この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/03/14

「失敗しないEAI選び」の基礎

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

【第3回】データ連携ツールの特徴

さて、最近では、EAIWebアプリケーション、SOA、クラウドなどの技術の進歩を受けて、それらの課題点を克服するアイテムとしてデータ連携に特化したツールの開発が活発化してきています。

 

データ連携ツールの強みは、連携すべきデータを一元管理できるだけでなく、様々なフォーマットやアプリケーション間のデータを自在につなぐことができるという点にありますが、そのほかにも、プログラミングレスに利用できる、標準でクラウド対応している、ビッグデータ対応可能などの特色があります。

 

コーディング不要、ユーザ主体で開発工程が進められることも多くのメリットをもたらしてくれるでしょう。今回はそんなデータ連携ツールの魅力についてご紹介します。


1

コーディングを必要とせずにUI上でのつなぎこみができる

前述したとおり、データ連携ツールの多くはコーディングが不要となるため、プログラミングの手間やプログラマの人件費などのコスト削減の効果が見込めます。
コーディングが不要であるため、技術的難度が低く、エンジニアでなくとも開発が可能となります。そのため、従来の技術者主体ではなくユーザ主体で開発が進められるため、よりビジネス要件に合わせた、スピーディでタイムリーなデータ連携を実装することが可能になることも大きな魅力の1つといえるでしょう。  


2

リアルタイムでの連携が可能

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

EAI/【第3回】データ連携ツールの特徴」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 業務プロセスや実施状況を見える化 「DataSpider BPM」 【セゾン情報システムズ】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】
EAI BPM EAI
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール 業務全体の流れをモデル化し、管理・改善するためのBPMソフトウェア。対象業務のPDCAを繰り返すことで、効率性を評価し業務プロセスを改善。 企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。

EAI」関連の特集


アプリケーションやデータのポータビリティ性能が飛躍的に向上する中、マルチクラウド環境でのシステム構築…



SOAを実現する基盤としても注目されており今後も安定的な成長が予測される「Webアプリケーションサー…



前編では抽象的で分かりにくいとされるSOAの概念を整理しましたが、後編では実際に導入するには何をすべ…


EAI」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 6月20日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

ハンズオンで学ぶはじめてのデータ変換 【データ・アプリケーション】  

開催日 5月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

企業には様々な業務システムが存在し、そのデータの連携や加工のために、データ変換プログラムが個別に開発され複雑化し、属人性も高く、品質も均一でないためメンテナンス…

奉行ユーザ向け −Tsunagu for 奉行 ハンズオンセミナー− 【日本電通】  

開催日 3月16日(木),4月27日(木),5月25日(木),6月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

奉行の“汎用データ受入”を最大限活用しましょう!OBCの奉行i8/V ERP8 シリーズと他システムへのデータ連携をノンプログラミングでダイレクトに、しかも低コ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/ 【第3回】データ連携ツールの特徴」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/ 【第3回】データ連携ツールの特徴」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008741


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ