重要ファイルの消失や破損に…“最後の切り札”となるか?「データ復旧ソリューション」の実力

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

重要ファイルの消失や破損に…“最後の切り札”となるか?
「データ復旧ソリューション」の実力

2016/06/20

 昨今、ビジネスでのIT活用が急速に進行するにつれて、企業システムが管理するデータの容量も増え続けている。そんな中、重要な業務データを不測の事態による消失から守る取り組みは、事業継続やセキュリティの観点からあらゆる企業にとってより重要になってきている。
 そこで今回は、重要な業務データの消失リスクに備えるための「データ復元ソフトウェア製品」と「データ復元サービス」について、その基礎知識を紹介しよう。

データ復旧

※「データ復旧/重要ファイルの消失や破損に…“最後の切り札”となるか?「データ復旧ソリューション」の実力」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データ復旧/重要ファイルの消失や破損に…“最後の切り札”となるか?「データ復旧ソリューション」の実力」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1データ復旧ソリューションとは一体何か?

●合わせてこちらの記事もお読み下さい!

データ復元サービス業者を選ぶ時に注意したい“4つ”のこと

重要データの消失、破損に“最後の切り札”となるべきデータ復元サービス業者。ただし、こんな業者には要注意!二度とデータは戻ってこないかもしれません。業者選びで見逃せない“4つの注意点”を紹介します。

1-1クライアントPC内にしかない重要データを失うリスク

 データ消失に備えるために真っ先に取るべき施策は、言うまでもなくデータの「バックアップ」だ。常日頃からバックアップを定期的に取り、いざというときにきちんとリカバリ/復旧できる体制を構築・運用することが重要だ。ただし、たとえデータベースやファイルサーバなどに置かれたデータのバックアップは取っていても、クライアントPC上のデータのバックアップを取っている企業はかなり“少数派”なのではないだろうか。

 サーバーやストレージ機器に比べクライアントPCの故障率は高く、エンドユーザの手によって手荒く扱われることもあるため、誤操作やハードウェア故障によるデータ破損・消失のリスクが比較的高い。従って重要なファイルは、決してクライアントPCの内蔵ディスクだけに置くのではなく、必ずファイルサーバ上に保管するよう定めている企業が多い。

 しかし、実際にこうしたルールの運用を100%徹底できている企業が、果たしてどれだけあるだろうか?エンドユーザのITリテラシー頼りの運用では、どうしても抜け・漏れが発生しがちだ。ましてや、ファイルサーバがそもそも社内に存在しないような中小企業などの場合、バックアップの必要性そのものをエンドユーザが認識していないことも十分にあり得る。  

 つまり未だに多くの企業が、クライアントPCの内蔵ディスク内にしか存在しない業務データを不測の事態によって消失するリスクに常にさらされている可能性があるのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

データ復旧/重要ファイルの消失や破損に…“最後の切り札”となるか?「データ復旧ソリューション」の実力」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ復旧」関連情報をランダムに表示しています。

データ復旧」関連の特集


 連載最終回の本稿ではデータ保護に関する包括的ソリューションの本当の意義について述べたいと思います。…



2004年のウイルス届出件数は、2003 年の2倍以上。これに伴い、セキュリティパッチの適用業務など…



増加する企業データに対応し、効率化を実現するバックアップツール。その導入状況から各種機能、注目の技術…


「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 ハイパーコンバージド=バックアップ不要…は正しい?! アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップツール」関連の特集


データ保護の重要性が再認識されたことで見直しが進められている「バックアップツール」。今回はバックアッ…



システム障害や人為的ミスによるデータ消失に備えるためのバックアップは、既に大部分の企業が実施している…



BCPを絵に描いた餅にしないための方策とは?今回は、震災後BCPを見直した5社にお集まりいただき、使…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データ復旧/ 重要ファイルの消失や破損に…“最後の切り札”となるか?「データ復旧ソリューション」の実力」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データ復旧/ 重要ファイルの消失や破損に…“最後の切り札”となるか?「データ復旧ソリューション」の実力」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008662


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ