営業部門が抱える課題とITの活用状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

営業部門が抱える課題とITの活用状況(2016年)・後編

2016/04/28


 キーマンズネットでは、2016年2月10日〜23日にかけて「営業部門が抱える課題とITの活用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:459)。回答者の顔ぶれは、営業部門が全体の24.2%、情報システム部門が31.8%、スタッフ部門が18.1%、製造・関連部門が11.8%、その他の部門が14.2%という構成比であった。今回は、営業部門が抱える課題とITの活用状況について伺った調査結果を前・後編の2回にわたりお届けする。  

 前編では、「営業部門が営業力を強化する上で抱える課題」や「営業部門が今後実施する予定の項目」「営業部門独自のIT予算の有無」などの問いから、「マーケティング力」「提案力」「知識・情報共有」不足が課題の中心であり、営業部門では「デスクワークを効率化したい」という要望が他部門よりも強い傾向が見られた。  

 後編の本稿では、「営業部門の『ワークスタイル変革』への取り組み状況」「社内PCの外部持ち出し・自宅への持ち帰りの許可状況、及び運用規定」「社外からの社内システムへのアクセス許可状況」などを明らかにしていく。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。  

※「シンクライアント/営業部門が抱える課題とITの活用状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「シンクライアント/営業部門が抱える課題とITの活用状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

『ワークスタイル変革』への取り組み…営業部門の裁量による取り組みが中心?

 「営業部門の『ワークスタイル変革』への取り組み状況」を聞いたところ、全体では「取り組んでいる」が36.8%、「取り組んでいない」が35.3%、「分からない」が27.9%という結果になった(図1-1)。「分からない」を除けば、取り組みの有無は半々といったところである。部門別に見ると、当事者である営業部門では「取り組んでいる」が54.1%と高い半面、情報システム部門では「取り組んでいない」が41.1%で最も高くなっている。ワークスタイル変革に欠かせない役割を持つ情報システム部門において、営業部門での意図や要望が十分に認識されていない企業が多いことが推測される。また、規模別では、規模の大きい企業ほどワークスタイル変革への取り組みを実施している傾向にあることも分かる。  

 合わせて「営業部門がワークスタイル変革のために行っている取り組みの内容」を聞いてみたところ、全体では「社外から社内システムへアクセスできる環境整備」(65.9%)、「タブレットの導入」(54.3%)、「Web会議の導入」(50.6%)、「ノートPCの導入」(48.2%)、「スマートフォンの導入」(46.3%)の順に多く、この5項目が40%を超えている(図1-2)。一方で、「私用スマートフォン・タブレットの業務利用」(12.2%)、「私用PCの業務利用」(6.1%)はそれぞれ回答率が低く、BYODが浸透していない状況が明らかになった。

図1 『ワークスタイル変革』への取り組みの有無/変革のために行っている取り組み

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 『ワークスタイル変革』への取り組みの有無/変革のために行っている取り組み
「全社・事業部スタッフ部門」には、経営、企画、財務、会計、総務、人事部門などを含む

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

シンクライアント/営業部門が抱える課題とITの活用状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

シンクライアント」関連の製品

ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】
暗号化 シンクライアント VDI
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。

シンクライアント」関連の特集


Webや資料の閲覧だけでなく、プレゼンや対面営業、アンケートなど様々な業務に活用できる「メディアタブ…



 前週までに、スマートフォンを業務に利用する上で課題となる点について挙げた。本稿では、それらの課題に…



ビジネスシーンでこそ活かされる「スマートフォン」。企業導入時に欠かせない"セキュリティ"や"運用管理…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シンクライアント/ 営業部門が抱える課題とITの活用状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シンクライアント/ 営業部門が抱える課題とITの活用状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008667


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ