メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・後編

2016/06/02


 キーマンズネットでは、2016年3月2日〜25日にかけて「メール誤送信防止システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:373、うちSIer:198名)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場が全体の33.5%、一般部門で主にユーザとして利用するだけでなく導入・検討も行う立場が13.4%、一般部門で主にユーザとして利用する立場が53.1%という構成比であった。
 前編では、メール誤送信防止システムの導入状況について、「情報漏洩の有無とその原因」「メールの誤送信の有無とその内容」「今後強化したほうが良いと感じる情報漏洩対策」「現在行っているメールの誤送信対策の手段」などをレポート。
 後編では、具体的な「メール誤送信システムの導入状況」「システム導入のきっかけや重視ポイント」「システム導入の満足度と課題」などを明らかにしていく。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「メール誤送信防止システム/メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール誤送信防止システム/メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


メール誤送信防止システムの導入状況

2016年・前編の調査結果はこちら
2014年の調査結果はこちら
2011年の調査結果はこちら


1

メール誤送信防止システム導入率、2年で10ポイント以上増加

 最初に「メール誤送信防止システムの導入状況」について尋ねた(図1)。「既に導入済みである(追加・リプレイスなし)」が34.0%、「既に導入済みである(追加・リプレイスあり)」が1.9%、「導入を検討している」が8.0%、「必要性を感じるが導入は検討しない」が42.1%、「必要性を感じない」が13.9%と続き、まとめると、全体では35.9%が導入済み、64.1%が未導入という結果となった。前回(2014年)の調査と比較すると、導入済みが25.5%から35.9%と10ポイント以上増加している。また、従業員規模別で見たところ、100名以下の中小企業が8.5%から14.4%、101名〜1000名以下の中堅企業が18.7%から29.8%、1001名以上の大企業が41.6%から53.2%と、従業員規模が大きくなるにつれて導入済みの伸び率が大きくなる傾向にあった。

図1 導入済みの『メール誤送信防止システム』のタイプ(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入済みの『メール誤送信防止システム』のタイプ(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メール誤送信防止システム/メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信防止システム」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信防止システム」関連の特集


たった一通のメール誤送信で、企業存続の危機にまで発展することもある昨今、メール誤送信防止システムのニ…



373名を対象にメール誤送信防止システムの導入状況を調査。前編では「情報漏洩状況」「メール誤送信状況…



重要な取引や打合せ、受発注などもメールを使って行われるようになってきた昨今。情報漏洩や社員の不正を暴…


「メールセキュリティ」関連の製品

標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【NTTテクノクロス】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは? 【クオリティア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは?

「メールセキュリティ」関連の特集


 昨今eコマース市場が安定した成長を続けており、安全に利用するための各種サービスの開発が続く中、Pa…



メール誤送信は情報漏洩事件の大きな割合を占めているものの、実際起こった時の法的リスクについて語られる…



現在、Web メールのアカウントを自分の主要なメールアドレスとして利用している人が多く見られます。使…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール誤送信防止システム/ メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール誤送信防止システム/ メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008670


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ