【第1回】別々のシステムをデータ連携するには

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/03/03

「失敗しないEAI選び」の基礎

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

【第1回】別々のシステムをデータ連携するには

こんにちは、超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」で知られるマジックソフトウェア・ジャパンのマーケティング支援をしている吉政と申します。

今回から数回にわたり、EAIについて簡単に解説していきます。

さて、現在、EAI (Enterprise Application Integration) やWebサービスなど、技術の進歩により、システム間のデータ連携への取り組みがあちこちで進められています。システム間のデータ連携については、古くからIT業界では大きな課題として存在していました。

汎用系のホストシステム(メインフレーム)主流の時代から、WindowsやLinuxサーバなどのオープン系の時代に移り変わるとともに、ホストからサーバーへのデータ連携が必要とされました。その後も独自のシステムを保有する企業にとって、新しいプロダクトの登場に合わせて、旧来のシステムと新システムの間でのデータ連携は常に頭を悩ませる問題として立ちはだかってきたといっても過言ではありません。今回はそんなデータ連携とはどういったものか、なぜシステム間のデータ連携が必要とされているのか、データ連携が抱える問題などについて、ご紹介していきましょう。


1

データ連携とは

データ連携を大まかに説明すると、複数のシステムやサーバの間で利用するデータをどのように共有し、それぞれのシステム、サーバに受け渡し、処理して利用できるようにするか、そのための手法や仕組みのことを指します。この際、データの扱い方や保存形式も違う複数のシステム間でデータをどう共有し取り扱うかが大きなポイントとなります。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

EAI/【第1回】別々のシステムをデータ連携するには」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】
EAI EAI EAI
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール 企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。

EAI」関連の特集


アプリケーションやデータのポータビリティ性能が飛躍的に向上する中、マルチクラウド環境でのシステム構築…



「SOA」で成功する企業と失敗する企業の差は何なのか?今回は、SOAの現状を確認した上で、成功するた…



制度改定、グループ展開、海外進出…変動期にある日本で必要とされるERP、その選定法を紹介します!製品…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/ 【第1回】別々のシステムをデータ連携するには」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/ 【第1回】別々のシステムをデータ連携するには」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008738


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ