【第2回】データ連携の一般的な方法とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/03/07

「失敗しないEAI選び」の基礎

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

【第2回】データ連携の一般的な方法とは

改めまして、超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」で知られるマジックソフトウェア・ジャパンのマーケティング支援をしている吉政と申します。

第2回はEAIについて、「データ連携の一般的な方法とは」というタイトルでご紹介します。

さて、データ連携と一言に言っても色々な方法があります。一般的にどのような方法があり、それらの特徴、問題点などについてご説明いたします。


1

データ連携の一般的な方法

まず、従来型の独自データ連携のシステムは、それぞれのサーバー・システムに合わせてカスタマイズした独自の専用プログラムを用意する方法です。シンプルで拡張性を求めない場合、低コストで作成可能であり、専用であるためそれぞれのシステムに合わせて最適な方式を選択できるメリットがあります。

次に、ETLツールを使う方法があります。ETLツールとは、システムに蓄積されたデータを抽出し、利用しやすい形式に変換・加工したのち、データウェアハウス等の最終ターゲットに書き込むツールです。ETLツールは「ファイル転送ツール」とも呼ばれる通り、データ転送及び変換・加工に特化しているため、大量データ転送や各種フォーマット変換に強みを発揮します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

EAI/【第2回】データ連携の一般的な方法とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 システム間データ連携ソリューション 「DataSpider Servista」 【アプレッソ】
EAI EAI EAI
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 企業内に散在するデータを活用し、素早く簡単に目的とする処理サービスを作るソフトウェア
●プログラミング不要
●開発支援機能、多彩な連携機能、豊富な運用支援機能装備

EAI」関連の特集


さて、最近では、EAIやWebアプリケーション、SOA、クラウドなどの技術の進歩を受けて、それらの課…



登場から約3年が経過した「SOA」。今回は、ユーザ企業で「SOA」の普及が進まない理由をアンケートを…



データウェアハウスの構築にとどまらず、データの統合・連結など幅広く活躍中の「ETLツール」を基本から…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/ 【第2回】データ連携の一般的な方法とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/ 【第2回】データ連携の一般的な方法とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008740


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ