「新製品・iPhone SEは余り部品の寄せ集め」説は本当か

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/05/20
ウソ?ホント?……みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #073

『iPhone SEは、売れ残ったiPhoneパーツを組み合わせたリサイクル製品』って本当?

巷の諸説は

 発売されたばかりの「iPhone SE」。
 しかしこのiPhone SE、実はその内部パーツが売れ残ったiPhoneのパーツを組み合わせて作っているという! ……ということはリサイクル製品?
 これって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当!
低価格競争対応製品という位置付けなら妥当だと思います。
(50代・男性)

iPhone 5sのパーツとiPhone 6sのパーツを使ってると聞きました。別にリサイクル製品でも構わない私はもちろん予約しましたよ。
(20代・男性)

新製品といっても、部品レベルで全て換えるわけではないので、リサイクルともいえるかも!!
(50代・男性)

売れ残ったというより、「金型や生産ラインを含めて共通のパーツを使用している」っていうことになると思います。
(50代・男性)

部品の流用でコストを下げるのはよくあることで、そういう意味では本当なのではないでしょうか。
(50代・男性)
ウソ! そんなことあるわけない!
企業倫理上、部品の使いまわしをすることはない。そう信じたい。
(60代・男性)

本当ならばそれをウリにしたキャッチフレーズで畳み掛けてくるはず。
(50代・男性)

共通部品がたくさん使われているのは事実でしょう。
(50代・男性)

同じ型番のパーツの使用はアリだと思うが、売れ残りというわけにはいくまい。
(40代・男性)

中身はちゃんと新規設計ですよね?
(40代・男性)
そんなことをするなんて信じたくない!
リサイクルしていても高額だなんて納得がいかないし、明示的に「リサイクルしています」と表示していない理由に不信感を感じる。
(40代・女性)

要は新古品ってことでしょ? もし本当なら料金を安くするべきでしょう!
(40代・男性)
売れ残ったわけではないんじゃ……
内部のチップ類がほぼ一緒、というのは確からしいです。基板そのものを共通化するのは生産/保守コストを下げるのに有用でしょうが、旧モデル分解するにもコストは掛かるので微妙ですよね。
(40代・男性)

わざわざ売れ残ったiPhoneから部品を取り出す手間を掛けるとは思えない。
(50代・男性)

普通の技術者なら大量に部品が余っていればその部品に合わせて設計しますよ。リサイクルというより余剰在庫部品処理でしょう。
(50代・男性)

素材の共通化を行っただけでしょ。メーカーではよくあること。先端技術を持つAppleがやると違和感を感じます。
(50代・男性)

たまたま同じ機能を担うパーツはそのまま使っているとか……? というよりも機能が進化した部品以外の「残り部品」はそのままでも新製品となるのでは……。
(40代・男性)
別に腐るもんじゃあるまいし……。
部品の再利用によって産業廃棄物が減れば一石二鳥。
(30代・男性)

最近はリファービッシュ(Refurbished:修理再生)PCも珍しくなくなってきたし、機械部品ならリビルド品もよくある話なので、品質管理さえしっかりしていれば問題ないのでは。
(30代・男性)

そんなこと言い出したら世の中の大量生産品ってほとんどリサイクル製品になってしまうと思いますよ。
(30代・男性)

iPhoneも機種が増えれば共通化された部品だってあることでしょう。だったらその共通化された部品を使えば下位機関の短縮や新たに部品を開発するコストが下がり結果的に安く販売できる。
(50代・男性)

「いろいろ組み合わせていたら、いいのが出来ちゃった!」っていうノリじゃないの?
(40代・女性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】
タブレット 運用系業務アウトソーシング 勤怠管理システム
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。

新着特集


導入した社内SNSに本領を発揮してもらい、社内で有効利用させるためには、どのような工夫が必要なのでし…



2016年第3四半期(7月〜9月)は、前年同期比18.8%増のプラス成長となった。微減ながらもトップ…



GEが目指す「現場のデジタル化」は、現場が分からない経営者を撲滅する? 実現が望まれながら、机上の空…


新着セミナー

データから迅速なビジネス判断を実現「Domo」ハンズオンセミナー 【富士通】  

開催日 2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

・ビジネス管理プラットフォーム「Domo」は、社内外のすべてのデータを1か所に集約し、お客様にとって最適な形にパーソナライズしたダッシュボードやデータを共有しな…

デュプロセキュリティセミナー 【デュプロ販売】  

開催日 2月16日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

第1部(14:30〜15:20) 年末度に増加するセキュリティの事故。その対策には多層防御が必須です。「セキュリティ対策のベストプラン」 ■近年の標的型攻撃の動…

「初めてのBRMS」 ハンズオンセミナー(無償) 【SCSK】 締切間近 

開催日 1月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

プログラム 1.そもそもBRMSとは?2.JBoss BRMSとは?3.ハンズオン4.『Red Hat JBoss Middleware』製品のご紹介

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 「新製品・iPhone SEは余り部品の寄せ集め」説は本当か」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 「新製品・iPhone SEは余り部品の寄せ集め」説は本当か」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30008681



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ