「新製品・iPhone SEは余り部品の寄せ集め」説は本当か

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/05/20
ウソ?ホント?……みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #073

『iPhone SEは、売れ残ったiPhoneパーツを組み合わせたリサイクル製品』って本当?

巷の諸説は

 発売されたばかりの「iPhone SE」。
 しかしこのiPhone SE、実はその内部パーツが売れ残ったiPhoneのパーツを組み合わせて作っているという! ……ということはリサイクル製品?
 これって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当!
低価格競争対応製品という位置付けなら妥当だと思います。
(50代・男性)

iPhone 5sのパーツとiPhone 6sのパーツを使ってると聞きました。別にリサイクル製品でも構わない私はもちろん予約しましたよ。
(20代・男性)

新製品といっても、部品レベルで全て換えるわけではないので、リサイクルともいえるかも!!
(50代・男性)

売れ残ったというより、「金型や生産ラインを含めて共通のパーツを使用している」っていうことになると思います。
(50代・男性)

部品の流用でコストを下げるのはよくあることで、そういう意味では本当なのではないでしょうか。
(50代・男性)
ウソ! そんなことあるわけない!
企業倫理上、部品の使いまわしをすることはない。そう信じたい。
(60代・男性)

本当ならばそれをウリにしたキャッチフレーズで畳み掛けてくるはず。
(50代・男性)

共通部品がたくさん使われているのは事実でしょう。
(50代・男性)

同じ型番のパーツの使用はアリだと思うが、売れ残りというわけにはいくまい。
(40代・男性)

中身はちゃんと新規設計ですよね?
(40代・男性)
そんなことをするなんて信じたくない!
リサイクルしていても高額だなんて納得がいかないし、明示的に「リサイクルしています」と表示していない理由に不信感を感じる。
(40代・女性)

要は新古品ってことでしょ? もし本当なら料金を安くするべきでしょう!
(40代・男性)
売れ残ったわけではないんじゃ……
内部のチップ類がほぼ一緒、というのは確からしいです。基板そのものを共通化するのは生産/保守コストを下げるのに有用でしょうが、旧モデル分解するにもコストは掛かるので微妙ですよね。
(40代・男性)

わざわざ売れ残ったiPhoneから部品を取り出す手間を掛けるとは思えない。
(50代・男性)

普通の技術者なら大量に部品が余っていればその部品に合わせて設計しますよ。リサイクルというより余剰在庫部品処理でしょう。
(50代・男性)

素材の共通化を行っただけでしょ。メーカーではよくあること。先端技術を持つAppleがやると違和感を感じます。
(50代・男性)

たまたま同じ機能を担うパーツはそのまま使っているとか……? というよりも機能が進化した部品以外の「残り部品」はそのままでも新製品となるのでは……。
(40代・男性)
別に腐るもんじゃあるまいし……。
部品の再利用によって産業廃棄物が減れば一石二鳥。
(30代・男性)

最近はリファービッシュ(Refurbished:修理再生)PCも珍しくなくなってきたし、機械部品ならリビルド品もよくある話なので、品質管理さえしっかりしていれば問題ないのでは。
(30代・男性)

そんなこと言い出したら世の中の大量生産品ってほとんどリサイクル製品になってしまうと思いますよ。
(30代・男性)

iPhoneも機種が増えれば共通化された部品だってあることでしょう。だったらその共通化された部品を使えば下位機関の短縮や新たに部品を開発するコストが下がり結果的に安く販売できる。
(50代・男性)

「いろいろ組み合わせていたら、いいのが出来ちゃった!」っていうノリじゃないの?
(40代・女性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える 【リスモン・ビジネス・ポータル】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】
グループウェア 統合ログ管理 ビッグデータ
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説

新着特集


無線LANで利用される通信規格「WPA2」で、「暗号化通信が破られる脆弱性が見つかった」というニュー…



2017年第3四半期の法人PC市場は6期連続で拡大。業界再編で勢力図はどう変わる?



「ドローンが社内をブーンと飛び回りだしたら、あなたは業務に集中できますか? それとも帰りたくなります…


新着セミナー

これからのエンドポイントセキュリティ選定支援セミナー 【マクニカネットワークス/シマンテック】  

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃対策として、近年注目を集めるエンドポイントセキュリティ対策ですが、各社から様々なタイプの製品が提供されており、製品の選定が非常に難しくなってきていま…

これからのエンドポイントセキュリティ選定支援セミナー 【マクニカネットワークス/シマンテック】  

開催日 3月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃対策として、近年注目を集めるエンドポイントセキュリティ対策ですが、各社から様々なタイプの製品が提供されており、製品の選定が非常に難しくなってきていま…

迅速かつ失敗しないシステム復旧、その鍵は「自動化」 【エス・アンド・アイ/日本アイ・ビー・エム】  

開催日 1月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

利便性の向上とともに多様化するさまざまなサービスを支えるITシステムは今、その複雑さをどんどん増しています。「昼夜を問わず発生しうるシステム障害にいかに迅速に対…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 「新製品・iPhone SEは余り部品の寄せ集め」説は本当か」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 「新製品・iPhone SEは余り部品の寄せ集め」説は本当か」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30008681



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ