専用ツールだから簡単にできる!「マニュアル作成ツール」のいろは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

専用ツールだから簡単にできる!
「マニュアル作成ツール」のいろは

2016/05/30

 業務マニュアルや作業手順書は、ビジネスを着実に進める上で必須の資料だ。しかし同時に、その作成やメンテナンスは「本業ではない業務」として後回しにされがちでもあった。この矛盾を解消するためのツールが存在感を増している。本稿ではマニュアル作成業務の課題を解決するツールの基本機能を解説する。

マニュアル作成ツール

※「マニュアル作成ツール/専用ツールだから簡単にできる!「マニュアル作成ツール」のいろは」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「マニュアル作成ツール/専用ツールだから簡単にできる!「マニュアル作成ツール」のいろは」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1多くの企業がハマる「業務マニュアル、4つの落とし穴」

 ほとんどの職場で、何らかの形で存在しているであろう「業務マニュアル」。しかし、一昔前の日本企業の多くでは、今日ほど業務マニュアルが必要とされていなかった。むしろ、業務マニュアルがなくとも問題にならなかったと言った方が正確だろう。終身雇用が当たり前の時代、若手従業員は先輩社員の働きぶりを間近にしながら業務を覚えていくものだと考えられていたからだ。  

 しかし、人材の流動化が進み市場競争が激化する中で、自社製品やサービスの品質を高め、企業としての競争力を維持するためには、若手従業員を一刻も早く戦力として育て上げることが求められるようになってきた。そのためには先輩社員から少しずつノウハウを盗んでいくようなやり方では間に合わない。より迅速かつシステマチックに業務手順やノウハウを伝えるための手段として、業務マニュアルの整備と活用にスポットライトが当たるようになったのだ。  

 しかし、いざ業務マニュアルの整備に乗り出したものの、多くの企業が作成や運用でつまずき、思うような効果を上げられずにいる。ここでは多くの企業がハマる「業務マニュアルの落とし穴」を幾つか挙げてみよう。

1-1マニュアル作成に時間がかかる

 例えば、業務アプリケーションの操作方法をマニュアルにまとめるとしよう。通常のやり方であれば、実際にアプリケーションを操作しながら画面ごとのスクリーンショットを保存し、後にそれをWord文書やPowerPointスライドの中に貼り付け、さらに説明文やコメントを書き添え、場合によっては装飾を施して……。こうした一連の作業には、言うまでもなくかなりの労力を要する。  

 大企業には、こうしたマニュアル作成作業を専門に扱う担当者が存在することもあるが、大抵の企業では現場の業務担当者が本業とは別に、マニュアル作成作業を兼務する。結果として、本来の担当業務の効率が悪化してしまったり、出来上がってきたマニュアルの品質が低かったりといった問題が発生する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マニュアル作成ツール/専用ツールだから簡単にできる!「マニュアル作成ツール」のいろは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マニュアル作成ツール」関連情報をランダムに表示しています。

マニュアル作成ツール」関連の特集


Win8タブレットとクラウド勤怠管理を使いワークスタイルの変革に挑んだ効果と課題を紹介。現場に使って…



急な人事異動があった場合、本人はもちろんだが、急に人員が減った部署でも引き継ぎがうまくいかずトラブル…



業務効率UPを図り、業務の一部を外部企業に委託するケースは少なくない。しかし外部委託先の教育に時間や…


「文書管理」関連の製品

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 「従業員の本業集中」と「顧客体験創出」が働き方改革成功の鍵、実現の要素は 【アドビ システムズ】
文書管理 文書管理 文書管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
「従業員の本業集中」と「顧客体験創出」が働き方改革成功の鍵、実現の要素は

「文書管理」関連の特集


 前回までの説明で、情報資産の重要度の識別と、重要な情報資産の所在の管理、特に不正競争防止法に基づく…



「文書管理」を行う上で大切な業務フローの整理方法から、費用対効果の算出方法まで、導入時に欠かせない情…



情報漏洩の原因として最も多いのが「紙」に印刷された情報の外部への流出。プロに聞く、紙の情報の適切な管…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マニュアル作成ツール/ 専用ツールだから簡単にできる!「マニュアル作成ツール」のいろは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マニュアル作成ツール/ 専用ツールだから簡単にできる!「マニュアル作成ツール」のいろは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008656


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ