【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/03/11

年金機構の事件に学ぶ効果的なインシデント対応

自己紹介
シーティーシー・テクノロジー株式会社 川崎 一人
主な経歴
SIベンダーにて、インフラ設計・構築や新規ネットワークソリューション開発に従事。その後、CTCテクノロジーにてITエンジニア向け研修サービスのインストラクターを担当。PaloAlto Networks…

【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応

2015年5月、日本年金機構において大規模な情報流出事件が発生しました。この事件では約125万件(対象者は約101万人)という大量の個人情報が流出しましたが、その理由の1つとして、年金機構が実施したインシデント対応の不備が指摘されています。

今回のコラムでは、この事件におけるインシデント対応の問題点や被害が拡大した要因について紹介します。


1

年金機構のインシデント対応の問題点

本事件の経緯と年金機構が実施したインシデント対応の内容は次の通りです。(図2参照)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

標的型攻撃対策/【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃対策」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃対策」関連の製品

クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】 標的型攻撃対策・メール無害化ソリューション 【サイバーソリューションズ】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】
VDI メールセキュリティ 検疫
あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。 標的型攻撃を阻止する新たな手法「インターネット分離」と「メールの無害化」。
セキュリティリスクを最小限に抑え、業務効率を損なわないメール無害化ソリューション。
遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態

標的型攻撃対策」関連の特集


 最終回となる今回は、サイバー攻撃とSNSの関係について考察する。「SNS」と「サイバー攻撃」・・こ…



経済産業省の中小企業IT経営力ポータルによると、IT投資マインドランキングでは、日本は調査対象国の中…



 Centrify(セントリファイ)の佐藤と申します。 みなさまはCentrifyという会社をご存じ…


標的型攻撃対策」関連のセミナー

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

〜導入検討中のユーザー様向け〜標的型攻撃対策紹介セミナー 【サイバーソリューションズ】  

開催日 1月27日(金),2月24日(金),3月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、標的型攻撃の脅威は対岸の火事では無くなりつつあります。日本を代表する機関・企業が万全の対策を行っていたにも関わらず、メールの標的型攻撃により、数百万人規模…

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 4月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

標的型攻撃対策/ 【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「標的型攻撃対策/ 【第2回】問題ばかり?年金機構のインシデント対応」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008767


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ