インメモリ?クラウド?データベースの新技術、ライセンス問題を整理する

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

インメモリ?クラウド?
データベースの新技術、ライセンス問題を整理する

2016/06/15

 前編では、最新の主要データベースソフトウェアが実装する注目機能や、評価しておきたいハードウェア構成の情報を整理してきた。後編では、データベースソフトウェアごとの特性やライセンス、クラウド対応の思想などを整理していく。

データベース、インメモリ

※「データベース、インメモリ/インメモリ?クラウド?データベースの新技術、ライセンス問題を整理する」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データベース、インメモリ/インメモリ?クラウド?データベースの新技術、ライセンス問題を整理する」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

 データベース高速化のカギはいまも昔も「I/O」にある。あらゆるデータの出入り口のI/O速度をそろえていくのがパフォーマンスチューニングのポイントといえる。前編で言及したように、この数年は、ディスクストレージをより高速なフラッシュストレージに置き換えていく選択が有効視されている。またトランザクション処理の応答性能を高める場合は、キャッシュに高速ストレージを採用する手法も、現実的な価格帯で選択できるようになってきている。  

 しかし、さらなる高速化を求める場合、データベースエンジンが持つ高速化の仕組みをフルに活用する必要がある。特にOracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、SAP HANAなどは「インメモリデータベース」として活用する方法があり、これによる高速化が期待できる。これらのデータベースエンジンは「インメモリ領域を活用する」ことは一致しているものの、実装の方向性から得意な分野がそれぞれ異なる。では、それぞれの特長を見てみよう。


1データベースの必須機能になったインメモリ機能と各社アプローチの違い

 2016年は主要な商用データベースソフトウェアの新バージョンが出そろう時期でもある。どの製品も直近のITインフラに求められる機能を盛り込んでいるが、中でも各製品が注力しているのが「インメモリ」機能だ。文字通りデータベースを高速なメモリの上に置くことでさらに処理速度を高めていこうというものだ。

 メモリからストレージへの書き込みといった「書き込み完了」を待つ時間をデータベースの応答性能と分離できるようになる。

■Oracle Database 12c――既存環境を生かしつつ、高速化が必要なものをインメモリで処理

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

◆関連記事を探す

データベース、インメモリ/インメモリ?クラウド?データベースの新技術、ライセンス問題を整理する」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベース、インメモリ」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 “脱Excel”でDB管理を効率化、「MRJ」開発を支える三菱航空機の情報共有基盤(UnitBase) 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト
やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに “脱Excel”でDB管理を効率化、「MRJ」開発を支える三菱航空機の情報共有基盤

「データベースソフト」関連の特集


「サイボウズ デヂエ 8」導入によってお金に関する情報を全社で共有した京葉工管。未回収売掛金の案件が…



いまあるデータベースを速くするには? 最新データベース技術の「うまみ」を最大化するには? 最新の技術…



電子基板の設計・開発やソフトウェア開発などを手掛ける日本サーキットでは、「サイボウズ デヂエ 8」の…


「データベースソフト」関連のセミナー

商用DBの値上げに、パッケージベンダーはどう対応したのか? 【SRA OSS/協力:マジセミ/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【商用 DB の値上げ】企業情報システムの中核を担う「データベース」。その管理を行う DBMS について、近年製品体系の変更に伴い低価格なエントリーモデルが廃止…

データベースシステムに迫る脅威へ未来志向の解決策 【富士通】  

開催日 6月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「企業や組織の根幹を担うデータベースシステムの安定稼働は、常に脅威にさらされています。」 そう言われた時にどのような脅威を思い浮かべますか? 一つはサイバー攻撃…

ExcelやAccessを本格DBにUPするdbSheetClientプレゼンセミナー 【ニューコム】  

開催日 7月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データベース、インメモリ/ インメモリ?クラウド?データベースの新技術、ライセンス問題を整理する」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データベース、インメモリ/ インメモリ?クラウド?データベースの新技術、ライセンス問題を整理する」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30008661


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ