SDSの使いどころはココだった…!ユースケースと選び方、6つのポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

SDSの使いどころはココだった…!
ユースケースと選び方、6つのポイント

2016/05/18

 ストレージベンダの戦略とは無関係に分散・大量のコモディティサーバを利用するソフトウェア製品が切り開いてきたSDSに、従来プロプライエタリな閉じた環境を前提としてきたストレージベンダが同様の目的を掲げてSDSに本格的に乗り出している。しかし異なる特徴を持つ製品がひとしなみに「SDS」を標榜しているため、製品の性格を見誤ると大きな失敗につながりかねない。今回は製品タイプの違いと、それぞれの特徴を紹介し、導入・運用に際しての注意ポイントを挙げていく。

SDS

※「SDS/SDSの使いどころはココだった…!ユースケースと選び方、6つのポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SDS/SDSの使いどころはココだった…!ユースケースと選び方、6つのポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1製品によって異なるSDS実現手法

 第1回記事でSDSのイメージと利点を述べた。今回はそれを受けて、実際のSDS構築をどのような視点で検討すべきかを考えてみる。まず、ベンダあるいは製品によって異なる部分を紹介しよう。

1-1既存ストレージを活用する場合の2つの方法

 従来からストレージベンダはブロックストレージやファイルストレージを専用アプライアンスとして提供してきた。その利点は高速アクセス、可用性、バックアップやレプリケーションなどのストレージ機能が充実していることである。その一方、装置自体にコントローラが一体化されており、概ね高価。性能向上や装置上限を超える容量追加に大きなコストと手間がかかっていた。

■(1)仮想化エンジンでマルチベンダのブロックストレージでSDS実現

 複数、マルチベンダの専用アプライアンスを一元的に管理可能にするには、ハードウェアベースではあるがストレージ仮想化エンジンそのもの、あるいはエンジンを搭載したストレージ専用アプライアンスを導入し、その配下に各社の専用アプライアンスなどを接続する方法がある。

 主にブロック/ファイルストレージが対象で、EMC VPLEX、IBM SVC、NetApp FlexArrayなどがこれにあたる。

 仮想化エンジンが配下のストレージのボリュームを認識し、管理するやり方で、制御情報もデータも必ず仮想化エンジンを経由する。この方法はストレージ仮想化技術としても知られる。これには、実際ハードウェアを使用するため、SDSとは呼ばないのではないかという意見もある。しかし運用管理の課題を解決するためのシンプルで信頼性の高い手法として有効だ。

■(2)各社ストレージのネイティブAPIを制御してSDS実現

 もう1つの既存ストレージ活用手法は、各社のブロック/ファイルストレージ装置のネイティブAPIやOpenStack Cinder(仮想マシンに永続的なブロックストレージを提供するソフトウェア)APIなどの標準APIを内部に備え、共通APIで運用管理可能にするソフトウェアを利用することだ。

 ストレージ側には何の変更もいらず、装置の機能は従来通り利用できる。制御情報はSDSソフトウェアが取り扱うが、アプリケーションが乗るサーバとストレージ間のデータは直接やり取りされる。

 ただし必ずしも全てのストレージ機種のAPIが網羅されているわけではないので注意が必要だ。製品で言えばEMC ViPRがこれに該当する。ちなみに(1)の方式がインバンド方式と呼ばれるのに対し、こちらはアウトオブバンド方式と呼ばれる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SDS/SDSの使いどころはココだった…!ユースケースと選び方、6つのポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDS」関連情報をランダムに表示しています。

SDS」関連の特集


「SDSって結局何に効くの?」数年前から騒がれ出した「SDx」。今回は「SDS」を徹底解剖!今後のデ…



 レノボ・ジャパンは、2015年12月に結んだNutanixとの協業を踏まえ、仮想化環境のTCO削減…



単一ベンダでしか構築できなかったストレージ仮想化をソフトウェア定義で実現するSDSが登場!SDNから…


SDS」関連のセミナー

加速するオープンソーステクノロジーの全貌とエコシステム 【主催:ノベル/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【オープンソースで構築するこれからのエンタープライズIT基盤】12月9日に虎ノ門ヒルズにて、SUSE Open Forum 2016 が開催されます。マジセミで…

「DRBD SDS for OpenStack」の検証結果 【主催:サードウェア/協賛:NECネクサソリューションズ/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 12月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【「DRBD SDS for OpenStack」の検証結果の報告/事例に見るSDS選択のポイントとは?】【本セミナーの特徴】・Cephより高速であるという結果…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SDS/ SDSの使いどころはココだった…!ユースケースと選び方、6つのポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SDS/ SDSの使いどころはココだった…!ユースケースと選び方、6つのポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30008653


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ