メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編

2016/05/26


 キーマンズネットでは、2016年3月2日〜25日にかけて「メール誤送信防止システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:373、うちSIer:198名)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場が全体の33.5%、一般部門で主にユーザとして利用するだけでなく導入・検討も行う立場が13.4%、一般部門で主にユーザとして利用する立場が53.1%という構成比であった。
 今回は、メール誤送信対策防止システムの導入状況について聞いた調査結果を前・後編の2回にわたってお届けする。前編で取り上げるのは、「情報漏洩状況」「情報漏洩対策」「メールの誤送信状況」などについてである。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があるが、事前にご了承いただきたい。

※「メール誤送信防止システム/メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール誤送信防止システム/メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

情報漏洩の経験企業は2割足らずだが、そのうち「メールの誤送信が原因」が7割近く

 最初に「情報漏洩が発生したことがあるかどうか」について聞いたところ、全体では「経験がない」が55.0%、「発生しかけたが実際には情報流出はなかった」が26.1%、「実際に情報漏洩が発生した」が18.9%であった。企業規模別では、「経験がない」については従業員数が少ない企業ほど高くなっており、「発生しかけたが実際には情報流出はなかった」と「実際に情報漏洩が発生した」については従業員数が多いほど高くなっている。

 合わせて、「発生しかけたが実際には情報流出はなかった」もしくは「実際に情報漏洩が発生した」という回答者を対象に、「情報漏洩の原因」を尋ねた(図1)。その結果、「メールの誤送信」が68.4%、「モバイルデバイス(ノートPCや携帯電話など)の紛失・盗難」が38.0%、「書類の紛失・盗難」が23.5%、「クライアントPCのウイルス感染」が23.0%、「従業員による不正行為」が15.5%、「情報システムへの不正アクセス」が9.1%と続いた。上位6項目のうち、上位3項目はすべて故意ではなく過失(不注意)に起因している。この点に、情報漏洩防止の難しさが表れている。

図1 情報漏洩の原因(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 情報漏洩の原因(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール誤送信防止システム/メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信防止システム」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信防止システム」関連の特集


たった一通のメール誤送信で、企業存続の危機にまで発展することもある昨今、メール誤送信防止システムのニ…



クライアント型、サーバ型、アプライアンス、クラウドサービスなど様々な形態が存在する「メール誤送信防止…



IT担当者342人に調査を実施。導入状況、導入きっかけ、重視ポイント、満足度、導入しない理由など…気…


「メールセキュリティ」関連の製品

ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【NTTテクノクロス】 CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。

「メールセキュリティ」関連の特集


IT担当者359人に調査を実施。「電子メールの利用状況」、「関連するトラブル」、「セキュリティ対策」…



現在、Web メールのアカウントを自分の主要なメールアドレスとして利用している人が多く見られます。使…



 前回は、メール誤送信の典型的な例と、なぜ発生するのかについて掘り下げた。今回は、既にメール誤送信対…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール誤送信防止システム/ メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール誤送信防止システム/ メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008669


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ