でセキュリティ専門部署もなければ専任者もおらず、情シスがセキュリティ対策し…


標的型攻撃対策」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「WannaCry」をはじめとするランサムウェアを用いた標的型攻撃や、内部不正に起因する情報漏洩など、IT環境を取り巻く脅威が社会問題となっています。これらの脅…

導入事例から見るDeception(騙し)テクノロジーの有効性とは 【マクニカネットワークス】  

開催日 9月4日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃の手法が多様化、高度化し、セキュリティ製品をすり抜ける攻撃が発生するなど、標的型攻撃対策は、攻撃者とのいたちごっことなっています。この状況を根本的に変…

ランサムウェア対策・標的型攻撃対策セミナー 【ウォッチガード・テクノロジージャパン】  

開催日 7月14日(金),8月10日(木),9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

6月27日より、Petya 2.0(一部の研究者によってNotPetyaとしても知られています)という悪質なランサムウェア亜種が世界中に拡大し、多くの組織で多大…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

標的型攻撃対策/ 【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「標的型攻撃対策/ 【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008767


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ