「西暦20xx年、運転免許証が不要になる」説は本当か

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/06/10
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #076

『2025年には自動運転車であれば“運転免許”が不要になる』って本当?

巷の諸説は

 自動停止機能やオートパイロット機能の搭載が進むなど、最近話題の多い「自動運転車」。ブレーキやハンドルを操作しなくても、安全に目的地まで連れて行ってくれる!
 だから「運転免許」も不要になって当たり前!? この噂、ウソ? 本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当!
タクシーやバスを利用するのに運転免許はいらないでしょ。
(50代・男性)

最近、(人間の操作ミスによる)事故のニュースも多いし、もっと早く実現してほしい。高齢化も進んでいるので絶対に必要。
(50代・男性)

希望を込めて! 事故のない社会を切望します。
(50代・男性)

要するに無人タクシーと同じ。「無免許だと乗客としても乗れません」はオカシイでしょ。それに、いまでも緊急の場合は無免許運転は罰せられません。
(50代・男性)
ウソ!
全ての車両が自動運転車になれば話は別かもしれないが、非自動運転車がある限りは、万一の際の責任所在を示すものとして必要だと思う。でも、ゆりかもめに乗るのに免許がいらないので、責任は所有者orメーカー?
(50代・男性)

山道など全て対応できるか? って、10年じゃ無理でしょ。まだ機能がない車もいっぱい走行する中で、とっさの操作も必要なはずだし。でも、一定の専用区間はOKということになっているのかも。
(60代・男性)

全てが自動運転になることは、公道ではあり得ないと思います。崖から大きな岩が落ちてきても、100%安全によけてくれる? 地震のときはどうなるの? よほどの技術革新がない限り、運転免許は必要でしょう。
(50代・男性)

複雑な駐車場から出て行く車たちが、譲り合って詰まっている状況を想像してしまった。でも、自動運転だったらタクシーでいい気もする。
(40代・男性)

さすがに10年では、そこまでの普及は厳しい気もしますね。ルール周知とか手動運転の可能性も考えると。
(30代・女性)
2025年じゃないのでは……
事故が起きた場合の責任の所在が何処になるのか? その法令化には10年以上かかりそう。
(50代・男性)

いずれは免許不要になるかも。だけど2025年はないだろう。
(50代・男性)

あと10年では早過ぎるのでは? 法改正まで20〜50年くらいは掛かりそうな気がします。
(50代・男性)
免許は必要なのでは……
車の自動運転機能が故障した場合は、自力で運転できるようになってなければいけないと思う。
(20代・男性)

人間が操作系にいっさいアクセスできないようにした、文字通りの『自動』車ができたら現実になるでしょうが、それはいまの自動車とは別モノですね。
(40代・男性)

AT限定みたいに、自動運転(AP=オートパイロットかAD=オートドライブ?)限定免許が出てきそう。少なくとも、緊急停止ボタンの操作は教えるでしょうし、自動車学校で教える中の、運転技術以外の救助法や踏切停止時の対応など、運転操作がなくなっても必要な知識はまだたくさんあるので。
(40代・男性)

免許なしでいいなら、例えば「3歳児が一人で自動車を動かしてもいいのか」といった新しい問題がどんどん出てきそうだから、やっぱり免許は要るんじゃないですかね?
(50代・男性)

いくら自動運転でも、ある程度の操作方法や、交通ルールの周知徹底は必要かと。全員無免許というのは怖過ぎる……。
(30代・女性)

自動運転を制御するシステム(アプリ)へのセキュリティ対策など、必要な知識があると思います。
(30代・男性)

自動車は運転技術だけでなく、構造知識や点検方法も必要。また、故障など、いざというときには人間が運転しなくては……。
(50代・男性)
日本じゃないのでは……
免許が不要になったら、幼稚園児でも動かせることになる? いや、そんなはずはないので、少なくとも日本では、ない!
(30代・男性)

不測の事態に陥ったときの対応ができないと危ないので、免許は必要だと思います。
(40代・男性)

日本から教習所ビジネスがなくなったら困ると思う。
(20代・女性)

日本の政治にそんな柔軟性はなかなかないと思われる……。
(30代・女性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】 無停電電源装置「Eaton UPS 9PXシリーズ」 【ダイトロン】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】
ワークフロー UPS 販売管理システム
企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス Eaton独自の技術でバッテリー期待寿命5年の長寿命UPS。無償の管理ソフトウェアにより仮想環境にも対応。150カ国以上で販売され、小型UPSでは世界トップクラスのシェア。 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。

新着特集


GDPRの対応には関わる部門が多い。まずは各部門で対応すべき項目を整理し、優先順位をつけて対応するこ…



定点観測で見えてきたのは、ニーズが高まる現場に対して意識改革が進まない経営層の姿。アンケートから日本…



パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることなが…


新着セミナー

マルチベンダー・インフラの戦略的な運用管理保守術とは 【日本アイ・ビー・エム】  

開催日 5月17日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、企業が複雑なIT環境の課題を解決し、ITシステムの安心・安全な運用保守を維持するための具体的な解決策について、事例を多数交えながらご紹介します。…

Microsoft Project無料セミナー 【主催:ウッドロー・ビジネス・コンサルティング】  

開催日 5月14日(月),6月15日(金),7月12日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

このセミナーでは、Microsoftのクラウドサービス『Project Online』の基本概要のご紹介と、Project OnlineとOffice365上の…

【無料】ディープラーニング E試験・G検定 説明会 【アーク】 締切間近 

開催日 4月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

一般社団法人日本ディープラーニング協会が主催する「G検定(ジェネラリスト)」「E資格(エンジニア)」の概要について説明会を開催します。業界注目のAI資格!第1回…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 「西暦20xx年、運転免許証が不要になる」説は本当か」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 「西暦20xx年、運転免許証が不要になる」説は本当か」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30008684



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ