新時代のデジタルワークプレイスを創る情報共有のあり方は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

新時代のデジタルワークプレイスを創る情報共有のあり方は?

2016/04/06


 企業コミュニケーション戦略として今注目されている「デジタルワークプレイス」。チャットやSNSを始めとするコンシューマ系/ソーシャル系のテクノロジーを筆頭に、職場を新時代のデジタル技術で変えていくことを目指しているものだ。なかでも、職場内、あるいは顧客、パートナーとの間の関係性を、より信頼感ある親密なものに進化させていく「エンゲージメント」が、ビジネスの生産性・効率性をも上げていくことにつながるが、歴史ある企業文化が根をはる日本ではこれに抵抗感を覚える人も少なくない。今回は、特に企業向けチャットツールに注目して、デジタルワークプレイスの考え方と、その有効性を解説する。

情報共有

※「情報共有/新時代のデジタルワークプレイスを創る情報共有のあり方は?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報共有/新時代のデジタルワークプレイスを創る情報共有のあり方は?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

志賀 嘉津士

リサーチ部門 ソーシャル・ソフトウェア&コラボレーション バイス プレジデント 志賀 嘉津士(Katsushi Shiga)

ガートナー ジャパン株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #049

情報システム/PC関連編集者、記者職を経て現職。データクエスト ジャパン (現ガートナー ジャパン) 入社後はPC産業/市場関連動向や個人、企業内個人のIT需要調査分析を担当。現在は企業向けアプリケーション・ソフトウェア分野で、電子メール、グループウェア、SNSなどのコラボレーション領域や、インターネット活用による新たなワークスタイルの変革など、情報活用領域全般をウォッチしている。著書に「ユビキタスコンピューティング入門」 (2004年、NHK出版) がある。



1

会社より自宅のほうが効率的?コンシューマライゼーションの現在

 会社にいるより自宅のほうが効率よくITを利用できると感じる人は多いだろう。ITへの投資額は個人と会社では比べようもない差があるにも関わらず、効率性に不満を抱いてしまうのは、セキュリティやガバナンスにがんじがらめになったエンタープライズ系ITの、いわば重々しさにある。もちろん安定・安全を旨とする企業ITでは、利便性を犠牲にしても情報漏洩防止や事業継続のための利用制限を加えるのが当然なのだが、その手堅さは時として情報流通に壁を作ることがある。

1-1

社内でサイロ化する情報を開放する「フロー系メディア」

 その壁は企業の内と外との間にできるだけではない。部門と部門、部署と部署、プロジェクトチーム間、職階間など至るところに存在し、共有すべき情報がサイロ化され、活用されないまま廃れてしまうこともしばしばだ。それには情報共有のためのツールのほとんどが「ストック型」であることが関連している。

 例えばグループウェアや文書管理システム、ファイルサーバーなどはストック型ツールの代表例だ。そこに情報を集中させることはたやすいが、情報をストックした人が積極的に活用を呼びかけない限り、そこから情報を発信させることは難しい。検索するという手段はもちろんあるのだが、実際にはメールを利用して必要な情報に関連する部署のキーマンに直接尋ねるか、情報のありかを教えてもらう方が、目的に最適な情報を得るにはよほど早い。そんな経験は多くの人がしているのではないだろうか。

 だが、企業内チャットを利用している場合ならどうだろう。スマートフォンを利用したチャットなら、相手が社内でPCを前にしているか否かは関係がない。たとえ相手が海外にいたとしても、要件を簡潔に送信するだけで、即座に返信してもらえる可能性が高い。チャットの文化が浸透している会社なら、という前提付きではあるが、効率性はだいぶ違う。もちろんチャットが使えるのは企業内に限ったことではない。社内には存在しない情報も、外部の相手に呼びかければレスポンスが期待できる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

情報共有/新時代のデジタルワークプレイスを創る情報共有のあり方は?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有」関連の製品

オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】 システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】
EIP 開発ツール 文書管理
ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。

情報共有」関連の特集


「21日でメールが消えていく!?」古くから利用していたグループウェアのメール機能を使っていたがために…



 アイデアは突然ひらめくことがありますが、記録しなかったために思い出せず困った…なんてことがありませ…



大陸間データ伝送で約150Gbpsの速度を実現し世界最高記録を樹立!その立役者となった新ファイル転送…


情報共有」関連のセミナー

JBMIA文書管理システムセミナー2017 【ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)】 注目 

開催日 11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

 日本政府は、働き方改革の実現に向け9つのテーマを掲げて対応策を打ち出しており、労働生産性向上やテレワークなど「柔軟な働きやすい環境整備」が注目を浴びています。…

Office 365ハンズオンセミナー【Office 365の基礎】 【カコムス】  

開催日 11月10日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice365/Microsoft Azure/SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、10月〜11月にカコムス大阪…

【大阪】受発注業務効率化セミナー 【ネクスウェイ】  

開催日 11月17日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨今、電子データ交換(EDI)をはじめ、インターネットによる受発注業務の効率化が進む一方、製造業、流通小売業、卸売業などでは、依然としてFAXが業務の重要な役割…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報共有/ 新時代のデジタルワークプレイスを創る情報共有のあり方は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有/ 新時代のデジタルワークプレイスを創る情報共有のあり方は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008717


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ