「国内外付型ローエンドストレージ」シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内外付型ローエンドストレージシステム

2016/04/12


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内外付型ローエンドエンタープライズストのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、システム価格500万円未満の国内外付型ローエンドエンタープライズストレージシステムの、2015年上半期(1〜6月)のベンダ出荷金額は、325億5500万円であった。
 ローエンド市場を更に価格帯によって分類すると、200万円未満の市場は35.7%、200万〜500万円未満の市場は64.3%を占め、200万円未満の市場は2半期連続でマイナス成長、200万〜500万円未満は6半期連続のプラス成長となった。
 200万円未満の市場は大手ベンダのx86サーバー事業の売却など市場構造の変動などが影響してマイナス成長となった。200万〜500万円未満の市場では、サーバー仮想化環境での需要が拡大しているほか、マルチプロトコル対応やストレージ仮想化機能を搭載しFC-SAN、スケールアウトやバックアップ特化型のNASなど特徴的な機能を持った製品が需要を伸ばした。
 ベンダ別の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、1位のベンダが25.8%、2位は15.8%、3位は11.7%、4位は7.5%、5位は6.6%であった。
 ローエンド市場はチャネルパートナーによる間接販売の構成比が66.9%と高く、ストレージベンダがローエンド市場で成長を達成するためには、製品の拡充と機能強化にとどまらず、チャネルパートナーとの協業を含めた販売戦略の強化や見直しが重要になると分析されている。

国内外付型ローエンドエンタープライズストレージシステムシェア

国内外付型ローエンドエンタープライズストレージシステムシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ストレージシステム/「国内外付型ローエンドストレージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージシステム」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージシステム」関連の製品

「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? 【日本ヒューレット・パッカード】 クラウドストレージ構築ソフトウェア CLOUDIAN HyperStore 【科学情報システムズ】 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
SAN ストレージ仮想化 その他ストレージ関連
「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? 大手クラウドサービスが自社開発するクラウドの技術をパッケージソフトウェアとして製品化。容量制限のないクラウド型のストレージシステムを自社内に構築・運用できる。 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減

ストレージシステム」関連の特集


NASとSANの違いは?導入メリットは?RAIDって何?…今回は、特に成長著しい「ミッドレンジNAS…



ストレージシステムの柔軟性や拡張性を求めるキャリア/プロバイダに根強く支持される同市場で、シェアを伸…



急成長を続けるハイパーコンバージドシステム、市場から求められる理由とともに主要ベンダの動向について徹…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージシステム/ 「国内外付型ローエンドストレージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージシステム/ 「国内外付型ローエンドストレージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008701


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ